« 2013年10月 | トップページ | 2014年7月 »

2013年11月 5日 (火)

否定しないでっていったでしょ

男性と女性の思考について気付いたこと。

ワールドカフェで、男性主体と女性主体の会合に出たけど、全然違~う。

主に女性は潜在的な共感脳が機能して、他人の意見の中にどこか同調

できるところはないかと無意識で探してのコミュニケーションなので、

「そうそう、わかるわよぉ」と最終的には、安心感やすっきり感を持てる

のだけど、男性は違~う。

持前の闘争脳が作用するのか相手の意見の小さな穴を見つけて攻撃し、

転じて自分の主張を最優先する傾向があり。また結論を重視しすぎる

あまり、のっけから結論を主張し、結果終始持論の応酬となり、場は

戦場にな~る。

裁判のように白黒つけるのが目的ではなく、ワールドカフェは「相手の

意見を否定せず、自分の意見を否定されず、尊重されるという安全な

場で、相手の意見を聞き、つながりを意識しながら自分の意見を伝え

ることで生まれる場の一体感を味わう場」のだけどわかってな^い。

日頃の環境や脳の違いで、男女の考え方というのは本当に違うのだから

そりゃお父さんとお母さんの意見が食い違うのは仕方ないぞぉと思いつつ、

結論を主張してばかりの男性主体の日本社会においては、共感脳を持ち

つつ、結論ありきでロジカルに考えられる、オジサン脳も持つ女性、オンナ

のおっちゃんが一番役に立つのではないかと思った次第であ~る。

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

大志を抱け!

かのクラーク博士の名言“Boys, be ambitious!”には続きがあり

like this oldman”とのこと。つまり私{クラークさん}みた

いに大志を抱け、という意味であったと今週の歴史ヒストリアで

黒田あゆみさんがおキレイな着物を着て言っておられたが、いや

いや、アンビシャースとクラークさんが言った場所北広島市の旧

島松駅逓所では、“like this oldman”は寒地稲作の父、中山久

蔵死をクラークさんが指さして言ったのだという説明を受けた。

いやいやどっちが本当かは知らねども、中山さん元々河内出身だ

とか。クラークさんも中山さんも、遠いところからよくこの寒い

北海道に来て、めちゃめちゃ力を尽くしてくれて本当にありがと

うございます。

しかしクラークさんが一発「アンビシャース」と言っただけで、カント

リーサインにしておる北広島市、ヤルぜ。

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年7月 »