« コーディネートはこーでねぇと | トップページ | ホントは細い方が好き »

2013年3月12日 (火)

キミの瞳にカンパイ

世の中には2通りの男性が存在する

それは、嫁髪を切ってきて「わかる」タイプと「わからない」タイプ。

 

 

前者は往々にして、結婚記念日や誕生日など、重要なアニバーサリー

は完全に記憶しており、フレンチでお食事サプライズデザートなどを含む

気の利いたプレゼントやバラの花束などを微笑みとともにパートナーに

渡すとができる細胞を生まれながらにして持っている。

 

  

一方、後者は、残念ながら記念日の当日に飲み会を入れてしまい、それ

を繰り返すまいと新しく買った手帳に印をつけておいたにもかかわらず、

その印が何かわからなくなり、毎年同じ轍を踏み、また嫌~な汗をかく

というタイプで、嫁はいつしか間に合わせのプレゼントを手に「諦める」

ということを覚え、バラの花などを誕生日にもらうという人生を放棄せざ

るを得ないのであった。

 

 

夢見る青春時代は「ああ私のこと、こんなに思ってくれているのね♡」と

当然、前者のマメオ君がよい、と思う女性が大半であろうが

しかし考えて欲しい。

 

バラの花を贈ることができる旦那は、他の女性にも同様に気が利き、今後

別の女性にもバラの花を贈るチャンスを発揮できる奴なのである。

 

 

さて来週は私のお誕生日なのだが、今年もまたきっと、彼なりに頑張った

間に合わせのプレゼントを手にするのだろうなぁ。

 

   

世の不器用な男子に乾杯bar

 

   

|

« コーディネートはこーでねぇと | トップページ | ホントは細い方が好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コーディネートはこーでねぇと | トップページ | ホントは細い方が好き »