« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月 2日 (火)

オンナのオジサン

今年度から女性の起業相談で相談員として参加させていただい
ている札幌市男女共同参画センターで9月から「さっぽろ女性起
業ネットワーク支援事業」での検討委員としても関わることになった。
これは女性の起業について、また起業支援について検討を重ねて
議論と周知を図るという事業だそう。
 
当日集まってみて改めて「およっ」と驚いたんだけど、検討委員の
全員が女性。札幌市や経済産業局のお役人から大学教授、行政
支援窓口などの担当者の女性が集まったこと。
 
起業支援についてこういう「固い」会議というと、支援機関や学問で
関わっている「いつもの」機関の担当者が集まるのだけど、決まって
男性、言葉を選ばないならオッサンばかり。またお役所は担当者が
スグ変わるし、北海道の経済状況は一向に下むいるし、前向きな
議論が出にくいし、そうなると比例して前向きな支援策も出ない、
というのが繰り返されているのが私が起業支援に関わってからの
10年続いてるかな、というのが印象。
 
さて今回の女性の支援機関の皆さん、どんな意見を出されるのかと
期待満々だったのだけど、意外なことに、発言が固い。日頃オンナの
オジサンである自覚がある私だけど、皆さん発言がなんちゅうか普通
の男子より男子っぽい。もしかすると行政とか大きな組織にいる女性
というのは女性であるゆえに余計に戦う事が多くって、もしかしたら
民間以上にオジサン頭でいなければならない場面が多いのかも。
 
これはイイ事か悪い事か。せっかく女性であるのだから女性目線で
色々と戦って欲しいと思うが、でも個人的にはオンナのオジサン
社会で最もイケてる、と思う起業支援の民間人なのでした。
  

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »