« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月26日 (火)

新城選手がんばれ!

ロンドンオリンピック日本代表でもある新城選手が、2年
ぶりに世界最大の自転車ロードレース《ツール・ド・フラ
ンス》に出場決定!
 
フランスで開催されるレースで、フランスのチームであり
昨年はオールフランス人が選出されたヨーロッパカーに
あって、日本人が選ばれるというのは、新城選手の実力
があったから!でしょう。
 
新城選手はツールド北海道でも活躍した選手。そういえば
昨年ツールド北海道で優勝したNIPPOのチャベス選手は
今年のジロ・デ・イタリアでステージ優勝とポイント賞をしば
らく獲得していたことを考えれば、海外が長くレース経験が
豊富な新城選手だったら、日本人初のステージ優勝とかし
てくれるかもしれないぞぉ。
  
いよいよ6月30日スタート。夜更かしな日々が始まります。
 

| | コメント (0)

2012年6月25日 (月)

青春自転車

天気予報と風の具合を確認し、サワヤカな6月の北海道に
漕ぎ出す自転車乗りであるが今年は通年よりも寒いために
まだトレーニング不足気味。そこで平坦且つ長距離をこな
そうと、道央の大動脈国道12号線を北上して札ー岩見沢間
を走行することに。
 
するといるいる、晴天に誘われたバイク軍団たち。飛ばし屋
250çç軍団にモトクロス泥まみれ軍団、そして低音エンジン音
を響かせるハーレーおじいちゃん軍団。みんなカッチョイイ
んだけど、よく見かけるのはやっぱりバイク派。10年前なら北
海道を旅する若人自転車野郎がよくおったのに、と思って走
っていたら、いやいや昨日は青春自転車を3組も目的。
 
まずは「日本一周中」とサンドイッチマンよろしく首からメッセー
ジが書かれたダンボールをぶら下げ旭川を目指す2人組君、
お次は50才オーバーと見られるオジサン一人自転車に、自転
車旅の正統派グレートジャーニーに乗った青年。それに加えて
鍋やヤカンを括りつけ今からキャンプしますとわかりやすい仕
様な学生らしきグループも目撃。そんなみんなに共通してるこ
とは「真っ黒」。そして「青春中」。
 
そんな彼らと対向車線同志でで「こんにちは」と手を上げたり
会釈などの自転車挨拶を交わす時、その顔がスゴク黒かった
り笑顔が輝いてたりすると、なんだか青春を分けてもらってる
気分になってしまう。やっぱり北の大地には自転車が似合うよ
なぁと帰りのペダルが軽く感じる初夏の自転車乗りなのでした。
 

| | コメント (0)

2012年6月22日 (金)

街の相棒

「今日は自転車ですか?」とどこに行っても聞かれ、そんなに
自転車好きですと言いまくってるっけかと思う自転車乗りであ
るが、ひと目自転車を見たら大抵「え?これ?ですか?」と
引かれてしまう。そう、なにせ街中用の自転車は10年前に
量販店で買ったチェーンサビサビ、ギアは5段ついてるけど
固まって変更できず、カゴは朽ち果ててついておらず、泥棒と
かイタズラするならこれはやんないな、と思われる相当に年
季の入った小径車だからだ。
 
市内も颯爽とカッチョいい細いのに乗ってるだろうと思われる
のだけど、市内の狭い道路や駐輪場では小径車が有利だし
なにせイイ自転車なら盗難やイタズラが心配。また雨が降って
きてもこいつならサビを心配しなくていいし大雨で最悪明日取
りに来ることにして一泊置いておいても安心。
 
とは言え、クタクタになって仕事を終えた後に、この年季の入
った自転車が「待ってたです」と佇んでいるとつい愛おしい。今
年は市内用のもカッチョイイのを一つと毎年思うのだけど、ギコ
ギコ言うけどまだ乗れるし、何と言ってもスピードがでなくて安心。
ホントに断末魔を迎えるまでは市内移動時の相棒かなぁ。
 
ということで、もし仕事時間で私が細身のカッチョイイのに乗って
たら、それは市内移動距離が激しく時間的にもタイトな予定の日
ですので「気をつけてね」など、エールなどいただければ幸いです。
 
 

| | コメント (0)

2012年6月15日 (金)

札幌まつりだから休みます

何故か札幌の人がわっさわっさして落ち着かない。そう昨日
から《札幌まつり》が開催されているからだ。
 
この《札幌まつり》正しくは《北海道神宮祭》と言って、なんでも
1世紀以上の歴史がある祭りで、毎年曜日に関係なく6月14日
~16日に開催されており、メインの16日には神輿や山車が出て
札幌市のHPによると約1,600人もの市民が市内をねり歩くとの
こと。しかし一番市民が盛り上がるのは本丸の北海道神宮じゃ
なくって、すすきのの南側にある中島公園での露店。「お祭り
行く?」というのは神宮に参るのではなく、露天に行く?という
意味らしい。
 
やっと来た札幌の春、近所や親しい人が集まり、自分も浴衣
などでおめかしをして露天で何か買ってもらえる、というのは
さぞ子供にとって楽しい事だろう。この子供の頃の思い出が
オトナになっても「札幌まつり=楽しい」となり人をわっさわっさ
させるのだろうなぁ。
 
しかし関西系札幌人の私にとって札幌まつり、と言われても
今一つピンとこないし、露天と聞いてテンション上がる年でも
なく、札幌まつりを静観している一人であるが、もっと冷静に
考えると札幌まつりはかなり珍しい。例えば露天が神宮と関係
ない中島公園で開催されているのかとか、なんで皆さん露天だ
け行って神宮には参らないのかとかの他、札幌まつりの山車
などで行列する1,600人もの市民は平日仕事どうしてるのかとか
もあるけど、一番珍しいなぁと思うのが、そもそも都道府県の
名前がついている《北海道神宮》ってスゴクない?
 

| | コメント (0)

2012年6月11日 (月)

素敵な筋肉痛

札幌の初夏の恒例「YOSAKOI」が終了、きっと踊り子さんたち
は今日は仕事にならんくらい頑張ったと思うが、私が一番「よぉ
やった」と讃えたいのはチームの旗振りの皆さん。大きな旗を
連日振りまくって本当に大変だったのぉと特に旗振りを労いた
いのは理由がある。それは、実は私も某野球チームの旗を降
った事があるからだ。
   
思い起こせが数年前、場所はかの札幌ドーム。某熱烈応援
チームに属していた頃。通常はリーダーと共にサブとして立ち
働いておったのだが、とある回に熟練の旗振り担当者から振
り方を教えるから一度旗を振ってみないかと勧められたこと
がきっかけである。
 
「お客さんの頭スレスレに流しつつ8の字になるように」と教えて
くれるものの、旗は重いし、旗の風圧はあるし、もう大変。しかし
決して我が団旗をカッチョ悪く振るわけにはいかず、火事場の
馬鹿力よろしく気合爆発魂注入連勝上等!で根性で振っておっ
た気持ちが届いたのか、なんとそれまで沈黙していた我がチー
ムの打線が爆発。なんと一挙7点のビックイニングとなり、30分
近く旗を振る事に。
 
途中から何アウトだかヒットだかよくわからんがお客さんが大歓
喜大応援をしておるので、きっとまだチャンスが続いておるのだ
と無心の汗だくのフラフラ。多分旗は数回お客さんの頭を直撃
したと思うけどそっちもこっちも応援に夢中。その後攻守が変わ
った時にはヘタヘタと座り込んでしまった。
   
いつも美しく旗を振り続けている熟練氏曰く、美しく旗を振るた
めに、河原の風の強い所で自主練を欠かさないと聞いて感動
して更に動けなくなったのは言うまでもないが、よく考えればド
ーム球場は室内。屋外の球場であればその風の威力はすざ
まじいに違いない。そう考えると今年のYOSAKOIの土日は風
が強かったから旗振り達はさぞ大変だったことだろうぞ。
 
団旗を振った当日の夜から腕が筋肉痛で大変なことになったが
やったぜ感に溢れて筋肉痛がちょっと嬉しかった記憶がある。きっ
と旗振りの皆さんも今日は腕が上がらない状態かと思うけれども、
きっと満足の筋肉痛のはず。明日になって筋肉痛が薄れるとちょ
っと寂しい気持ちになるのじゃないだろうかなぁ。嗚呼それを人は
青春と呼ぶ…。
 
 

| | コメント (0)

2012年6月 7日 (木)

テーラー虎も出てます

関西系北海道人となって長くなった個人事業主であるが、虎柄
のDNAの成分が粉もんで出来てることもあり、ある日突如として
粉もんが食べたくなってもんどりを打つということがある。
 
本格的なお好み焼きなどを食すればいいが、仕事をほっぽり出
して風月に駆け込むことが困難な場合は、コンビニでたこ焼き等
を購入し食する場合が多い。焦ってチンをした後、ひとタコ口に
すると「はーっ」と安堵感が広がり幸せったらありゃしない。計測
こそしたことがないが、かなりのドーパミンが放出されていること
と推測され、とりあえずモーレツに粉もんを食べたくなる欲求が
しばらくは抑えられるという流れになる。まさに「粉もん中毒」と
呼ぶにふさわしい。
 
と、とある関西系北海道人に話しをすると、返ってきた答えが
「私もそうやねん」。
 
さて本日より札幌東急百貨店にて《第6回なにわうまいもん大会》
が開催されるとのこと。チラシを見ただけで粉もんのオンパレード
でテンションが上がって仕方がないのだが、多分会場には粉も
んに飢えた関西系北海道人(含む私)が、イートインなどで泣き
そうな顔をしながらきつねうどんを食べたり、粉もんにかじりつい
てるオトナがいると想像に固い。それは多分中毒を緩和している
最中であるので、なんでうどん食べながら泣いてるのか、などと
不思議がらずにそーっとしておいていいただければ幸いでおます。
 
 

| | コメント (0)

2012年6月 6日 (水)

人のふり見て

なんだか自転車=悪いヤツ的なワンサイドな報道が多いように
僻んでいる自転車乗りであるが、某日の某地方ブロック誌での
自転車マナーのコラムにはあっと驚くタメゴローであった。
 
コラムを書いた人が、女子高校生の暴走自転車にぶつかられ
た、自転車マナーがなっちょらん、的なことを言いたかったらし
いけど、まずその書き出しが確かこうだ「私がチキンを食べな
がら歩いていると」 
 
チキン食べながら歩道を歩くって・・・。
 
そして締めの文章が確か
「もし串の焼き鳥食べてたらどうなってたか」
 
焼き鳥を食べながら歩いてる人ってあんまり見たことないなぁ。
もし自分の子供がそんなことしてたらめっちゃ怒るよなぁ・・・。
  
他人を非難する時にはそれなりでないとなぁ、と思うし、ブロック
誌といえ一応マスコミを名乗るなら、ちょっとなぁ。
 

| | コメント (0)

2012年6月 1日 (金)

私も昔は新人類と呼ばれたぜ

昨日まで普通に出勤していた若手社員が突如欠勤して突如
退職してしまう、という例が珍しくなく、新入社員の約5割が
3年以内に離職するというデータもあるらしい。
   
これは現代の若者に多い「新型うつ」という病らしい。従来の
うつ症状と違うのは、真面目じゃない人もなり、抗鬱剤では
治らないそうだ。
   
更に、驚くことにうつ病の診断書を出して休職するけれど、休
職中にも関わらず仕事以外ではすこぶる元気で、自分のブロ
グをアップしたり、マラソン大会に出たり、休職してる会社の福
利厚生を利用してディズニーランドの入場券を申請して遊びに
行くというのだ。この新うつの特徴としては何か起こったら他人
のせいにするという自己中心型性格が顕著であるとか。最近
は薄毛もタバコも保険診療が効く時代だからか、薬が効かなく
ても「病気」になるというのも新しい。
   
コミュニケーション能力の問題であるとか、新教育法が若者の
価値観を歪めた、とか諸説あるようだけど、いやはや、よくわか
らない世の中になったなぁ。
 

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »