« 納豆と私 | トップページ | 冬準備1 »

2011年11月 7日 (月)

サッポロのヌーボー

もうすぐボジョレーヌーボーが解禁になるが、美食の宝庫
札幌でもご当地ヌーボーが解禁。ウチの裏山の峠、盤渓
にあるばんけい峠のワイナリーさんが《さっぽろヌーボー》
なるワインを醸造しておられ、この週末手に入れるべく峠
をえっせえっせと自転車を漕いでで訪ねることに。
 
北海道の美味しいもの業界の中には「オレってイケてる
からさぁ」的な勘違いオヤヂもいるが、ばんけい峠のワイ
ナリーのオーナーさんご夫婦はとても気さくで明るくて普通
の方々。こういう方が作るものはきっと気さくで親しみやすい
味なのだろうなぁと今回は赤ワインを分けていただくことに。
 
いそいそとメッセンジャーバックにワインを押し込め帰り
道にある人気の手作りソーセージで大好物の白いソーセ
ージ等を仕入れ、近所のドイツパンの店でハードなパンを
仕入れ、早速夜にワインをいただくことに。いやこれぞ若い
ワイン!という味で、雑味がなく、ストレートで酸味が効いた
サワヤカな味。芳醇なとか、果実味が豊満でアロマの・・・
とかは他に任せておいて、今年の実りを感謝しようではない
かっ、というシアワセな味だった。
 
しかし雑味がなくストレートで甘酸っぱい・・・やっぱり若い
ってそういうことなのね、としみじみ思いつつ、私もそろそろ
エエ年やしそろそろ芳醇さとか複雑さが残る甘美な後味、
あたりで勝負せなアカンのかぁととしたたかに酔っ払う
ヌーボーな季節なのでした。
 
 

|

« 納豆と私 | トップページ | 冬準備1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 納豆と私 | トップページ | 冬準備1 »