« 袖摺りあうも | トップページ | 赤の本物 »

2011年11月15日 (火)

変身捨て星人

年末の大掃除で毎年精根尽き果ててしまうことを省み
今年は事前から片付ければいいじゃぁないか、という
スバラシイ決意を固めた個人事業主は、お片付けの
極意という本を片っ端から立ち読みし(買えと)ネット
サーフしまくり、まず、片付けというのは「捨てる」ことが
肝!という結論に行き着いた。
 
女性では結構潔く捨てる方だと思ってはいるが、やはり
思い出の品や、もしかしてまだ着るかもしれない的な服
に関してはなかなか踏ん切りがつけられないものだ。そ
んな場合は、毎年年末我が家に飛来し憑依する通称
《捨て星人》にこの早い時期に1日変身することに。
 
この捨て星人はモノを見ると「捨てっ捨てっ」と連呼しなが
ら有無を言わせずゴミ袋にモノを突っ込む、という習性が
あり、勢い良くモノを捨てて減らせるという特性を持ってい
るのだが、捨て星人が去った夜、ドーパミンも落ち着いた
脳でゴミ袋を見ると「いやそれは来年着るかも」という執着
心がモリモリと湧き上がり「緊急救済処置」という行為に
及んでしまうということの繰り返すという一連の動きを毎年
繰り返しているのが恒例である。
 
さて、今回も一気に服部門で1枚100円もする札幌市指定
40Lゴミ袋にギュウギュウ詰めで3袋も捨て星人が捨て去っ
ていったが、今夜、何点「救済措置」でバックする服が何点か
きっとあるだろうが、その救済された服たちが救済理由通り、
翌年以降、着た、という記憶はまだない。
 

|

« 袖摺りあうも | トップページ | 赤の本物 »

コメント

去年は2トン車で1台分捨てました。しかし片付いてはいません。その後妻は洋服の古着をリサイクルに出しましたが、全部評価はゴミ扱いの無価値、がっかりしてました。私の本も3回ぐらい出しましたが、その度に10000円くらいになるので、悔しがってます。今年もまた古本を出そうかな。女性の服は価値が無くなるのが早いですね。そんなものは買うべきじゃありません。私のシャツはもう15年も着ています。基本的に札幌にいた時と同じセットです。今年はテーブルを捨てようかな。

投稿: okayama | 2011年11月20日 (日) 18時22分

Okayamaさん こんにちは!
女性の服は男性から見ると同じように見えるらしいですが、女性にとっては似て非なるものなのですよぉ。
書籍もたまりますね~。捨て星人化して本も思い切って捨てましたがやっぱり夜中に数冊救済してしまいました。服と同様、また読むかどうかは不明ですが…。

投稿: 太田明子 | 2011年11月22日 (火) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 袖摺りあうも | トップページ | 赤の本物 »