« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

アスリートの謎

ある夜、全日・新日・ノア等主要団体が顔を揃えたプロレス
イベントをテレビで偶然見た。武藤とか曙とかキャラがたつ
メンバーに加え、なんとあのブッチャーさんも参加。往年の
人気選手や今の若手なども勢ぞろいして結構魅せてくれた
イベントだった。
 
皆、スゴイ筋肉で強そうな身体をしておるのだが、しかしそこ
でふと気づく・・・みんな「毛」がない。
 
足や胸は当然、脇のもない。同じ身体が大きい人のファイト
系といえばお相撲だけど、関取の中には背中もじゃもじゃ
の人もいる。となると、皆さん剃っているのだろうかっ。
 
そういえばプロ自転車乗りは足は剃るというのが常識。怪我
したときに処置し易いとかマッサージがし易いとか理由はある
らしいが、そういえば競輪選手も足つるつる。
 
と、スポーツ界における「毛」事情に着目していたら、なんと
今やっている世陸の選手たちも全員つるつる。うむむ、プロ
の世界じゃつるつるが常識なのかっ。
 
きっとたぶんおそらく、見た目の問題なのだろうかと思いつつ
そうそう怪我の処理に困るほどの剛毛の人もおるまいと結論
づけて一人で納得していたら、先日AEDの処置の講習を受けた
人物から意外な事を聞いた。なんでもAEDを使用する際、胸の
毛がボワボワに生えていたら放電してしまう恐れがあるので、
胸毛がボワボワかどうか、もしボワボワならすぐさま除去して
「よし」と確認するのが正しい使用方であるとのこと。
 
ここで一句
アスリート 毛がない人は 怪我がない
お粗末。
 

| | コメント (0)

2011年8月29日 (月)

若いって素晴らしい~

去りゆく夏を惜しんで大地に漕ぎ出す自転車乗りであるが
最近とくにこの1~2年、よく見かけるようになった気がする
のが自転車の若者。前後に荷物をくっつけて、真っ黒に日
焼けしてえっちらおっちら漕ぐ姿はどっからどう見ても青春
真っ只中!。
 
オナカすいてないか?なんかウチで食ってくか?と思わず
母心的に心配してしまうが、こちらもメットジャージ着用でい
る場合には、「こんちは!」とお互い笑顔の挨拶は欠かさず、
時に道を聞かれたときにどこから来た?と聞いてみると、
学生っす、という笑顔から「東京です」という返事が多い。
 
いやしかし、重い荷物を積んでの峠超えはめっちゃしんどい
がそういう経験を敢えてしているヤツは絶対カッチョいいぞぉ。
  
この土日は北海道マラソンの喧騒から逃げて小樽まで往復
したが、札幌小樽間でも5組、今朝の3㌔くらいの僅かな通勤
時間でさえ1組の青春自転車乗りに遭遇。
 
西に向かいますというグループや南下しますというヤツがいた
けど、みんな無事に旅を進めてくれればいいなぁと、どうか余り
暑くならず、強い風も吹かず、安定したお天気が続きますように
と空を見上げつつ、こういう時代だからこそ北海道を自分の足
で漕いで回りたいという若い世代が増えてきたんだったら嬉しい
ぞぉと思うオトナの自転車乗りなのでした。
 
 

| | コメント (0)

2011年8月26日 (金)

人のフリみて

このところ社会起業家育成や人材育成等の事業の中で
マーケティングの講義を担当させていただく機会に恵まれ
ている。
  
社会起業家のタマゴたちはガッツのあるタイプが多いので、
総じて熱いヤツ、というのが集まるので負けないように
こちらもガッツでお話するのだが、気合はよしとしても
いかんせん社会起業家のビジネスアイデアは、強い思い
入れがあるばかりに、クールな視点を持つのは難しい
傾向にある。言わばプロダクトアウト的な視点だ。
  
講義中は作り手ではなく買い手の視点は大事だと何度も
繰り返しお話しているがどの程度伝わっているのかなぁ。
 
さて講義中その中で、ブレストというかアイスブレーク的に
某少し前にヒットした某生菓子について話し合いいただいた。
が、売れた理由や、特に売れなくなった理由についてはここ
がダメだったと即座に意見が全員一致。マーケットはよく見
てるなぁというか、他人のことって見えるもんなんだなぁと実
感した夏の終わりなのでした。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年8月25日 (木)

サポート側も練習中

我が家は大通沿いにあるのだけど、今週に入ってパトカー
とかスピーカーを積んだ車がなんか頻繁に練習走行をして
いる。「もうすぐ車が通ります~」「今何時何分です~」とか
言っておるが、おおそうか、今週末に開催される北海道
マラソンに向けての先導とかの練習なのだな。
 
マラソンブームなのか、知り合いが健康に気をつける年齢
になったからか、私の周りでこの北海道マラソンに出るの
だと鼻息荒い人たちが結構いる。フルを3時間台で走る
見たから走ってます体型の人から、そのハラで大丈夫かい
と思う酒飲みランナーまでタイプは様々。
 
昨年は気温が高く、リタイアとかゴールしてもブッ倒れる
ランナーが多かったと聞くが、すっかり秋風が吹き涼しく
なった札幌でも今週末は30度近く気温が上がるとか。
無理せず頑張って欲しいもんですな。
 
という私は、市内の交通渋滞とかから逃れて涼しい山間部
にでも自転車で漕ぎ出す予定。走るのもいいと思うけど、遠く
に行けて、ウェアもカッチョよくて下りも爽快な自転車いいよぉ。
  

| | コメント (0)

2011年8月19日 (金)

顔本と私

favebookを使ってみて使い方も馴れてきた(と思っている)
この頃、趣味の自転車関係から「いいねっ」とつながり、最近
不本意ながら海外の自転車選手の顔本などにも「いいねっ」
とか言っちゃってる自分がいる。
 
しかし自転車選手で有名ドコロは英語圏の選手が少なく
スペインとかフランスとかヨーロッパ勢。
 
しかも私が応援している世界のタイムトライアル王、ファビアン
カンチェラーラ氏はスイス人。なんとスイスは調べてみるとドイツ
語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語(初耳)の4つを公用
語としているとのこと。カンチェ氏の顔本は全世界からの書き
込みがあるから「いいねっ」って言ってる人たちも《Marco》《Fa
hmielzz》《AnnDe》《Eeiic》とか、赤毛や金髪が微笑みもぉよく
わからん国の人が入り乱れ状態でわんわんニャーニャ状態。
でも、何言ってるのかちょっと知りたいぞ。
    
英単語を覚えたくなくて、高校の英語の補講授業の集団脱走
事件の首謀者だった私が、ちょっとスペイン語くらいちょっと
読めるくらい勉強してみようと思っちゃったりするから顔本と
自転車ってエライのかも。
 

| | コメント (2)

2011年8月16日 (火)

ボンボンお盆

お盆の頃皆さまいかがおすごしでしょうか?
お盆だし、先祖の皆さんも寄ってくれるらしいので、ササヤカ
な我が家の先祖コーナーのお水を改めて替えたり父の好物
を置いたりとしてみたが、いや祖母などの話を思い起こすと、
私の先祖、特に曽祖父は父方も母方とも個性的なじーさん
だったらしい。
 
父方は(父曰く)材木業を営みそのあたり一帯を仕切る大地
主で、父が小さい頃は兄弟夫々に乳母がいた的な優雅な暮
らしをしていたらしいが、その財産を稀代の道楽者曽祖父の
《和作》爺さんが時代劇に出てくるアホ丸出しの若旦那みたい
に毎晩ちんとんしゃんと大宴会をして財産全部使い果たした
そうな。
 
一方母方の曽祖父は関西の造り酒屋の大店の豪快な商売人
だったそうで、嫁にしたのも行商で出かけたときに見初めた
ミス土佐(らしい)で、時代劇に出てくるようなあきんどだったそう
な。その昔私が田舎の方のイチゴ狩りに連れていかれたときな
んだかオーナーの農家一家が祖母にははーっとしてたので不思
議に思っていたが、大人になって聞かされたことには曽祖父が
たくさんお世話していた中のお妾さんのお子さんがそのイチゴ
園のオーナーだったらしい。
 
そんな時代劇みたいな豪快な曽祖父を見て育ったからか、父方
の祖父は実直で真面目。海外にまで修行を重ね当時ではまだ珍
しかった眼鏡屋の商売をはじめたし、母方の祖父は学問に熱中し
戦時中に往来で段ボールに乗って演説をして憲兵に逮捕された
こともあるらしい。
 
いや時代とはいえなんたる個性的なっ。そんな先祖の皆さん
のおかげで元気に暮らせてるんだろうと思いつつ、私の中に
も彼らの血が脈々と流れているんだろうなと思うと、大人に
なった今当時のひーじーちゃんやじーちゃんたちと飲みながら
話してみたいなぁと思うお盆の頃なのでした。
   

| | コメント (1)

2011年8月12日 (金)

猛暑対策

暑い、暑さに弱い私にとって暑さは乗り越えるべきモノ。対策
として自宅ではなるだけ室温及び体温上昇を抑えることをモッ
トーとし、行動は全て「そ~っと」を心がけている。
  
当然、食事の支度も「そ~っと」着替えも「そ~っと」。そしてお
化粧の時も白熱灯を付けずに浴室の蛍光灯だけでチャレンジ
してみることに。少々暗がりながら元々適当に塗りたくるだけ
なのでなんとかなるだろうと思っていたが、想像以上にお化粧
濃い目に仕上がってしまう。暗がりチャレンジ当初は眉毛太め
のチーク濃い目になり、例えるならばバブル時代のバカボン風
になってしまったのは否めないが、数日の特訓により、なんとか
普段通りに仕上げる技を獲得した。
   
最低気温が25℃という夜が続いた去年よりはまだましかとも
思いつつ、去年の天気予報で「明日まで暑い」という予報を続け
て2週間くらい聞かされた事を踏まえ、朝から天気予報をはしご
して「今日の最高気温はホンマに28℃やなぁ絶対やなぁ」とキャ
スターに厳しく突っ込みながら今日の避暑を検討する暑さが大
の苦手の元関西在住者なのでした。
 

| | コメント (0)

2011年8月10日 (水)

真夏の選択

今日はビロウな話なので、そういうのはちょっとという方は
パスしてくださいませ。
 
いつも元気が取り柄な個人事業主にとって健康管理は必須。
会社勤めじゃないので自分の身体は自分で守らねばならぬっ
と、早速今年も札幌市が行っている健康診断の受診することに。
今年も近くに診断車が来る時を狙って行こうとしたら、なんでも
今年はウチから一番近い円山会館で各種がん検診が受けられ
るとのこと。予約が必要とのことで早速市の担当部所に電話し、
スバヤク胃がん、大腸がん検診の予約を済ませた。
 
ややしばくして、案内通り、検診における注意事項や問診票と
検査キットなるものが配送されてきた。おぉそうかっ大腸がん検診
には《検◯》というのが必要なのだっ。
 
ブツを入れる容器をシミジミ眺めた後、取説を呼んでみるとこう
書いてある。
「検査日にできるだけ近い2日分(◯秘しがちの方は5日くらい
前から)検◯容器に◯を取り当日持参ください。」
うむむ念には念を入れるということだな。いたし方あるまい。
   
そして衝撃な文章はこう続く。
「採取した検体は涼しい場所(冷蔵庫)などに保存してください。」
  
・・・アナタならどうする?!
  
 

| | コメント (0)

2011年8月 8日 (月)

夏こそファイヤー

札幌の夏は暑い。何故ならば我が家にはクーラーがない。
   
と言っても、我が家がクーラーも買わないつましいエコな
暮らしを主張し実践している訳ではない、そう北海道の
大抵の家はクーラーがないのだ。
   
最近札幌の小洒落たマンションには「クーラー付き!」と
宣伝文句にしてる所もあるが、大手商業施設やコンビニ
とか以外はクーラーがない店も多い。ラーメン屋とかジン
ギスカン屋とかにもクーラーがない店が多く、従って客は
炎の鉄板を眼前に汗だくで羊を焼きほうばることとなる。
頭から水被った的な汗をかき、もぉ中から外からファイ
ヤーだ。
    
本州と違い夏は《耐える》モノではないらしく、どさんこ曰く
寝苦しい夜的な夏がちょっとはないと寂しいと驚異なことを
言ってのける人が結構いるが、この時期は納沙布(根室
でも稚内でも可)に移住したいとマジで思う暑いのが苦手
な元関西在住者なのでした。
 

| | コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

増やしたり減らしたり

欲しいわぁと思って見てる訳じゃないけれど、結構見るのは好きな
のが24時間買い物系チャンネル。ことキャスターのプレゼンのさま
を見てよぉこの商品で1時間も売るなぁ、とか、どう褒めるだろ、今は
こういうのがウケているのかなど、別方面で感心していること多し。
しかしたまには最近のマーケット事情を憂うこともある。
 
それが先日売られていた脱毛器。絶対脱毛といえば女子がター
ゲットであったはずだが、画面を見て目を疑った。プレゼンとして
毛を剃られているのは男子ではないかっ。
  
テレビではキャスターが「あらっキレイ」と褒めちぎりながら実演し
ており、当の男子が爽やかな笑顔で足が半分つるつるにされてお
るっ、ああ世も末じゃ。毛だってカワイソウだ。長年頑張って生て
きたのに、生えてる場所でこうも扱いが違うのかっ。
 
ダイエット商品も男子ターゲットが増えてきたし、エステも男子専門
というのが出て長いが、そもそも、男子は「毛」というと専ら増やす
方ではないのかっ!
 
小ポーチにあぶらとり紙を忍ばせ、時にはキャラ弁当を持参してくる
という最近の男子事情を考えると時代の流れなのかもしれないし
自分で稼いだお金で買うというなら全く文句は言わぬが、毛を剃る
ヒマがあったら単語の一つでも覚えろと叫びたい古い人間なのでした。
 
 

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »