« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月27日 (金)

伝えるべきこと

ご近所の名所【円山動物園】の年間パスを持っている動物園
ファンの私であるが、私はどうやら食物連鎖の頂点的な動物
が好きらしく、毎回数を重ねる毎に①狼②熊③オオトカゲとい
う右回りの順序を素早く周り、ピンポイントで「おおジェイ君
(狼の雄)今日もカッチョいいのぉ」と彼ら個体との再会を楽し
む傾向にある。
  
しかぁし、なんということでしょう。そのウチの一人というか一匹。
食物連鎖の頂点というか、爬虫類なのに哺乳類まで食べちゃう
【特別展示中】でありインドネシアの至宝でもある【コモドドラゴン】
がこのお盆に帰国してしまったのである。
  
【期間限定】と心配表示があったため飼育員に念のため聞いて
みると「今年秋まではいるから」と言い放っておられたのでスキ
があったのは否めないが、嗚呼もうあのカッチョいい彼らに会
えないのは超残念。しかし世界でも珍しい姿を短い間でも見
させくれてありがとぉ。
 
考えると動物園で気軽に見られる動物たちの中には絶滅危惧
種の指定や現地でも稀にしか見られない動物も多い。例えば
動物園の人気者の【虎】だって、レッドリストに乗り、現在全世界
で4,000頭しかいないらしく、そのうちの2頭もウチの近所にいる
って事自体超すげー事だと思うのだけど、動物園の展示に関
して見てみると、数年来の某旭川の動物園系の行動展示流行り
で、「稀少性」や「学術性」よりも「動く」に価値があるらしい。
 
そういえば、アラスカ時代によく通ったAlaskaZooでは、シロクマや
トナカイよりもゴージャスな暖房付き個室で展示されていて、アンカ
レッジ市民が自慢していた動物がいた。なんとそれは【インド象】。
象は寒いところが苦手で遠い国にいる珍しい動物なの、ということ
がわかる展示だし、他の動物を見てみると、熊たちは冬期間「冬眠
してまーす」という札がかかりマジ冬眠していて冬は見られなかった。
これこそ正しい行動展示なのではなかろーか。
  
日本の動物園も経 営にはシビアな時代になったらしいが、パンダを
また大枚はたいて借りるとか、ペンギンの隣にペリカンがいて隣は
鶴、という鳥繋がりのみの国籍めちゃめちゃレイアウト展示などの
日本の展示方法はそろそろどやさ、と思う動物園ファンなのでした。
 
P505i0031850664
  虎は貴重だ!

| | コメント (0)

2010年8月25日 (水)

結構大変

お笑いブームも手伝ってか、最近札幌でも売れているお笑い
芸人が商業施設でLIVEをしてくれることがあり、お笑いも絶対
生よねと、チャンスがあれば生でお笑いを楽しむことも。
 
売れている漫才師の前座には、元気が取り柄の若手が登場
するが・・・うむむ正直応援目線で見ないとツライ。1分くらいな
らば十八番ギャグを投入して勢いで持っていけなくもないが、
時計を見ると持ち時間が5分のようで、そうなると観客はモチ
ロン本人たちも手持ちぶたさ感があってお互いキツイ。
  
さていよいよメインの漫才師が登場し、スピードがあり爆笑
するのだけど、何故だかしばらくすると、間延び感が漂う。
中には間延び臭がしてくるとネタを早々に打ち切りお客さん
をいじって場を持たせているコンビも。テレビでは3分や長く
も5分程度の持ち時間の漫才だが、商業施設のメインとも
なると持ち時間は15分程度のよう。15分ネタがないのか
3分・5分で喋り慣れてるのかわからないが、お喋りでのプロ
で、人気者でも人を飽きさせずに15分話すということがどれ
だけ難しいことか。
 
さて月末に依頼されている私の講義時間は5時間×2日。
聴講者に飽きられず10時間喋ったら、私ってエライ。 
  

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

そんなに急いでどこへゆく

高速道路無料化にあたり、国道沿いの道の駅や、レストラン
などの売上が減って経営者が怒っちょるらしい。
 
寄らば大樹が変わってしまったというか、時代だから仕方が
ないのかもしれないけれれど、昔は商売するには一等地だっ
た「駅前」の商店街が悲しいまでに崩壊し、次は「大きな国道
沿い」というのが崩壊する、ということだろうか。
 
無料化が本格化すれば、ドライブインが一気にスターとなり
片や国道沿いは、現在の駅前のシャッター街のように、朽ち
てる昔ドライブインでした的な悲しい建物が居並ぶ残念な
景色になってしまうのだろか。
 
例えば無料化の影響を受けるであろう札幌から旭川に繋がる
5号線は直線距離が日本一長い道路を要する。めっちゃ急が
なければ、無機質な景色の高速道路をひた走るよりも、季節
で美しく変貌する牧歌的な風景を見ながら道の駅や名物をひや
かすのも移動中の一興だと思うし、そもそも到着時間自体(アク
セルベタ踏み暴走除く)小一時間ほどの違いで、道中はそれ
ほど問題ないだろうし、混雑するのは圧倒的に札幌市内に
入ってからじゃなかろうか。
 
さて、自転車購入にもエコポイントとか補助金出して欲しいぞと
思っている私たち自転車乗りではあるが、国道沿いの店舗が
荒廃するとなるとエイドステーションである道の駅やコンビニが
なくなったりするととってもピンチである。道中廃墟だらけの残念
な国道を走るのも何だしなぁ。だったらいっそ高速道路に自転
車専用道路を作ってちょんまげ。
  

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

現実逃避型

ひょんなことから知人からDVDを大量に借りることになった。
普段からレンタルするなら宇宙人が激しく攻めてくるか激し
い殺人事件が起こるヤツしか借りてこない非現実的な映画
好きな私ではあるが、今回の大量貸主の性格はドリーマー。
DVDリストを見てみると予想どおりラブストーリーや人生とか
を考える作品が並ぶ。おお絶対手にしないタイプばかりだが
折角の機会、数作観てみることに。
 
結局10作ほど鑑賞したけれど、結論、作品の良し悪しは
クレジットが流れる冒頭部分程度を見ればかなりわか~る。
中には冒頭がイマイチだったけど、下馬評で評判が良くガン
バって見続けたけど「私の2時間を返せ」というのもあったし、
アカデミー作品でよくできた作品でも自分に合うかどうかを
見極めるには冒頭の5分で充分。極端に言うなら、DVDの
デザイン、もっと極端に言うなら映画タイトルだけで充分判断
できるといえよう。
 
っていうかこれって多分人間にも当てはまるかも。やっぱり
人間見た目って大事よねと思う。パッと見感じがいい人とは
結局気持よく付き合える事が多いし、その逆も。一事が万事、
ということなのよね、と思いつつ、やっぱ私的には宇宙人が
ドンパチやってくれて観た後主人公が憑依して自分がすごく
強くなった気分になるのが好きだぞと思う単細胞な映画ファン
なのでした。
 

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

100円テレビ

若干天邪鬼の自覚がある個人事業主の夏は、ガイドブック
などに載っていない大人の避暑地(北海道全身が既に避暑
地だという説もあるが)に出かけることに。狙いどおり「食材
1流サービス3流」という正しい北海道的施設経営を心がけ
ていると思える落ち着く施設でひとときを過ごすことに。そして
なんと正しいことにテレビが100円投入型。当然アナログで
映るチャンネルも地上波だけ。BSも当然映る訳はない。
 
未だに100円テレビがあるのかっと感動したが、結局そこを
離れるまでテレビを付けることはなかった。
 
最近のテレビ番組を見てみると、流行りのなぞかけとか健康
情報などを扱う番組も役に立つ時もあるけれど、お金を払って
まで観たいのか?と考えると難しい。しかも情報番組などでは、
ニュース以外に芸能情報を扱ってるけれど、芸能人が誰と離婚
しても私の人生にはあまり関係ないし、例えばAK○48の人気
投票で誰が一番だという情報をお金を払ってまでも観たい方
ではないしなぁ。
 
以前は朝時計代わりにつけていたこともあるけど、最近は天気
予報もニュースも音楽も映画もネットを利用しているので、いわ
ゆる一般チャンネルはサッカーW杯とかオリンピックとかのスポ
ーツと台風地震とかの時だけかも。
  
とはいえ、我が家も帰宅後はテレビは大体ついているが、宝塚
スカイステージか阪神の(勝ち)試合。最近は3Dをはじめ色んな
機能がついていてよく訳のわからないテレビが売られているよう
だけど、我が家ではいっそ選んだ番組しか映らないテレビとか
あってもいいぞと思う、若干天邪鬼なテレビ族なのでした。
 

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

そこを何とか

「廃校」を文科省が民間やNPOに有効利用してもらおうという
動きがあるという記事を読んだ。
 
その昔、首都圏や関西から地方へ移り住むいわゆる【Iターン】
がまだ珍しかったころ、特に過疎地域に移住する方で、廃校を
利用してアトリエや宿屋などビジネスとして利用したいという希望
者を多く見た。しかし「前例がない」という理由で、自治体から利
用を断念するようにと言われるケースがほどんどだったような。
 
しかしそこは気合の入っている移住者。理想の移住生活を実現
するために手を変え品を変え、法律や条例の網をかいくぐって
廃校利用権を逞しくゲットして移住を謳歌する強者が結構いたなぁ。
  
っていうか、その《…網をかいくぐって》とかのプロセスや、苦労
の末ゲットする事自体が《移住の甲斐》とか《移住の醍醐味》
だったんじゃなかろうか。
  
誰かが世話を焼いてくれたり、言われた通り、というか、行政が
奨励しだしたら、そういうのに乗っかってくるのは『草食系』で、
今後地域の人材となりうる『根性野郎』は乗ってこないかも。
 

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

歩く姿はトゥーッス

《立つ》というのはとっても難しい。
  
先日ひょんな事から「モデル歩き」を教えてもらう事に。
ということでまずは「立ってみてください」と言われ普段より
キレイにと気合入れて立ってみると「あらぁ」と講師が嘆く。
どうやら私は自転車乗りだからか、背筋などの裏っ側の
筋肉が強く、腹筋が弱いそうで、そっくり返り気味に立つ
傾向があり、例えるならオー○リーの春日立ちしてるらしい。
 
ありったけの腹筋を使いなんとか「立つ」術は知ったが、さて
これから歩きだ。一歩歩いただけで「えっとぉまず真っ直ぐ
足を出してみましょうか、そしてオナカは腹筋使ったままで、
では次は足の付け根を伸ばして歩いてみましょうか…」
一つ一つ歩きの課題が増え、増えたら訂正されるという時間
が続く。頭じゃぁわかっちゃぁいるんだけど、課題が増える度
にそれを気にするあまり体勢は更にロボットのようになり、
ひとつクリアするとひとつオソロカになり、鏡を見ると春日が
困って歩いておーる。
  
「目指せパリコレ」と野次が飛ぶ中、歩くだけで汗だくに
なりながらの小一時間だったが、いやぁ本当に美しく正しい
筋肉を使って歩くだけで大変。しかし基本は大事、教えて
もらったとおり気にして正しく立ったり正しく歩いてみること
を決意。
 
今後私が妙に姿勢よくロボット春日歩きしていたら、ジョーダン
でもいいので「キレイな歩き方ですね」と褒めてください。褒め
られて伸びるタイプなので。
 

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

昔でいう死のロード

夏の高校野球が開幕、毎日暑い中熱戦が繰り広げられていて
頭からずさーーっと滑り込んだりする姿を見ては「おおセイシュン
しておるのぉ」という季節になりました。
  
さて、近年高校野球は東西に分けんない対戦カードとなり、
北海道の皆さんは、小樽と旭川の2校とも一回戦で勝ったら
2回戦は北海道ダービーになってしまうしょ、と心配していた
ようだけど、ヨカッタというか、残念ながら2校とも惜しくも敗退。
 
しかしあの暑い中涼しい北海道勢が戦うのはハンデやでと思
う今年は暑い北海道の野球ファンなのでした。
 
Images_2 Googleより
甲子園球場といえばとなりにあったのは阪神パーク!
阪神パークといえば「レオポン」(虎と獅子のハーフ)
高校野球の予選を阪神パークに遊びに行ったあと
よく見に行ってたなぁ。
頑張れ報徳学園!
 

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

嗚呼札幌

暑い・・・。

今日の予想気温は35℃・・・・・・・。

我が家にはクーラーがない。

そして今日のアポ先の会社にも

たぶんクーラーはない・・・。

そして昨日飲みに行った店には

クーラーはあったがカードが使えなかった。

・・・札幌ってそういうところさ。

  

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

行列の謎

人気ラーメン店が行列を理由に閉店するという。
 
大崎にある六厘舎という先日の札幌のラーメン博にも
確か出店していたつけ麺のお店。休日には100人超
の行列ができて周辺住民から苦情がでて迷惑をかけ
ている、というのが閉店の理由だそうだ。待ち時間は
常時、1~2時間というのが当たり前だそうだ。
 
・・・っていうか、ラーメンでもスイーツでも、食べるもん
に2時間も並ぶヤツの気が知れん。 
  
 

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

損はしたくないし

「人間第一印象が大事」とプレゼンの講義の時に口ぐせの
ようになってしまっている個人事業主であるが、実際に第一
印象で損したり徳をしたりというのはある、と思う。
  
「思わず振り向く美男美女」という特殊な場合を除き、大抵の
場合、その人の職業や主張なども含め、場に合った清潔感
のある服装や髪型、女性であればお化粧やアクセサリーで
話をする前に、まずは人前に立ってもOKという準備が出来
た思ってよいだろう。
 
さて先日誰でも知ってる某大手ネット関連会社が業務提携
するという記事を見た。ひな壇でどちらのトップか知らねども
2人、記者発表してる写真が掲載されていたのだけど、むむ
片やちょび髭メガネ。奥の男性はスキンヘッド・・・。
 
先端をゆく大企業の役員なのだろうから、実際お会いしたら垢
抜けててカッチョいいのかもしれないのが、新聞の写真のパッと
見だけでは、借金申し込まれたくないなぁというか、ITの業界って
なんかまだそういう業界なのね、と思いつつ、仕事するときは特
に見た目は大事にしよと心に誓うプレゼンの先生なのでした。
 

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

シンプルなのだ

最近農業に取り組む若い女子「野ギャル」というのが増えて
きたらしい。今朝テレビでも、きちんとお化粧をしてカワイイ
格好で農作業する20代の女性達の働く姿が映っていた。
 
作物を育てる、という明確な目的があり、日々生育が見える
からなのか「自分で作り出す仕事にヤリガイがありますぅ」と
答えていたが、3Kという印象が強い農業に若い女性が参入
してきたというのはワンダフルなことではないかっ。
 
しかし、驚いたのだが、彼女たちの手取りは11万そこそこ。
これでは《ヤリガイ》だけじゃぁやってけないよなぁ。
   
農業にかかわらず、後継者や新規参入者が増える理由は
太古の昔からただ一つ「儲かるから」。日本では、お役人や
カタカナ表記の何を売ってるかわからん企業とかよりも諸業種
がウハウハ稼げるようにならないと、後を継ぐ者は出てこない
だろう。
 
現在就労対策で失業者や未就労者の農業へのインターンを
試みている事業もあるけれど、やっぱりインターン先の師匠が
カッチョいいのはモチロン、ある程度の収入の見込みなどがな
い限りは農業に人気が出る、というのは考えにくいだろう。(余談
だけど、聞いた話によると、新規就農したいと某所に相談した
際に知人が「農家やりたいなら2憶円もってこい」と言われた
らしいし。)
 
っていう事が何故わからんかなぁ、もしかしたら自分たちの
ことばっか大事で、ワザとわかっててやってないんなら、一番
悪いことだぞぉと目くじらを立ててみる、自分でも何を売ってる
かよくわからないインキュベートコーディネータなのでした。
  

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »