« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

ワカチコワカチコ

メキシコ湾でのBP社の原油流出事故は史上最悪とのことだが
経営的には自社で補填できるとい記事を見た。いや~BP社って
スゴイやん、と思いつつ、我が家にはBP社のマグカップがある。
そう実は私がオーナーなのだ。
 
というショーモない冗談は置いておいて、そのマグカップをもら
ったのはアラスカ時代。一番の親友だったブルガリア人美人の
ナタリアの旦那のピーターから。彼はBP社で石油掘削の仕事
をしていたからなのでR。
 
アラスカでは、移民がひと夏で大金を手にしたいならカニか石油、
と言われており、片やベーリング海で暴風波の中での命知らずの
カニ漁か、それに以上に過酷と言われていたのが北極点での
石油掘削仕事。ブルガリアからの移民であるピーターによると
「今回は仲間はシロクマに食われなかった」と平然と言っていたり
したけど、移民して後数年でアンカレッジ市内で店を持ったり家を
買ったりすると、「あのチャイニーズは去年カニに行ったからね」
というのは珍しい話ではなかった。
 
毎年約半年一度出かけたら約二ヶ月程帰ってこない、命の危険
にさらされる旦那を送り出した直後のナタリアはとても憔悴して
いてよくショッピングにランチに連れだしたものだが、ある日、
私が当時結婚を控えて柄にもなくウェディングブルー的な事を
相談した時に真面目な顔で「そうね私も国と家族を捨てるときは
悩んだわよ」と言われた時は自分のちっちぇー悩みが吹っ飛んだ
事を懐かしく思い出すBP社の記事なのでした。
 

| | コメント (0)

2010年7月28日 (水)

日本なら日本語やろ

某IT系大手企業では、社内の公用語(?)が英語になるという。
会議やメールのやりとりはモチロン、新聞で見ると、社員食堂の
メニューまで英語表記だ。日常英会話ならともかく、専門用語が
飛び交うビジネス英語となれば難易度がUPし、それをクリアで
きたら海外市場へ売って出る社員が増えるというのはよいこと
だろう。しかしそれって本当に国際的ビジネスマン養成になる
のかなぁ。
 
海外で暮らしてみてわかったことは、言葉もそりゃ違うけど
なんと言っても決定的に違ったのが宗教。「基本、神様信じて
ます」から全ての行為や言動などが派生していると言っても過
言ではない議論好きなアメリカ人との会話はそれは苦労した。
  
とりあえず一応カトリックの高校に通い、神父様がガッコいい
という理由で教会に通い宗教部副部長にまでなったという過去
がある私としては、完全ではないが欧米人の思想については
理解できたと思っているが、キリスト教を知らなかったら意味
不明のことが多かっただろう。
 
英語が話せるから欧米人とコミュニケーションできるというのは
少々ワンサイドな考え方かも、と思うのだけど、本当に国際人を
目指させるのであれば、まず聖書の勉強をさせるとか、社食は
カルフォルニアロールにするとか、日曜は家族でBBQをしなけれ
ばならないとか、いっそ金髪にさせるとか、徹底した文化の模倣
から始めてはどうだろう。英語圏人ビジネスマンになりたいので
あれば、だけど。
 
しかし、日本人のクセに、嫁を「ワイフ」と呼ぶ奴とか,、外人と
話すとき「Ah~Ha~」とかいう奴はスリッパではたきたい・・・。
 

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

LIVE派

ライブ中継がなかった大相撲が閉幕。ダイジェスト版だけが
18時過ぎから放映があったけど、人気があったのがネット
でのライブだったとか。
 
そりゃそうやん。スポーツの醍醐味ちゅうもんは、結果じゃ
なくて、プロセスにあるっちゅうねん。
 
プロ野球で言うと、我が虎チームの勝敗はそりゃ大切だけ
ど初回からワンサイドでボコボコに点を入れて相手チーム
が戦意喪失した試合で大勝ちするよりも、もし万が一負けた
としてもファインプレーやガッツのあるプレーなど(相手チーム
も)が飛び出す「気合」の入ったシーソーゲームにこそ心臓
には悪い分、勝利の喜びがあるっちゅうもんやで。
 
これって仕事にも言えることかも。セミナーにお客が何人来た
とか受講後何人が起業した、何社補助金が通ったとか、整っ
た報告書が仕上がった、というのは結果やっちゅうねん。
 
結果が全て、ということも時と場合には当てはまることもある
だろうが、感動したり、大事だったりするのはそのプロセスだっ
ちゅうのを、わからんオヤヂが世の中を取り仕切って正しいと
思っているのだとすると、もしかするとそのオヤヂは人付き合
いとか家庭でも結果を重視してるんやったとしたら、そこの
子供には生まれたくないなぁ。
 

| | コメント (0)

2010年7月26日 (月)

美味しいからいいのだ

今日は全国的に土用の丑の日、ということで、スーパー等の
チラシには「鰻」の写真や文字が散りばめられている。
 
調べてみると、鰻には、抵抗力UPのビタミンA、ビタミンB1、B2、
Eなどが含まれ、更に血中のコレステロール値を抑制するDHAや
EPAも含まれ、夏バテ解消、体力回復やストレス・高 血圧の予防
等に効果があるとか。 しかもうな丼のカロリーは約500kcalで天丼
(約650kcal)親子丼(約670kcal)と他のどんぶりに比べて低カロリー。
こりゃ夏バテには持って来い!といえよう。
 
でも、涼しい北海道で、「夏バテ」ってするのかなぁ。
 
 

| | コメント (0)

2010年7月24日 (土)

スーダラスイスイスイー

経団○の夏季ビジネスフォーラムとかが軽井沢でで始まった、
という記事を目にした。今年のテーマは「民主導でいかに成長を
実現するか」とのことで、イノベーションやアジア市場に対する
発言が載っていた。しかし副会長は某大企業会長、そして載っ
ている会長のの写真を拝見するとやっぱり結構年配。
 
う~ん、そりゃ彼らが若手の頃でクタクタに働いていいた頃なら
いざ知らず、毎日エエモン食べてて、送迎にお付きが貼りつく
このご長老たちに時代は刻々移る今のイノベーションの現状
とかリアルなビジネスの話って語れるのかなぁと思うし、まず
こういった会議って必要なのかなぁ。
 
っていうか、いつも思っていたのだけど、行政の審議委員会等の
メンバー構成はどんな場合でもその筋のオーソリティで年配者が
座長で、それに無難な行政マンに大学の先生というのがお決まり。
どんなテーマでも本当の現場を知っているヒラ社員や子育て中
の女性や失業者などは出てこない。常に現場主義を唱えている
私としてはいつも議論の内容が優等生すぎる感があり。
 
皆さん肩書きがあり本音が話せないばかりか保身に走る人も
いるし、行政関係者は前例のないことを恐れ、最近では研究より
話すのが上手い先生は机上の理論をさも理論的に語ることに
集中。こんなことをやっているから、いくら審議会を重ねても一向
に問題は解決しないのじゃないだろうかっ。
 
もし私が考えてよい、というならば、今後審議会のメンバーは、
聞いていた音楽が「懐かしの歌」とか「フォーク聞いてた」族や、
ラッパのジーンズを履いたことがあったり「あっと驚くタメゴロー」
を知ってる年代には遠慮いただき、「盗んだバイクで走り出し
たい」ヒラ社員含め現場にいる若手30代までに限定。議論の
良し悪しは進行次第なため、座長は唯一40代のファシリテー
ターでどうだろう。
 
じゃないと私参加できへんやん。
 

| | コメント (0)

2010年7月13日 (火)

ちゃんこナイト

尾張名古屋の夏の風物詩、大相撲名古屋場所が異例ずくしで
開幕されたとの報道を見た。
  
お相撲ってテレビで見るものと思っていた先日東京で宿泊した
のがたまたま水道橋で、付近を機嫌よ~く散歩してたら、突然
なんだか絶対お相撲さん以外考えられないお相撲さんが普通
に道を歩いているところに遭遇。そこの地名を確認するとなん
と両国、そう両国国技館が丁度場所中だったのだ。
 
初めて間近で見るお相撲さんは肌がピンク色でキレイ。周辺には
「○○部屋」と看板がかかる建物があり絶対お相撲さんが稽古中、
しかも気軽にその辺で  膝テーピングしたお相撲さんが休憩して
おーる。うわっホンモンやと感動してたらなんと、我らの世代の
相撲KING・北の湖元理事長以外考えられない人を目撃。若貴時
代でも冷静だった私でさえ相撲ファンに変身。その夜はどうしても
両国でちゃんこを食べたくなった。
 
片っ端から電話してみるものの、場所中とあり、ちゃんこ屋は
満席。何軒か目でやっとカウンターならと席をゲットし、お相撲
観戦を終えコーフンしている満席のお客さんの熱気に押され
ながら楽しくちゃんこを堪能することに。このように相撲周りで
商売してる所もたくさんいるんやろなぁ。
 
名古屋場所が開催されただけでもよかったなぁと思うが、入場者数
が初日以降半分の入とか。ちゃんこ屋はじめ弁当屋やグッズ屋
など売上の影響は大きいだろう。銀行が潰れる時代、寄らば大樹
というビジネスモデルはもう成立しない時代になったのだろうかなぁ
と、幕内外国人力士ばかりの取り組みを見て、時代を感じるニワカ
大相撲ファンなのでした。
 
P505i0031457544
つみれがまた旨し

| | コメント (0)

2010年7月11日 (日)

ジョンもタマも

巷ではW杯の予想で某ドイツの超能力パウル君が6戦全部
勝敗を当てたと毎日マスコミを賑わしているのはご存知だと
思うが、それに便乗してか、昨日の新聞では、インドの超能力
インコとか、千葉の超能力ガマガエルが決勝戦を予想して
いるそうで。
 
データ集めて必死のパッチで検討してるオヤヂよりもタコとか
カエルの方が当たったりするのが博打ってもんなんでしょうなぁ。
   
多分、ポチとかミーちゃんとか亀吉とかの各家庭のペットたちは、
お気に入りのおやつで勝敗を予想させられてるんでしょうなぁ。
   
0912top2_4    
阪神は優勝でんな
 

| | コメント (0)

2010年7月 7日 (水)

勝負の夜

今日は七夕。オリヒメとヒコボシの為にも夜は晴れてあげ
たいところだけど、皆さんオリヒメとヒコボシって結婚して
たって知ってました?実は二人は結婚してたのだけど、
結婚後あまりにラブラブで何もしなくなったので離して
ちゃんと働いたら1年に1回会わせてやろう、ということに
なったらしい。
 
日本人の約7割が二人は恋人と思っているらしいという
データがあるらしいが、まぁ二人は暮らしてないんだから
そういう意味では生活感がないとも言えるが、いくらちゃん
と働いても、会えるのが1年に1回ちゅうのはカワイソウ
じゃなかろうか。
 
ちなみにこのお話は中国でも語られている話だそうだけど
本筋の「ちゃんと働かないとお仕置きだべ」的な教訓的な
部分が伝わってないとアカンやんと思う曇空で午後から
雨模様の七夕さんなのでした。
 

| | コメント (0)

2010年7月 5日 (月)

今日の格言

「嫁が出産のためしばらく実家に帰省することになるんです
よぉ、いやぁ帰っても誰もいないのは寂しいだろうなぁ」と知人
男性が話を持ち出してきた。しかしそのセリフとは裏腹に
その目は三日月目、背中からはバッサバッサと羽が羽ばた
く音も聞こえてくる。どう見ても、しばらくの独身を楽しむ気
満々。
 
お連れ合いが帰省して5日目あたりにその男性と再度会う
予定があり「家事とか困ってませんか?」と話を振ってみよ
うかと思った矢先、少し頬がコケた彼がつぶやく「毎日夜に
何を食べようか困ってます。毎日嫁が違うメニューを作って
くれてたのってありがたいなぁ」。
 
彼はこれからは、「アナタ今晩何が食べたい?」と聞かれて
も「なんでもいい」と答えるのをやめようと思っているらしい。
おおなんと良い心がけじゃろう、家事の大変さも思い知って
いるらしい、よーしよーし。しかし食事関係に関しては、男子
は少なくともお付き合いしている時代に「キミ何食べたい」と
聞いても「なんでもいいわ」と彼女に言われて困った経験が
あるじゃろうに。
 
《喉元過ぎれば熱さ忘れる》ってか。
 
ついでに言うと
《釣った魚にも餌を超やるよう》に
夜露死苦。
 

| | コメント (0)

2010年7月 4日 (日)

ブンガクなのだ

W杯で世間って勝手よね、と思った時、思い出した小説がある。
それはドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」。
 
カラマー家のクールな次男が、人民を救うために世の中を変え
るのだと活動していたが、父親殺し裁判で世論がコロッと手の
平が返った時次男は自分が命掛けで救おうと思った人間がなん
て身勝手なのだと気づいて愕然とするところとかある。
    
真実は知って欲しい人だけが知っていればいいと、父親殺しの
被告人であった長男はシベリア送りを享受し、連れ合いと今まで
の人生で犯してきた罪を共に背負い、二人生きて償おうとシベ
リアに向うが、いやいやドフ作品はカラマーしか挑戦していない
けど、その他の作品も、現代人として時に唸り時に耳が痛い
センテンスが散りばめられていて、何度も読み返すべき小説
なのだろうなぁ。どれも分厚くやたら字が小さく難しい漢字が
多くて気合を入れないと読み出せない作品ではあるが人生の
教本としてブックオ○などに売らず書棚に置いておきたい作家
の一人である。
   
その他最近感動した作品といえば本ではなく映画だったのだけど
ケネス・ブラナーというシェークスピア俳優映画の「ハムレット」。
シェー的な独特なセリフ回しが多いが、例えばオフィーリアの父親
が彼氏を選ぶ際の注意を諭すセリフや、ハムレットが仕事が出来
ないやつを揶揄するセリフなどは聞いていて耳が痛い。シャーク
スピアの作品も人生の教本として大事にしておきたいところだ。
 
一方、知人のビジネスマンなどが人生の教本として崇めている
のは某経済学のの大家ドラッガーの書籍たち。「感動するよぉ」と
聞いていたので一度読まねばとワクワクして入門書を読んだけど
う~ん知人たちのように感涙して全巻揃えようという気ににはな
れなかった。理論が際立つドラッカーよりは、感受性と創造性が高く
共感脳が発達している我々女性にはやっぱり小説や映画などの
文学お似合いなのねと、文学な私に酔うマダムなのでした。
 
ちなみに、「カラマーゾフの兄弟」上中下3巻はフックオ○で1冊
100円、「ハムレット」はG○yO!で無料配信で見ました。
ああこりゃこりゃ。
 

| | コメント (0)

2010年7月 2日 (金)

俺たちは信じている

今更ながら一言。岡田JAPANは頑張ったえらい!
  
W杯開催前は俊輔選手とトゥーリオ選手とかくらいしか
知らなかったのに、今では殆どの選手の名前と顔が一致
するし、なんとポジションが言えたりする。ルールも大体
分かってきて、いやぁサッカーって結構面白いやんとか
言ってみたりする昨今。
 
しかし今回の世論は手のひら返し過ぎ。
結果が全てなのがスポーツだと言うが
それにしても世論って勝手すぎないかっ
  
というか世の中ってそういうモンなんでしょうなぁ
  
あんまり人の目気にしてばっかりいるよりは
自分が信じる道を行こうじゃぁないかぁ、諸君、
 
 
 

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »