« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月22日 (火)

右手に競馬場

先週末ちょうど函館競馬場がリニューアルしたというので、ちょ
うどナイスにも函館出張中ゆえ行ってみることに。
 
館内は白が基調でゴージャス且つ清潔感があふれておーる。
入り口のゲートからすでにパドックがガラス越しに見えて馬たちが
ぐるぐるしているし、本場はピクニックのようなテーブル席もあった
りして「私を競馬場に連れてってnote」的なグッドな雰囲気。また
食事方面では地元の人気塩ラーメン店が入っていたり、レスト
ランでは勝負師の定番カツカレーの他、朝イカ刺身などもも味わ
えるではないかっ。
 
場内はオープンした週末ということがあり、函館中の人が来てる
んちゃうんか、というくらいの混雑ぶりで、座る場所などない程の
賑わい。このところ活気がないといわれている市内の市電界隈
には効果的な施設じゃなかろうかっ。
  
しばらくしたら混雑も落ち着くだろうから、馬券は次の機会にと
今回は賭けるのは見送った我々だが、熱心な博打打ちの男子
たちはその混雑の中でも当然戦っておられる。しかしながら
カップルや子どもたちの声が響き、白くてピカピカで、ハズレ馬券
などがスカサズ掃除されてしまう場内は、残念なことに正しい
博打ファン(例:上下ブランドジャージ&ハンチング帽&耳に赤
鉛筆オッチャン)が少々落ち着かなく見えてしまう初夏の競馬場
なのでした。
 
 

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

旅の途中

ま~たまた来たぜ函館~、とこの週末は函館出張。土曜の夜は屋台
村で一杯やりまひょかと店に入ると、おおぉここでもやっておるぞワー
ルドカップのオランダ戦中継。スポーツファンならずともここは必死の
パッチで応援すべきであろうが、サッカーは見ているとどうもチャンス
よりピンチが多い気がしてドキドキしっぱなしで心臓に悪いので、後半
終わりくらいにホテルに帰ってそーっと見るかと予定していたのだけど
リアルタイムで見られるとなるとしょーがない。応援するぞっ!
  
前のおでん屋付近からは国家斉唱などが聞こえる中、同席した見知ら
ぬ他のお客と一緒に盛り上がりながらなんとか前半をイーブンで折り
返し。こうなると後半は落ち着いて応援するべく、急いで塩ワンタン麺
をかっこんで、コンビニで勝利の乾杯用のビールを仕入れて急いで
ホテルに帰ることに。
 
「ホテル着いたら一点取られたりして」という予想通りの展開に卒倒しそ
うになりながら、後半ビール片手にドキドキで観戦に臨んだ。結果はご
存知の通り。残念。しかしサッカーファンに聞くとオランダ相手というのは
「阪神vs全大リーグくらい」と聞いていただけに我が国イレブンの善戦を
称えつつ、そのホテルは駅前ながら温泉があるナイスなホテルゆえ、
早速明日の仕事に向けて温泉に向かうこことに。
    
そして女風呂のドアを開けて驚いたいやいや超込んでおる。そうかっ、
みんなサッカー応援して温泉我慢してたのね。
  
思い起こせばワールドカップの日本戦の時にちょうど出張と重なって
パブリックビューをしてる所やテレビ放映してる居酒屋などに行って
同じく旅の途中であろうそこで出会った見知らぬ人たちと声を上げて応援
することも何度か。函館には何度も出張してるけど4年後またワードカップ
が開催されたら今回のことも思い出すだろうなぁと思いつつ、函館独特の
赤いお湯に癒される函館出張なのでした。
  

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

夏のおもひで

ここ札幌では週末カシマシクに開催されたYOSAKOソーラン祭りに
続き「北海道神宮祭」が開催中。ちょうど自宅前が山車や神輿などの
行列が神宮からススキノ方面に向かう通り道ということもあり、朝から
ぴーひゃらとお囃子などと共に行列が窓下でニギヤカ。
 
しかし「北海道神宮」って、前から思ってたんだけどさぁ、斬新ちゅうか、
名前が大きいっちゅうか、大胆な命名よね。いわば「東京都神宮」と
か「大阪府神宮」的に都道府県の名前がズバッと付いてるってことよね。
 
どれどれと、「北海道神宮」のことを調べてみると、
『北海道神宮には、北海道の開拓・発展の守護神として
大国魂神(北海道の国土の神様)
大那牟遅神(国土経営・開拓の神様)
少彦名神 (国土経営・医薬・酒造の神様)
及び日本の礎を築かれた明治天皇の
現在四柱の神様をお祀りしています』とある、
つまり、開拓的な誠に《This is 北海道》的な神様を祀っているらしい。 
  
ということを知ってか知らずか、札幌市民はこの「北海道神宮祭」
通称「札幌まつり」が大好き。露天が一年中で一番多く並ぶから
であーる。しかも不思議なことに神宮の参道ではなく、神宮から
結構離れた中島公園というところが露天エリア。公園を一回りし
たら神宮参拝は置いておいて若者もオヤジもススキノへGO!
 
本州出身者から考察すると、神宮の名前も道産子の行動も全く
大胆だなぁと今年も思ってしまう初夏の北海道神宮祭なのでした。
ぴーひゃらぴー
 

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

恋の町札幌~

札幌はちょっと郊外に出ると、すぐに自然や素晴らしい眺望が
広がる素敵な町。これほど良いお天気だとさぞ景色が良かろうと、
思いついて羊ヶ丘に自転車で向かうことに。
  
P505i0031522966_2
ここはいつ来ても眺めが良い。眼下には雄大な
芝生の丘が続きその先にはひときわ光る札幌
ドームや市内の街並みが。北海道ってやっぱり
ステキよねぇと感激してしまうのだけど、でもなんか
いつもと違う・・・そう、羊ヶ丘なのに、羊がいない。
  
なんでも例の口蹄疫のために羊の放牧をやめているらしい。
  
羊がいない羊ヶ丘なんて、泥亀がいない天王寺(関西ローカル)、
自由の女神がいないニューヨーク(大袈裟)、クリープのない
コーヒー(死語)みたいだ。
   
でもクラーク先生は「大志を抱くのだ」と御健在だし、その他
にもムード歌謡の名曲「恋の町札幌」つながりで裕次郎像も鎮座
しておられる。うむむやっぱり羊ヶ丘はいいぞぉ。
 
P505i0031588541
裕次郎です、どもwine

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

夏をあきらめて

暑い。暑くてしょーがない。
札幌の今日の最高気温が27度・・・。朝から暑い・・・。
  
「元関西人だから暑いの大丈夫でしょ?」とどさんこに言われる
んだけどそれはちがーう。
北海道移住16年目、その前の3年間はアラスカで夏を回避して
いたため、約20年近く本州のあの灼熱の夏を知らない。
そんな私が暑さに強いであろうか、いやない(倒置法)。
  
暑いのから逃れるために北海道に来たといっても過言ではない
暑いのキライ星人の私としては、出来れば夏は最高20度くらいしか
気温があがらない稚内か根室に住みたいくらいだ。
 
しかし週末だけど本日は講師のお仕事あり。
暑いのキライ星人は、おおよそ25度を超えると、体力が減少し、
思考能力が著しく低下するために、是非当該セミナー会場はクーラー
がばっちり効いていることを期待しつつ、できるだけ日陰をそーっと
会場まで自転車を漕ぐ予定の個人事業主なのでした。 
 

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

マダムはソムリエール

週末、野菜ソムリエ協会でのマーケティングの講義があり、講義内容に
ついて最終チェック中。「野菜ソムリエ」についてはタレントさんが資格を
取ったり、テレビで野菜指南をしたりしていることもあり、かなりメジャー
になってきたようだが、最近は、○○ソムリエという肩書きを名乗って
いる人が増えてきたようだ。
 
例えばフードソムリエとか雑穀ソムリエ、はたまた食べ物以外でも本のソム
リエとか星のソムリエ、はたまた温泉ソムリエ等がいるようで、よくわかん
なくなってきているが、そもそも「ソムリエ」とは何ぞやと調べてみることに。
 
なんでも、最初は労働用の馬牛を管理するというラテン語が始まりのよう
で、その後王様の荷物を管理し取り仕切る人→宮廷でワインも仕切る人
となり、フランス革命後王宮を追われたソムリエがカフェやレストランに
流れてワインを提供管理する人、となったらしい。つまりはワインの専門家
のことだそう。その後、「ある事の精通しアドバイスできる人」として「ソム
リエ」という単語が使われるようになり、ワイン以外でも「○○ソムリエ」など
の呼び方が一般化したということらしい。
 
おぉそうか、精通しててアドバイスできればいいとすると私は「起業ソムリエ」
ってところか?一応肩書きとしては「インキュベートコーディネータ」と名乗っ
ているが一般的にはインキュベート自体が謎なために全くワケわかんない
肩書き。とはいえもし勢いで「起業ソムリエ」って名乗ってしまうと、起業相談
の時に突然にじり寄られ「う~ん酸味が強くまだ若いですな」とか「芳醇な
香りが」とか言いながら匂いを嗅がれるのかと思われるのもなんだなぁと
悩む、肩書きが未だミステリアスな個人事業主なのでした。
 
ちなみに、ソムリエは男性名詞で女性はソムリエールとなるらしい。
ボンジュール。
 

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

札幌自転車困惑事情

昨日からのよい天気に誘われて、ご陽気な個人事業主は午前中
機嫌よく我がテリトリーである大通り近辺をママチャリを漕いでいた。
すると交差点で道行く自転車に注意をしてる黄色い軍団を発見。なに
なに手にしているノボリには「自転車は車道!」と書いてある。
 
どうやら自転車は車道を走るようにという札幌市が行っている企画
のようだけど、担当している部課のお役人は毎度絶対自転車を利用
する際に絶対車道を必ず走っているのだろうか?
 
というのも今では華麗に車道を滑走しているチャリジェンヌの私では
あるが、スポーツ自転車を買った年の車道デビューはマジ怖かった。
そもそも札幌市内の道路は車のために整備されていて自転車が走る
充分なスペースはないに等しく、そこを車がスレスレで飛ばしてゆく
横で風圧を受けてを生身で走るのはマジ恐怖。しかもいくら道交法で
こちらが正しく乗っていても、車のドライバーが自転車の道交法まで
熟知していないために、幅寄せなどのいぢわるは多数。一方車側の
立場で考えると、狭い道路を自転車にチョロチョロされたら危なくって
しゃーないだろう。
 
以前東京都内を自転車で快走したことがあるけれど、車道自転車の数も
多く、また車が自転車に慣れていてとても車道が走りやすかった。札幌で
自転車の件についてマジで取り組むのであれば、自転車乗り側だけじゃな
くて、道路を共有する車のドライバーにも同時に啓蒙すべきではないだろ
うかっ。
 
ちなみに今回の車道指導を行っている人たちは札幌市の緊急雇用対策
での採用者。採用基準には《経験不問/資格不問》とあり残念ながら「自転
車を愛している人」「日常自転車に激しく乗っている人」という基準はなさ
そうだし、今日指導員を目撃した場所でのことを言うと、そこは合法か
違法か知らねどタクシーの客待ちが必ずある場所で2車線のうち1車線が
常にタクシーがいるので、もし車道を行くならタクシーを数台車道の右側から
パスしていかなければならない。そんなところは「著しく交通的に危ない場所」
だから歩道が正しいのではないだろうか。っていうか、指導員を管轄している
関係者の皆さん。チラシ配る前に、そこをノーヘルでタクシー迂回してみて
ちょーだい、めっちゃ怖いでぇ。
 

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

気合らしい

民主党の代表候補の演説を聞いてたのだけど
官さんじゃない方の候補者(樽床さんというらしい)の演説は
《みんなで力を合わせて》とか
《頑張って乗り越えなければ》的な演説。
そうかぁ、やっぱり政治も《気合》なのかぁ。
 
体育会系出身の男子は結構好きだけど
体育会的精神論をオッサンになっても熱く語る人は
ちょっと苦手だなぁと思う
中学華道部、高校放送部出身の個人事業主の独り言なのでした。
 

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

馬喰でバクる

先日、東京出張の際たまたま馬喰町のビジネスホテルに数日宿泊
する機会があった。とある夜、遠出するのもなんなので、馬喰町界
隈で飲もぉとなり、問屋街がひしめいている場所柄、サラリーマンが
集う正しい居酒屋に繰り出した。さてメニューを見ると、うむ?ある
ぞぉ馬刺し。
 
馬喰町で馬刺しを食べるということは、これぞ夕張で夕張メロンを、
石狩市で石狩鍋を、函館でさぶちゃんの函館の女を、円山動物園で
マルヤマンの歌を熱唱するくらいの正当性且つインパクトがっ、と勇
んで馬刺しをオーダー。おーし生姜が利いて旨いぞぉ。
 
後日馬喰町の名前の由来を確かめるべく、ネットなどで調べてみると
なんでも徳川家康時代に関が原に出陣する際に馬関係部署を住ま
わせたことが始まりで、その後江戸時代にも馬関係者が住み馬仕事
をする場所として位置したということが判明。従って、馬を食べたわけ
じゃなくって、馬ビジネスで喰ってた人が居た所、という意味らしい。
 
そういえばちょっと前の歴史以前に弱い北海道でも馬関係者由来の
動詞がある、馬と馬を「交換する」という意味でたまに今でも使われて
いる言葉で「ばくる」というのがあり。となると、北海道在住者としては
馬喰町では、なんか交換する、というのが正しかったかぁと、土地や
言葉の由来に日本の歴史の深さを感じる関西人の江戸での初夏
なのでした。
  

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

円山球場組

週末の札幌ドームでの日ハム×我らの阪神タイガースの試合
いやぁコーフンしましたね。楽しませてくれた全てに感謝したい
ところなんだけど、以前から気になっていたことが、それは球場。
芸術的に作られたのか知らんけど、階段が異常に多い!しかも急!
   
年配のお客さんは席に着くなり「いや~もう疲れた」と苦笑する姿も。
それがイヤなら来なくてもエエでぇと言われてしまうと仕方がない
けど、わかっちゃいるがやっぱり見たい年に2日間の阪神の試合。 
  
足の悪い知人は、試合途中階段を延々と往復するトイレに何度も行け
ないためトイレ対策として朝から試合終了まで水分を控えてまでも
観戦に臨んでいたし、土曜の試合ではアッパーのテッペンの席にトラ
ッキーのタオルをちょんと首にかけた阪神応援75年的なじーちゃんが、
杖をつきながら一段一段よっこらしょっと、時には付き添いに支えられ
ながら上って行く姿を目撃。「そんなに阪神見たいんや~」と思うと、
ううっ、目頭が熱いぜ。
  
っていうか、野球はやっぱり青空の下で見たいでんなぁ。
  

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »