« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

青春の覇気麗しく

P505i0031129859_2 

勝って兜の緒を締めよ!

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

明瞭会計アキコ先生

私は美容院が苦手だ。毎回大鏡に巨大テルテル坊主&
珍妙頭姿で座らされる上に、髪が増えるならいざ知らず
減ってるというのに料金を支払わなければならず、いっそ
自分で切れないものかと毎回苦悶するのであるが、しかし
私もいいオトナ。髪型は印象を左右する大事なポイントで
もあり、今回も髪を切る時期になってしまったのでやっぱり
美容院のお世話になることに。
 
さて、意を決して出かけ誘われた美容院の椅子の上には、
報告書や仕様書などが読み放題の我がデスクと異なりいわ
ゆる女性週刊誌・月刊誌が読み放題。世の女子たちはどん
なモノを読んでいるのだろうかと手を伸ばしてみることに。
 
月刊誌はファッションとメイクあたりの写真がページを締め
文字があるページが極端に少なく3分で読破。続いての週
刊誌はお決まりの韓流スターの話題や、皇室がどうした、
エリカ様がどうの的な芸能人ゴシップが目につくが読み進むと
面白いのが広告。月刊誌に圧倒的に多いのはエステだけど
週刊誌ではダイレクトに「バストアップコース」的な整形外科の
広告がひしめく。そして私的に面白かったのが占いの広告。
 
「マリア先生」とか「エヴァ先生」とかイカニモの名前の占い師の
写真が並び「恋の悩み解決・電話相談します」の広告が並ぶ。
課金システムは、有料ダイヤルにしてあり、1分いくら、という
設定になっている。安くて1分500円、中には1分3、000円とか
5,000円もいるが平均して1分1,000円が多いようだ。計算
すると10分話してイチマンエン。
 
どのくらいの収入やマーケット(とか効果ちゅうか当たるちゅうか)
があるかわからんけど、普段個人的に起業相談電話を受ける
時に無料でお聞きすることがほとんどの私なのだけれど一応
私も起業については専門家(えっへん)。占い師ばりに「えっーと、
相談料は1分890円です(中途半端)」くらい言ってもいいのかしら
と思いつつ、でも、ちょっとよぉ言わんなぁと思いながら、切られて
落ちてゆく髪たちに哀愁を感じずにはいられない押しの弱い個人
事業主なのでした。  
   

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

どこで覚えた

日夜、正しい自転車の乗り方を自らご披露している自転車乗り
の私であるが、ひとつだけ、どうじてもわからない乗り方がある。
それは、「止まるときいちいち降りる」派。
 
だいたい60歳以上のママチャリに乗ってる女性限定の行為の
ようなのだけど、交差点とか信号で止まる時にブレーキをかけ
ずにシュタっと左側へ飛び降りる、のである。
 
そして発進するときは「ちょんちょん」と片足で蹴って勢いでサドル
に飛び乗り、中にはその勢いで飛ばす女性も。
 
サドルが高いのか、ブレーキが怖いのか。
  
どっちかわからんけど、自分の母親がそういう乗り方しているよ
という方、是非お母さんにインタビューの上、ご報告ください。
  
安全第一。
 

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

オペラ座のタイ人

劇団四季の専用劇場が札幌にも誕生するという記事を読んだ。日ハム
同様、文化の拠点が誕生するというのは嬉しいことだけど、演劇ファン
としては手放しではヨロコンデいていいのか、と思う昨今。
 
とういうのも、ちょっと前まで入手困難、手に入れるなら財力を投入する
か体を張って前日から並ぶか状態だった宝塚のチケットにかなり余裕が
見える。しかも少し前までは本拠地の宝塚市の方の宝塚のチケットは
人気演目やトップスターのサヨナラ公演でない限りは比較的自由に取れ
たけどやっぱり取れないとウワサの東京宝塚劇場のチケットも最近では
こと「当日券を多数ご用意しております」という表示が増えてきた。
 
宝塚の集客について考えてみると、関東ではお芝居を見るという文化
既にあり。夢見る女子が一度チケットもらったからと気軽に観劇してハマ
る、らしい。また本拠地関西の場合は、曽祖母の代から宝塚ファンとか、
近所の美人のおねーさんが入団したり、阪急の車内やホームには必ず
公演ポスターが張ってあったりと、宝塚は身近なもの。(男子は彼女に
一緒に行こうよぉと、デートと観劇を同時進行しようという企みにまんま
とハマり、一度は連れて行かれるのが関西男子の王道)。
    
ちなみにS席で宝塚大劇場で金額は8千円。東京宝塚で8,500円となるが、
劇団四季の本拠地四季劇場・春ではS席8,800円、最近話題の舞台、
劇団新感線の「薔薇とサムライ」ではS席12,500円というから、相場から
すると宝塚は高くは感じないが、特に宝塚ファンというのはリピート観劇を
主としており(贔屓スターの公演は最低5~6回は見たいもの、見てたわよ
私も同じ公演10回は)リピート客が収入を地道に支えていると言えよう。
あの贔屓様に会えるなら頑張ってチケット代稼ぐわと盲目的に頑張ってき
たファンも、最近の関西の経済状況の影響で見たいけどチケット代を考える
と3回を1回にして泣く泣く我慢というファンが多数いるようで、結果数年前
からの集客が落ちたのではないかと言われている。そしてどんな作品でも
鉄板だった東京でも、遠征組(東京公演も行ったわよ)が減ったりも加わり
不況の影響が、もしかすると当てはまってきているのかもしれない。
  
つまりお芝居を見る、ということは、演劇を見るという文化を既に持っている
人口規模の上に基本的に形成されており、しかもかなり魅力があり、お金を
貯めてまでももう一回見たいと思わせる作品の上に、経済的に余裕がある
場合のみに経営的に継続できる、と考えられるかと。
 
・・・大丈夫か、四季札幌劇場。 
 

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

オヤジみたいな

父はお酒が好きな人だった。
  
超肝臓が強かったらしく、日本人の適度な飲酒量を長期に渡り
大幅に逸脱していたにも関わらず、検査では全く異常がなく、
「医者にお墨付きをもらった」とばかりに毎晩激しく晩酌をして
豪快にわっはっは」と笑うという姿が毎晩だったから、世の中の
お父さんは全員毎晩激しく晩酌をしてるもんだ、と思っていた。
  
しかし飲みすぎることもしばしばあり「わっはっは」が「ぐわっはっは」
になると、普段は超厳格で無口な父が一気に「かまって父さん」に
変貌。土曜の夜平和にドリフなどを楽しんでいる家族にいちいち
どうしようもないオヤジジョークを振ってくるので、演歌の歌詞では
ないけれど、兄と私は「とーさんのような酒飲みにだけは、ならないで
おこうな」と幼心に固く誓ったもんだった。
 
そんな父が天国に行った日から来週でちょうど早8年。
今でもとても困った時やつらい時には父の気配あり。そしてもっと
気配があるのはご馳走とかイイお酒を飲んでいる時。「エエモン
食べてるなぁ」と気配が突然強くなり。とーさん、ちゃんと思ってる
から、ちゃーんと守ってや。
  
ちなみに現在の兄と私は誠に遺憾ながら「父のような」立派(?)な
「酒飲み」だという自覚あり。ああこりゃこりゃ。
  
  

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

1号です

マスコミのによると《空前の自転車ブーム》だそうだが確かに札幌
でもスポーツバイクを楽しむ人口が増えたんではないかと思う昨今。
発行されている自転車雑誌も数年前からすると瞬く間に増えたし
女性専門誌なども出るこの頃。
    
おかげで自転車用語も一般化してきていて、例えばメジャーどころ
だと《メッセンジャー》(自転車宅配業の主ににーちゃん)とか、その
他でも《ポタリング》(自転車散歩)《ツーキニスト》(自転車通勤者)
ピストバイク(ギヤが固定されているカッチョいい仕様のやつ)に乗る
《ピスター》なども知ってるぞ、という人も増えてきたような。
 
そんな自転車造語炸裂中の今年、先日衝撃な造語を聞いた。それは
女子で自転車の素晴らしさを伝道する自転車派のことを、新しい呼
び方で呼んでいるらしい。その名も《チャリジェンヌ》。
 
こいうのは言ったモン勝ち、ということで、自転車伝道者として長く
熱心に且つ華やかに活躍している私(自己基準)としては、《北の
チャリジェンヌ1号》と是非名乗りたいところである。
  
私を見かけた方がおられましたら、「もしかしてチャリジェンヌの太田
さん?」とお声かけいただければ満面の笑で振り向くこと請け合
いです。どですか。
 

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

この時期から

GWくらいからの陽気な気候に誘われて、今日は西へ明日は
東へと激しく漕ぐ季節が到来してしまった自転車漕ぎの私では
あるが今朝支度をしながら鏡を見てふと悲しい事実に気付いた。
  
・・・黒い。
  
指は第2関節から焼けている。(自転車では指が出る手袋着用)
一応日焼け止めは塗ってったちゃぁ塗ったんだけどなぁ。
  
世の女子やお洒落男子が「美白」に注力する昨今にも関わらず
毎年、この時期からじわじわ焼け始め、シーズン中はイロワケイルカ
並に足や手が白黒の線がびしっとつくくらい焼けてしまう嗚呼私。
  
でも、この年でこの時期から焼けてしまうお茶目な自分は、結構
キライじゃないぞ。
 

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

好きで来たんやろ

先日、遠方からの友人を連れてテレビ塔見物に行くことに。大勢の
イガグリ坊主修学旅行生で満員のエレベータに乗り込んだ。その中央
に1組多分スペイン人らしき若いカップルが。新婚旅行でもなかろうに
マリア(仮名)とホセ(仮名)がいちゃいちゃしだした。そしえてこともあろう
に初めて外人を見ただろうイガグリの凝視を受ける中、マリアがホセに
軽く接吻を2度3度。イガグリたちが一斉にフリーズしたのは言うまでもない。
 
先日、自転車仲間と自宅で宴会。みな大いに酔っ払い、ご陽気なひと時
仲間の一人ソウル出身の普段はとてもジェントルマンのキムさん(実名)が
わっはっはと突っ込む的にご陽気に私の頭をバーンとたたいた。別の日
しらふのキム氏に聞いてみると、親しい友人同士になればなるほど、韓国
では友達同士友情表現としてよくたたくんですよ、と笑って言われた。ちな
みにキム氏からして私は年上なのでたたいたりしませんよ、とノタマって
おられた。
 
先日某所で北海道の特に過疎地域に移住した方の話を聞く機会があった。
はじめは自然がいいとか家賃が安いとか褒めていたけど、しばらくすると
東京の仕事の話や人間関係について語りだし、北海道の人間はノロイと
か常識が違うとか東京の常識や文化を振りかざして北海道を揶揄しだした。
いや別に地元の人はキミにお願いして住みに来てもらったんじゃないのになぁ。
 
マリアとホセと、キムさんは許すが
・・・・郷に入れば郷に従え。
 

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

そんな女将の独り言

今年度も委託事業で地域の起業をお手伝いする事業に参画
できることになり、そのキックオフミーティングに参加することに。
 
本事業では、地域で起業を支援できる人材の育成というのも
あり、昨年度より3年間の時限付きながら数名雇用しているが
20代前半の方が多く皆さん超元気。また元受である老舗シン
クタンクの担当者も若手が昨年から担当しておられるし、当
NPOの主要メンバーも札幌のベンチャーのど真ん中で活躍して
いる若手たち。
 
ミーティングでは新メンバーも参加。シンクタンクからは新入社員
君とか、こちらからも若手のスタッフが参加。んで、ミーティングの
場を見回すと・・・むむっ平均年齢は多分30歳前後ではなかろうかっ。
 
こういう世代が発言して事が動く状況こそが前向きな北海道を作る
のだろうかなぁと実感しながら、みんなのしっかりとした発言などを
聞きながら、いやぁみんないつの間にか逞しく成長したのねぇと
目を細める元祖サッポロバレーの女将なのでした。
 

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

どっさりとお土産話

GW明けのランチタイム、いつものようにかしましく女子チームで
のお弁当タイムは、いつもよりちょっとニギヤカ。なぜならばGWに
皆さんが各地で買い求めたバラエティ豊かなお土産の配布があり。
 
お国の銘菓は帰省した独身たち、親孝行家族旅行派のおまん
じゅうや、ミッキーマウスのクッキーなど、普段はハトサブレや東京
ばななか、または北の銘菓の配給が多い弊社には珍しいライン
ナップ。お菓子と共に楽しい各自のお土産話にいっそう楽しいランチ
タイムとなった。
 
ちなみにお弁当のおかずも、南九州を旅した方からいただいた
宮崎地鶏の炭火焼。わざわざ買ってきてくださったその思いに感謝。
 
という我が家も自転車で各地を回ったけど、でも自転車ゆえに
荷物は最小且つ自分が抱えられる事が原則。お土産抱えて帰られ
なかった分、話で頑張って盛り上げるから、許してちょんまげ。
 

| | コメント (0)

2010年5月10日 (月)

花より羊

梅は咲いたか桜はまだかいな~、などと四季折々色んな花を
愛でる日本人のはず、なんだけど、ここ北海道はちが~う。
なんと春になると一気に花がどわっと咲き始めるのだ。
 
梅に桜にライラックあたりは春先なのだけど、それから後は
もう花のバトルロイアル。紫陽花の隣に向日葵にコスモスに
ついでにラベンダーにタンポポに菊!どうだスゴイだろぉ。
 
この季節感もへったくれもない北海道であるが、花も咲くと、
わらわらと出没するのがジンギスカン族。何故かお花見と
称して桜の木の下でジンギスカンを焼くことを春の習慣とし
ており、昨日など超寒いにも関わらず厚着の合羽姿で羊肉
を激しく焼いている集団を多数目撃。その羊が焼ける独特
の煙の臭いは正直いやんいやん!
    
とはいえ道産子はお天気がよいと焼かずにいられないようで
土手沿いなどでは毎年花見をスタートにこのころから寒くなる
秋口までは激しく焼き族が出没。ちなみに移住して景色よし
ということで川沿いのマンションを購入してしまった外人の友人
などは羊臭で窓がアケラレマセーンと嘆いている北海道の花
事情なのでR。

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

胸には赤い薔薇の花

仕事で、面識のない男性と待ち合わせることになった。
   
場所と時間などの連絡メールに「僕はメガネにヒゲです」と付け
加えてある。ヒゲメガネってちょっとチャラ系?とか突っ込んで
いる場合ではない。先方に私の特徴もお伝えせねば。
 
猫だったら「三毛です」とか「尻尾も白いです」とか色々と特徴
もあろうが、自分で言うのもなんだけど、極めて見かけはノー
マルを主義としており、敢えて言うなら、芸能人に例えると、菅野
美穂ちゃんに似てると言われることが多い(テレるぜ)が、初対
面で「・・・うむむ違う」などと唸られたくないし、そう言えば観光地
では見知らぬ人に「カメラのシャッター押していただけますか?」と
超頼まれる事が多いのではあるが、だからと言って先方に「カメ
ラのシャッター押してと超言われる感じです」と表現するのも
避けておきたい。
 
今日これから会うのであれば、服の色や鞄の特徴などもあろう
が、優柔不断のあまり、ランチのオーダーも決められない私が
3日後の服装を決められようか(いやきめられまい)。
 
そこで特徴のある持物を考えてみると、ワンダフルな物を発見。
早速勇んで「阪神タイガースの携帯を持っています。」とレスした
が、それから先方からの返事はなーい。
  

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

自転車最強

皆さんGW明け、仕事復帰できてますかぁ~。
 
なんでも東京の自転車人気が札幌でも影響してきたと聞いていた
けど、いや~増えた増えた、スポーツバイク。
初夏の陽気に誘われて、愛車を漕ぎだし、GW直前にオープンした
北広島のアウトレットまで軽く走ることに。その道中で今年はホント
に多くの自転車と遭遇。特に多いのが「つい先日自転車買って、
今年自転車デビューしました」と主張が見えるピッカピカの高級オヤヂ
スポーツバイク派。
   
そういうタイプは残念ながらポジションが取れず妙に姿勢よく乗って
たり、緊張のせいか、せっかくのブランドのウェアやメットがイマイチ
フィットしておらず、しかも車道経験が薄いため、格好はバリバリなの
に歩道走行してるオヤジが多い。
 
まぁそのうち車道をかっ飛ばしてくれるようになるだろうし、それで
正しく走行する自転車人口が増えるのは歓迎だし、法律的に認め
られている輪行(専用袋に入れてバスやJRなどで運んで移動する
方法)者が増えれば、「自転車は積めないよ」とバスターミナルの
オヤヂにイヤミを言われることも減ってくるだろう。
 
さて、予想通り、36号線は羊ヶ丘を過ぎたあたりから渋滞で、アウト
レットの駐車場もかなりの待ち。そこをスイスイと通り抜けストレスなく
駐輪。またどんなに素晴らしい商品があったとしても自分がバックで
抱えて帰るだけの分しか買い物ができないという制御力が作用する
ので買い物魂に火がつきにくい。しかも漕いだ分カロリー消費もばっ
ちりでランチだって超旨い!
 
当然ながら、ガソリン代もかからず駐車場代もかからずエコで健康
な自転車。五感を使いストレス発散にも効果抜群な手軽なスポーツで
且つ道路真っ直ぐ景色満点北海道で走らないでどこ走る。
   
  

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »