« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

前向きですがなにか

出張のお供にと、札駅の書店に出かけた。今日は「気軽に読めるも
の」とテーマを決めて店内を回遊することに。そして嗚呼来てしまった
スポーツ雑誌コーナー。
 
サラリーマン男子に混じり自転車雑誌を目で追うと、いやいや増えた
増えた自転車雑誌。1年前でも、モータースポーツやバイクに押されて
数種類「一応自転車です」と奥ゆかしく置かれていたし、内容も「ツール
の軌跡・スキルシマノの挑戦」的専門内容が多かった自転車雑誌なの
だけど、今日確認できただけでも10冊以上。しかも専門的というよりは
ビギナー向けでお洒落ムードが漂う。中にはV6のメンバーが表紙になっ
て「自転車でオトコを決める」とかカッチョいいものや、なんと女性向けの
「可愛い街乗り特集」とか言う専門誌も。自転車というと男性のものだっ
ただけに、こりゃインド人もびっくりだ。 
 
聞くところによると、東京などでは、自転車通勤で、自転車のラッシュ
が激しくあるとのこと。東京で流行ってるならきっと自転車人気が全国
区になるのも時間の問題。しかし札幌は東京の流行が3年から5年
遅れてやってくると言われてるだけに、札幌が自転車人気が沸騰する
のはもう少しかかるかもしれないなぁ。
 
しかし私がスポーツ自転車を愛好して早や5シーズン目。決して狙って
るわけじゃないけどまぁ言えば流行の先端ってやつになるのかしら。
実はこの冬からスパイクタイヤでの雪道の自転車通勤をはじめようと
思ってるのだけど、それって更に私って流行の先端を行ってしまっちゃ
うワケ?と、あまりの時代の先取り方にシーズンオフに入りかけの愛車
をなでなでしながら勝手にご機嫌な超前向きな自転車乗りなのでした。  
 

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

事例報告会IN十勝

突然ですが
明日帯広で今年道庁から委託されている
「コミュニティビジネス」関連の
地域でのイベントを開催します。
 
今、十勝では女性が元気!
 
参加者は現在女性が超優勢!
十勝の元気な女性や十勝の地域の底力を
ご覧になりたい方は是非お越しください。
 
受付ではワタクシが微笑んで皆さまのご来場を
心よりお待ちしておりますheart04
  
 

| | コメント (0)

2009年10月27日 (火)

自慢にならんぞ

森の生活という下川町のNPOさんで、いわゆる森林セラピーなるものを
体験した。森林などで五感をいっぱい使って時を過ごすと言うことは副交
感神経を活性化させて交感神経とのバランスを整え、リラックスさせたり
ストレスを解決する効果があるそうだ。
 
そういえば先日プロの自転車乗り氏が、自転車などを趣味にして五感を
よく使っている人は精神的にバランスが取れ「うつ」などにならないのだと
ご陽気に言っていたなぁ。
 
五感とは[感覚、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚]とのことだそうだけど
確かに先週末自転車に乗っていると紅葉の美しさや鳥の声、木々の甘
い匂いや頬に当たるやわらかい風、そして地元の美味しい旬の食材
などを満喫。その他車に注意したり「この峠を越えてやるぜ」と自転車に
集中する時間があったりと、五感を使いまくり。肉体的な疲労も手伝って
その夜は少しのビールでお休み3秒で超熟睡。きっと嗚呼楽しいなぁと副
交感神経UPしまくり、ストレス解消しまくりということなのだろうなぁ。
 
ということは、わざわざ遠方まで出かけなくても札幌では30分も郊外に
向けて漕ぎ出せば五感を刺激する機会は盛りだくさん。下川の専門家に
教えてもらわないと、札幌の人は五感の使い方すらわからなくなってしま
ったんだろうか。
  
森林セラピーの前後で医療機器を使った交感神経等の計測をしてもらえ
るのだけれど、同行した比較的ご陽気な視察チームを見ていても、セラピ
ー後、副交感神経の値がUPしたことよりも、セラピー前の交感神経の値が
高いのを見て「こんなに疲れてるオレ」状態をうひうひヨロコンデいるヤカラ
が多いのじゃないだろうかと想像して、日本のストレス社会を危惧するご陽
気なストレスフリーの自転車乗りなのでした。
  

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

オトナ買い

百貨店の催事といえば本州じゃ北海道展がダントツ人気という
記事を読んだが、私的一番楽しみにしている催事は札幌東急
百貨店秋の恒例の「大阪博」。ちょうど今週大開催中で、懐かし
さのあまりついついブースに引き寄せられ、売り子のおばちゃん
が関西人だったりすると自然にボケと突っ込みが始まりノリもよく
試食などしたものなら買わずにいられようかっ。
  
そして一番の難関が言わずもがな「阪神タイガースコーナー」。
数は少ないが阪神百貨店に行かなければ買えないグッズが
魅力的に並んでおる。何が売ってるかなとちょっとのぞいてみ
たら最後、買いたい気持ちとお財布との狭間で思考回路がショ
ートしてフリーズしてしまうこと請け合い。そして同様にフリーズ
しておる同士数名と「どうしよう買おうかな、必要かと言われれば
困るけど、でもせっかく売ってるし」とがっちり固まるのである。
 
ラッキーちゃんボールペンを手に彼らと一緒になってフリーズして
いると 気がつくと隣で同じく激しく固まってる虎仲間の男子を発見。
通常お互い球場で法被等の阪神グッズに身を固めた状態でしか会
ったことないのでスーツなど着ていると気がつかなかったのだが、彼
の手にはなんと定価2万円もするジャンパーが。間髪をいれず「そり
ゃ買わなアカン絶対後悔するよ、ほれ着てごらんよ、うわぁめっちゃ
カッコいいわぁ」と、あることないことを放言していると彼もその気に
なって「おしっ買うしかないっ」と鼻息荒くジャンパーを手にレジに直
行して行くのであった。
 
しめしめと訳のわからん達成感を満喫しながら、私もラッキーちゃん
ボールペンと阪神イヤリングをまんまと手に入れ満面の笑で会場を
後にしたが、もし阪神コーナーでフリーズしてる人を見つけたら「そり
ゃ買わなアカンで」とそっと背中を押してあげてください。また買って
きたの?と家族になんと言われようと、欲しいモンは欲しいんじゃぁ。
 

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

なぞの四角

長旅に欠かせないものといえば、読みかけの単行本にお気に入りの曲
を入れたipodそして日記・・・。くらいカッチョいいことを言ってみたいもん
だけど、出張となると機能性重視。着替えは洗うから最小限にして、どう
しても持っていかなければならない書類とサンプル品の化粧品は現地で
捨ててきて、と荷物を出来るだけ少なくしようと心がけるのだけど、最近
持っていくことが増えたのはPC。
 
最近のビジネスホテルはほとんどLANの口がついててネット使用が可能
だし、自宅に帰って、うんざりメールが来てたらいやだなぁ、あのデータ
作っといたほうが後々ラクだよなぁと、ついつい出張先でもPCを広げる
ことが多くなり、ついに先日ネットブックなる軽い小さいPCを買ってしまった。
 
確かにPCだけは軽いけど、曲者なのがコード。PCのコードとLANケーブルに
携帯とipodのコード・・・となると、結構な重さとカサ。PCとかipodのコードに至
っては線だけ出てりゃいいもんを途中のでかい四角いのは何のためっ。
 
窓外の紅葉の美しさに心癒されながらも、windows7発売でーすと新機能
もいいけど、早急にコードの軽量化スリム化に力を入れて欲しいと願う
出張中のストレスをコードに向ける出張な秋なのでした。
 

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

薔薇の漢字は難しい

青い薔薇が苦節20年ついに咲いたそうだ。でも見てみると青と
いうよりは紫。「紫の薔薇」と言えばそうガラスの仮面の「紫の
薔薇の人」しかないじゃないかぁ。
 
1972年から続いている美内すずえ先生の超長編漫画。その紫
の薔薇を主人公の北島マヤにヒソカに送るという金満社長的
発想の持ち主は大都芸能社長令息あの速水真澄だったのだっ!
という事は読者ならご存じかと。
  
しかしこの「紫の」というフレーズを見ると思いだす人がいる。
あれはもう10年くらい前。某大手広告代理店の当時エグゼク
ティブなんちゃらというカッチョいい肩書を持っていた男性で
言葉遣いや態度からしても頭も切れるが「育ちもいいです」的
な紳士。どんなショーもない案件でも丁寧に対応し、ナイスミ
ドルってこの人の事やな、と思っていたのだけど、一つだけ
彼に聞いてみたかったことが。なんと彼の髪は白髪を軽く染め
ておられたのだけど、その色が何故か紫。当時カラーに失敗
したおばちゃんかプードルくらいしか茶や黒以外は染めていな
かった時代、当然、何故紫なのですか?と聞く勇気もなくヒソカ
に「紫の髪の人」とニックネームをつけたのはいうまでもない。
  
なんでも青い薔薇のブランド名は「喝采(かっさい)」を意味する
「アプローズ」で、花言葉は「夢 かなう」とした、とのことだけど
名前や花言葉を見ても、製作者としては、やっぱりこの青い
薔薇は速水社長のようなジェントルマンが北島マヤのような
女優に贈って欲しいと想像して作ったのだろうかと勝手に考察
をしつつ、あの「紫の髪の人」がその「紫の薔薇」を抱えた所を
想像して、めっちゃ紫やなぁとよくわからん感心をする薔薇には
ちょっと縁遠い個人事業主なのでした。
  

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

ホスピタリティな秋

今週は久しぶりに下川町に伺う予定。下川町さんとは当時ペーペー
だった職員が役職とかついちゃったりするほどの長いお付き合い。
よろしくですとそのスタッフさんに電話をしてみると「おもてなし隊も
対応させていただくことになると思います」とのこと。
 
「おもてなし隊」とはなんぞやと尋ねると、民間のほとんどボランティア
組織で、町外からの訪問客に対応するお世話役とのこと。そういえば
最近道内の自治体では「おもてなし隊」が流行のようでよく耳にするの
であるが、「おもてなし」という言葉が北海道で使われるようになった
のはごく最近のことではなかかろうか。
 
実はその「おもてなし」とは何よ、と長い間苦悶中であったのだ。いつか
らかというと、そうあれは、かれこれ10位前。呑気に温泉じゃぁと訪ねた
JRニセコ駅の観光案内所で外人さんが?マークをたくさん出して「困っ
てます」風だったので、どうしたのだとしゃしゃり出てみると「OH!観光
したいデース」のこと。当時珍しかった英語版の観光案内書を渡して一
件落着よしよしと悦に入っていたら、また外人が?マークを噴出していた
ので、何を見たいのだと聞き返したら、こうきた。「ホスピタリティデース」。
こちとら「紅葉」とか「温泉」とかの名詞が返ってくると思っていたので、
観光案内所のおねーさんと「ホスピタリティだって」とハニワ顔になって
からである。
   
外国人観光客も増えて、名所旧跡を「はいっここは15分出発です」と
忙しく回る日本的観光パターン以外の観光もあるのだという認識が
出てきた感もあるが、しかし各地に出来ている「おもてなし隊」の皆さん
も、多分日本ではまだ十分理解されていないだろう「おもてなし」の意味
についてじっくりと議論したことがあるのだろうか。
 
先日悩める私の目からウロコが落ちまくりのことが。帯広の某接客が
北海道一と言われる有名お菓子店の社長の講演を聞くチャンスに
恵まれ、質疑の時間でラッキーなことに多くの質問から「おもてなしとは
どう思いますか?」に答えてくださったのだが、社長曰く「おもてなしとは誰
かのために自分の時間を使うこと」。北海道の「ホスピタリティ」が文化
として根付くのには時間がかかるだろうけど、今はおもてなしをしようと
してる人たちが色んな地域や立場の人とたくさん「北海道のホスピタリ
ティについて議論した方がいいんじゃないかなぁと思う観光の秋なのでした。

| | コメント (0)

2009年10月19日 (月)

鉄子の冒険

週末は久しぶりは網走まで出張あり。鉄子である私は当然
往復はJR!寝てる人もたたき起こされる遠軽でのスイッチ
バックもオシャレじゃないかっ。
 
帰りのJRは13時26分の特急オホーツクに乗車。定石ならば
網走駅名物「かにめし」等の駅弁を購入し、と行くところだろ
うが、地元の物は地元民の買う所で、をモットーとする地元スー
パー・デパ地下探索隊の一員である私は、早速前日にチェック
していた地元民であふれるスーパー「BASIC」(地元の酒屋さん
が始めたそうでパチンコ屋かと見まごうばかりに明るく清潔)に
立ち寄りお昼を購入しようというナイ~スな行動に。 
 
更にナイスな事に今の北海道は秋のグルメシーズン真っただ中。
北のお魚はどれも旬なのだけどサロマ湖の牡蠣などの貝系が
ばっちり旬。その中から、カニの身どっさりカニ飯とサロマ湖のお
刺身用ホタテをチョイス。おっと醤油代わりに西洋わさびの醤油漬
とオホーツクビールのピルスナーも忘れずに付けても合計1,400円
という格安且つ豪華版だ。いいぞBASIC!
 
嗚呼北海道って美味しいなぁと動き出した列車で戦利品を
並べ昼ビールという豪勢なランチをいただきつつ、鉄子のおい
しい出張は今週は下川町、来週は帯広&北見、その次は
函館そして釧路・・・と強硬且つ気力体力勝負なJR旅はあと
しばらく続くのでした。
 
P505i0027721974  
網走湖をバックに
サロマのホタテを撮ってみました。
サロマだけにさぁろーま(さぁどうだ、と言いたかったの・・・)

| | コメント (0)

2009年10月15日 (木)

あのやんちゃ坊主も今年30

月末に依頼されている講演で少々昔のことを話をしようかなと
思いつき、当時の写真データが確かあったはずと机をごそごそ
してみると、おおっこれこれ、と見つかったのはいいんだけど、
なんとそれらはフロッピー・・・。
  
スタッフに「フロッピー読める?」ととりあえず聞いてみるも返答は
「無理です」。
 
それは2002年春の写真データ。その頃IT業界は、ワンコの年を
取る早さと一緒で1年で6年分進むとほど早いから「DogYea」rと
言われていたことを懐かしく思い出した。今はきっと当時よりも
進化する早さが進んでいるだろうから、何Yearと言えばフィット
するんだろう。
  
と、手元でただの薄くて黒い物体と化したフロッピー君たちを眺め
ながら、自分も2002年からは7歳年取ったことは棚に上げたい
と思う個人事業主なのでした。
 

| | コメント (0)

2009年10月14日 (水)

愛しのポール

日本テレビの「ケンミンショー」という番組でで毎度「秘密の大阪」
というコーナーあり、関西限定のオモロイ習慣を教えてくれてい
つも爆笑してるのだけど、関西を離れて早や30年。でも「これって
関西だけ?」ということが結構多い。例えば
 
・空気の刀や銃で撃たれたら「ううっ」とリアクション大きく倒れる
・男前を表す擬音は「シューっとした」である
・誰かが「しまったしまった」と言ったら「島倉千代子」と続ける 
 
そして関西のファストフードの定番「ポールウィンナー」が関西
限定発売なのも、この番組で知たのだけど、なんと先日大丸の
札幌店のハムコーナーでポールウィンナーを発見してしまった!
 
そう、ポールウィンナーと言えば、何を隠そう見た目は赤いセロ
ファンに包まれ歯でにゅーっとひねって引っ張るイワユル魚肉
ソーセージと同様の形状なのだが、中身はオール四足(魚肉なし)
関西人の冷蔵庫には必ず常備してあるという定番商品であーる。
  
当然さっそく購入し自宅に着くや否やにゅーっと剥いて食べてみると
あまりの美味しさに腰を抜かし救急車を呼ぼうかと思ったほどだ
(関西人特有のオーバー表現)。
 
そして今日も「1日1本」と我慢しながら、関西人しかリアクションは
もとより、そもそも空気の刀や銃で人を切ったり撃ったりしないと聞き、
なんと潤いあるコミュニケーション文化を我々関西人は持っちょるんだ
と、関西を力技で称えつつポールウィンナーが沁み入る秋の関西人
なのでした。
 
P505i0027066609これがポールウィンナーでおまんがな
焼いてもよし、もちろんそのままでもよし
ウィンナー界のスーパースター
キング、世界一でっせ(大袈裟)

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

私の卓越

今日あのミシュランガイドの関西版が発売されるとのこと。以前
東京版が出た時には「星の大盤振る舞い」など言われたほどだ
ったらしいが、もし札幌版が出るならあの有名寿司店は3つで、
あの有名シェフの所はもしかして星なしだったりしてと、僅かな己
の経験からうひょうひょと寸評してみるのだけど、ところで星って
なにさ、と調べると、星の数の意味にはこういうことになるらしい。
  
(1つ星) その分野で特に美味しい料理
(2つ星) 極めて美味であり遠回りをしてでも訪れる価値がある料理
(3つ星) それを味わう為に旅行する価値がある卓越した料理
  
実は何軒か星3つのレストランには行ったことがある(自慢)のだけど、
しかし!私にとってはそれらの店を超える「その分野で特に美味しく
遠回りや旅行から帰ってきたりしてヘトヘト状態でもにそのために
行きたくなる料理を出す卓越した店」を知っている。
  
そこは、おでんや串カツがやたら旨く超年季の入った居酒屋なの
だけど、基本中の基本、冷え冷えの グラスで生ビール(エビス)
を細かい泡で出してくれ、そして何食べても超旨く、ステキなことに
良心的な料金。そして大事なのは、他の常連さんが皆さん大人で
気分よく飲まないヤツはやんわりお帰りいただき、大人が機嫌よく
酔えて会話も楽しめる居心地。そしてその店の常連として認識され
るには大人の先輩たちと大将の厳しい審査に合格せねばならず
修業の時間がかかるという卓越した店なのである。    
   
ちなみに東京版ミシュランの調査員らしきヤツが来たときの怪しい
行動として、席に着いた直後に皿を裏返してしげしげと眺める 、2名
で来店し、1人がアラカルト、1人がコースで料理を注文する 等があっ
たらしいが、我が3つ星店ではそんな皿をひっくり返すような怪しげ
な行動をする奴は大将が追っ払ってくれるに違いなし。と書いていた
ら先週食べた秋鮭のバター焼とか里いもの煮っ転がしなどが思い出
され、嗚呼今夜も行きたくて喉を鳴らしてしまう北の大地の実りの秋
なのでした。
 

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

いよいよ北海道

強烈な台風が今秋もやってきた。朝からテレビは台風のことで
もちっきり。今朝愛知県に上陸したということなので、先ほど
実家に電話をしたら「近くの店屋の看板が飛んでなくなってた」
被害以外には母周辺ではなかったようでほっとしているところ
なのだけど、我々北の大地にはいよいよ接近。
 
しかしいつも悲しいながら、どんなに兇暴な台風でも関東圏を
通り過ぎるとピタッと報道がなくなる。北海道に今や上陸しか
けておろうとも「もう昔の事です」的にワイドショーでは殺人事件
とか女優の離婚話などで盛り上がっちょる。
台風報道を見るとよくわかるけど、日本人やマスメディアの北海
道への感心ってこんなもんなのさっ。
 
でも明日はJRで函館出張あり。台風が早く過ぎ去ってくれて
定刻で無事出発したいなぁとネット天気予報を見つめる北海道
の個人事業主なのでした。
 

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

そんな時代もあったよと

マーケティングの講義の準備をしていると、必ず出てくるのが、その昔
いわゆる高度経済成長期の時代、企業が大量生産して売り上げ命と
押し売り的に営業マンが強烈に売った時代があった、というのがある。
現代はBtoCとか個人ニーズとかマーケットインの時代とか言われて
長いけど、本当にその時代って終わのかなぁ。
 
というのも、たまに自宅マンションでSOHOしていると、意外に多くピン
ポンと訪問者がある。もちろんアポじゃなくで大抵は営業さん。営業の
王道、、新聞から電話回線、子供をつれた宗教の勧誘。そして自宅の
電話は公開してないはずなのに、マンション販売や資格勧誘やらよく
聞く会社から怪しい会社までハイテンション且つマニュアルです的電話
が色々とかかってくる。さらに勝手にFAXで経費節減しますと送ってくる
所や(紙代インク代返せ~)DMでは化粧品やなぜか昨日はたらこセット
販売のチラシも。
 
たまに関西人の血が騒ぎ、営業マンと対決してみたい気分になること
もあるけれど、買う気が一切ないのに申し訳ないと予定していた宅配便
以外ではドアを開けることはないが、いやしかし個人情報保護法が出
来て長いのに、皆さんどこで住所や電話番号知ったか知らないけど、
営業頑張ってるなぁ。 
  
生き死に以外の経費は削りまくっている最近の家計を相手に、ちょっと
前の時代と比べると同業者や同様の商品溢れ、あの手この手の強烈
な営業をかけないと売れない時代なのだろうか、となると奥手の道産
子企業は苦戦を強いられてるのだろうなぁ。加えて本州バリの営業を
させられている多分契約だったり能力給だったりする北海道人の営業
マンさんは相当お疲れなのかも、と、ドアフォン越しに見えるお疲れ顔
の営業マンに頑張れ~とヒソカにエールを送りつつ、経営者と従業員
の心配をしてしまう同じく能力給にじっと手を見る個人事業主なのでした。
 

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

見た目きっちり

最近はプレゼンの講義をすることも増えた個人事業主で
あるが、まず講義の冒頭に話すのが「人間見た目」という話。
 
色々学説もあるけれど一般的に良いのか悪いのか、人に
は固定観念があり、医者が白衣を着たり、詐欺師が船長の
格好をしたり(この間そういう事件があった)と「それっぽい人」
というだけで理由もなく説得力や信用度が増すそうで、自ずと
反応が変わってくるものらしい。だから、くれぐれもプレゼンの
際はPPTの内容も大事だけど、まずは服装や髪形や話し方
も大事なんですよ、と促すことが多い。
 
さて、よく晴れた秋の日、あまりの天気の良さに思い立ってちょ
っと遠くの公園まで自転車に乗りたくなった。早速細くてカッチョ
いい愛車のTOKYOBIKE号で出動。近場だし慣れてる道だし、と
ヘルメットなしにジーンズというそのままの格好で出かけた。いつ
ものように軽快に車道を走っていると、うむ?なんだか車が妙に
幅寄せしてきたりいつもより車のプレッシャーがキツイ。しかも
プレッシャーは強くなるばかり。しまいには「危ないよぉ~」と
フザケ調子でちょっかいをかけてくる助手席オヤジも。なんで?
私は普段通り走ってるのに?
  
数日後同じ道をバリバリの派手派手サイクルウェアにサング
ラスにメット着用で走ってみると、車との関係は超スムース。
むむ?なんでこんなに違うの?それは多分、同じスキルで
あっても、バリバリ自転車乗りは「コイツは交通法規知ってて
道路に慣れちょる」とドライバーが判断、少々迷惑でもしょうが
なし。逆にオンナ一人の普通格好自転車はチョロチョロ迷惑で
ちょっとぉ危ないんだけどさ、ということか。
おおこれこそ「人間見た目」。
  
今後、安全対策としても、幅寄せ等は怖いので、自転車で出か
ける際は少々近場であってもメット着用派手ウェア着用で出かけ
ようと心に誓いつつ、今夜のちょっと難しい系の講義の先生用に
着て行こうとしていたスーツにバリっと念入りにアイロンを当て直し
キリッとした顔などを心がけようと思う普段より少々眉間の皺に
力が入るプレゼンの先生なのでした。
 

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

偏ってます

私が熱虎だとご存知の広島出身の正統派カープファンの教授の某
大学で講演をさせていただくことになった。当日講演前の打ち合わせ
より少し早く到着したこともあり、お互い「まだあきらめてませんぞよ」と
クライマックスシリーズについて熱く語り合っていたら、もう一名の講師
が到着。その方は会議などでよくご一緒する経営コンサルタントとして
著名な女性の先生。教授とあまりに話しが盛り上がっていたものだから
つい先生にも気軽に野球はどちらのファンですか?と聞いてしまった。
 
北海道では日ハムファンが急増しているので、日ハムファンだと返答が
くると思いきや「ごめんなさい、私昔から原さんと松井のファンで・・・」。
おおこんなところに居た、本当の巨人ファン。聞くところによると最近は
昔は巨人ファンだと言ってた多くの道民が日ハムにチェンジしたと聞くが、
それでも私は巨人ファンといい続けるの人は本当の読売ファン。こういう
人とは贔屓球団を超えてちゃんと野球の話ができるから楽しい。 
 
というか、今の北海道での日ハムの報道については以前から疑問が
あった。プロパガンダとまでは言わないでも、日ハムファンじゃなかった
ら北海道人じゃないと感じられるような過激な報道。昔の北海道を知る
人に言わせると昔の北海道における読売が行っていた偏った巨人報道
ととても似ているというのだ。
 
北海道に本拠地がある地元チームを応援するのは王道だろうけれど、
それは誰かに誘導されたりするものではないはず。福岡ではホークス
ファンが多数いるが、それは西鉄というチームがあったという歴史的視点
から見ると今の北海道とは全く素地が違う。北海道にいわゆるプロ野球
ファンが出来上がるのは、ホークスを事例にしても今見てる子供たちが
親になってその子供と札幌ドームに行く頃あたりまではかかるのだろうなぁ。
   
野球ファンが増えることはいいことで、きっかけ作りとして応援が楽しいと
いうのはいいことなのだけど、今の日ハムファンは野球が好きでというより
は応援がしたくて球場に赴くファンが多いような気がしてならない。だから
だろうか日ハムファンと野球の話をしても、野球のことより応援スタイル
ばかりの話になるのだけど、その日は熱狂カープファンと根っから巨人
ファンと熱く「野球」の話ができてちょっと嬉しかった偏屈虎党なのでした。
  

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

こなもんず

北海道に移り住んで15年。すっかり寒がりになり、手袋を履いたり
東京出張のときにテレビで「水曜どうでしょう」が映ったらやたら
うれしかったりと、嗚呼私も北海道のライフスタイルに馴染んできた
かしらと思う関西人ではあるが、しかし、そのような我々北海道生活
が長い関西人には共通する悩みがある。それは「粉もん中毒」。
 
それは、ある日平和に生活しているその時突然「ああぁぁ粉もん食べ
たいっ!」という強烈な中毒症状が現れるのである。緊急を要する場合
はランチ等にコンビニのたこ焼きや等を食べ、粉もんを脳にいきわた
らせてとりあえず中毒症状を抑えることになるのだが、その原因は、
関西圏以外では粉もん文化が希薄なため、粉もんの摂取量が極端に
減少することだと考えられるが、その他に連れ合いが関西圏以外出身
者であった場合、関西的頻度級の晩御飯お好み焼きという機会が失わ
れるために、恒常的に粉もんに触れ合えない状況が続くということにも
あるのではと考えている。
 
道産子を亭主に持つ我が家でも、夕食たこ焼きというのが難しいため
その問題点解決の対策として実施するのが「たこ焼きパーティ」。関西
圏以外のゲストの前でガス式のたこ焼き機で「くるっ」と焼いて見せれば
「すご~い」等言われスターにもなれるし、「焼いてみる?」というイベント
性も含み、しかも力いっぱいたこ焼きが食べられるというミラクル且つ
完璧な作戦である。
 
ある日私から「たこ焼きパーティ来ない?」と優しく声をかけた日に我が家
にお越しいただくと、多分目が血走り一心不乱に「そんな大量に作ってどう
するの」的なたこ焼きを焼きまくっておりますので、どうぞご一緒に粉もん
を心行くまで力いっぱい食べていただければ私も本当に幸せです。
 
P505i0026476779 
外はかりっと中はふわふわ~
嫁入り道具のガス式たこ焼き機は
スグレもんじゃ

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »