« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

肉写真

夏のおもひでを取ったデジカメのデータとやっとPCに
取り込んだ。いやいや今年も色んなところに行ったなぁ
と眺めてたら、なんだか各写真に共通したカットが必ず
ある、それは・・・肉をウレシソウに食べてる写真。
  
北海道は実は牛肉の名産地だから○○牛というのが
いたり、また言わずもがなジンギスカンも有名で其々
味が違っていたりするし、その他にも豚だって鹿だって、
ダチョウだっているんだぞぉ。
 
嗚呼、肉王国北海道万歳!
 Dscf0471 P505i0008  
P505i0018677977生ラムジンギスカンに
地元牛100%ハンバーグに
蝦夷鹿ステーキ・・・
満足満足pig

| | コメント (0)

2009年9月28日 (月)

この夏のおもひで

皆さまシルバーウィーク明け、仕事してますかーっ。
さぞや山へ海へと「往く夏のおもひで」をたんまりと作られた
ことかと拝察。
  
我ら自転車乗りも西へ東へと当然漕ぎだしたのですが今年
は一度やってみたかった「旭川から札幌150㌔」に挑戦。
石狩川河畔の旭川サイクリングロードから深川に抜け滝川
で松尾ジンギスカン本店で上ラム定食を食べ、スイーツな
砂川ではジャンボシュークリームを頬張りと漕ぎまくり食べ
まくりしながら、無事札幌まで走破。朝8時に旭川を出発して
逆風や気温の低さと戦いながら札幌には夕方6時には入る
ことができて、馴染みの居酒屋での慰労会で飲んだ生ビール
と串カツがやたら沁みた激走でした。
嗚呼自転車って楽しいなぁ~。この週末、国道12号線で牛柄
のサイクルウェアを着込み、優雅且つ必死のパッチの自転車
乗りを見かけた方、それはきっと私です。
 
ちなみにシルバーウィーク初日の日曜、旭川激走に向けてトレ
ーニングを兼ねて定山渓温泉まで走ってる最中。元カウボーイ
くらいで、走り去る助手席から「太田さ~ん」と必死で手を振って
くれた貴女。突然の声援だったために個別認識ができません
でした。是非名乗り出てください。誰だっただろうかと、シルバー
ウィーク明けでメールや書類がたまっているのに、気になって
仕事に身が入りません(責任転嫁)。
 

| | コメント (0)

2009年9月24日 (木)

札幌駅派

野球のことはよくわからないのだけどどうも最近日ハムじゃない方の
リーグで東京のあまり読んだことがない新聞社のチームが優勝した
らしい。へぇ~
今朝新聞を見たら、その東京のチームが優勝したから札幌の某百貨
店がバーゲンしますと広告が出ていた。ええっなんで全然関係ない
新聞社の優勝をお祝いするのぉ?
  
昔その新聞社チームのファンだったという大半は今や日ハムファン
に寝返りその新聞社の公式戦は空席があるほど。確か虎がカッコ
いい関西のチームは満員でチケット入手困難と聞くけど、そのチーム
は北海道じゃ人気チームじゃないのになぁ~。
第一そんな東京の新聞社の応援歌とかマスコットのついた服を着た
店員さんがいるところでお買い物したくないから、しばらくその百貨店
には近寄らないことにしよっと。
  
ここは北海道。日ハムが優勝したならバーゲンはわかるし。コンサドーレ
が優勝したなら白い恋人でもお値段以上の家具でも買おうってもんじゃ
ないかっ。っていうか、地元密着で頑張りますとかその百貨店言って
なかったけ?あれ~おかしいなぁ。
  
もしかしたらその百貨店の本店が東京だから東京のチームをお祝い
するの?だったら東京と名前についてる乳酸菌のチームが優勝しても
絶対優勝バーゲンやれよっ!
 

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

天知る地知る我知る

シルバーウィーク皆さん連休してますかぁぁぁ~。
今年はお天気が今ひとつで日焼けも例年よりは甘い自転車乗りは
このお天気の良さにじっとしてるわけがなく、今日は東へ明日は西へ
といつもよりちょっと遠出して各地でちょうど開かれている秋祭りなど
で名物をほぉばってと北海道の味覚を満喫している毎日であります。
  
道中100㌔近く漕いでるとやはり助かるのが我々のエイドステー
ションであるコンビニ。水分補給等ににめっちゃ活用させてもらう
こと多し。自転車を店の前に置いて店内で買い込んだ食糧などを
食べながらストレッチなどでしばしコンビニ前で休憩、となるのです
が、しかーし、いつも気になることが。それはコンビニのゴミ箱。
 
というのも、車から降りてきた人が躊躇なくどかんとゴミ箱に自分の
ごみを放り込むことがあまりにも多い。中には分別してそうもなかっ
たり、あきらかに自宅のゴミじゃろというのを大量に捨てるヤカラも。
ヒドイわっ。
 
最近はコンビニ側も自衛のためか、店内のイートインスペースの横
にしかゴミ箱がないお店も。そういう場合は「あれっ」とか言ってゴミ
捨てをあきらめるドライバーも。
 
冬でもないのにアイドリング長すぎの車もまだ多い感じもするし、北海
道のドライバーのマナーはどうなっちょるんじゃいっ! 
  
誰も見てないと思っても、お天と様と自分はわかっちょるのになぁと
思いながら、コンビニ前で体育座りをしながら、オモムロにバナナなど
を頬張ってる姿は、ちょっと前のヤンキーちっくなことは否めないと
いう自覚がある、秋の自転車乗りなのでした。
 

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

4人分・・・

東京在住の親友が今度高知で結婚式に出るというので高知に
ってどんなところ?と質問がきた。というのも実は私の母方全員
高知出身なのである。 
 
母方の親戚は全員揃って酒豪、その正しい土佐人に言わせる
と私も土佐人の気質が十分あるらしいのだけど、特に高知の
女性は男性の気質「いごっそう」と対比して「はちきん」と言われ
ているらしく、どんなものかとネットで調べてみることに。
  
高知県庁のHPにあるらしいが、県の決めた「はちきん」の定義
によると「8つの玉(一人2個もってるから)4人の男を手玉に取
るほどのなかなかの女」という意味があるらしく、細かく下記
のように定義されていた。その一部を紹介すると・・・
   
はちきんとは
・男友達が多い
・亭主の替わりはいくらでもいると思っている
・反骨精神
・お金が無けりゃ自分で稼ぐ
・運動会は当然一等
・泣かされいう子がいたら黙っちゃおらん
・一般的に女性的といわれる「イヤーン、バカーン」を非常に嫌う
・ダンナの手におえないヨメサン
・異常にプラスエネルギーのみが高まったいつもハイな女性
・ごちゃごちゃ言うやったら、あたしがやっちゃらぁえ
・言いたいことを言うが、言った後はサバサバしている
・グサッとくることをサラリと言う。
・口も行動も早い
・行きずりの人でも面倒をみる
・自然と人が寄ってくる
・前世は絶対男であった
・アネゴ肌
   
・・・・・・否定できない私。いやーん、ばかーん。
  

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

EZO☆Bizでーす

今年度からコミュニティビジネスソーシャルビジネスの支援を
する「EZO☆Biz」という協議会の事務局次長を担当しており
ますが、その活動PRをかねて、道内各地訪問中ですが、北
海道は広い!こともあり、地域が持っている得意分野や、
抱える問題点など、地域によって夫々特色があるなぁと感
じてるところです。
  
さて、そこで、先日北見で開催された、移住イベント
「くらすべ・かたるべ・オホーツク」についてご紹介します。

これは先日も開催のご案内を書きましたが、北海道への移住
情報を提供するという老舗NPO法人私設北海道開拓使の会
の設立15周年記念事業として開催されたもので、オホーツク
に移り住んだ移住者が中心となってオホーツクへの移住ノウ
ハウや、移住者のホンネの話をご披露するというもの。当日
は150名を越すご来場者を数え、盛況に開催されました。
 
移住イベントというと、起業とかCBSBと少し離れているかと
考えてしまいますが移住者は地元の食材を使ったパン屋さん
やチーズ製造販売、地元の旬が味わえるレストランや、小学
校の先生やIT屋さんなど。皆さん大好きなオホーツクに住み
続けるために地域で必要とされていることや地域の特色を活
かしてそれを活用したビジネスを起こして「自立」している
起業家。
   
今回のイベントは、そんな起業家たちを業種や年齢や出身地
を越え、ゆるやかなネットワークをお互い確認できた機会に
なりました。
  
移住者ゆえに見える地域の姿や地域の優位性について深く
考えさせられたこのネットワークですが、緩やかに地域で自立
するための楽しそうなネットワーク・・・この協議会の役割を見
させていただいたように思いました。
 
今後もこういった色んなイベントに参加して北海道らしいCB
SBのネットワーク形成について勉強したいと思っております。
  
当日の詳細等、下記NPO私設北海道開拓使の会HPをご覧ください。
私設北海道開拓使の会 http://www.kaitaku.gr.jp/
 同 オホーツク支部  http://kaitaku-okhotsk.org/
 
+++++++++++
 
てな真面目なことも私書きこませていただいておりますので
是非下記協議会HPをご覧いただき
ついでに入会なんぞいただけると、超うれしーっす。
 
   

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

記念日考

男性に2つのタイプが存在する、それはパートナーが髪を
切ってきたのに全然気づかないタイプとわかるタイプ。
大方男性は前者のタイプが多いようだが、共通して言える
のが、前者は記念日などは全く覚えられず、後者は記念日
にサプライズ的に花束などを送れるタイプ。
 
さて、実は明日は結婚記念日。そして私の夫は言わずもがな
前者。今朝の言動から鑑みるに、明日が記念日であることは
当然気づいていないようである。毎年のように「今日何の日だ
っけ?」と当日朝に問いかけて彼の瞳孔がじわじわ開き「あぁ
そーだったね」とという会話が繰り返されているのが通年である
が、しかーしあまりそれ自体を責める気がない。
 
と言う私も、実は記念日を覚えるのが超苦手。結婚記念日は
もちろん夫の誕生日も忘れて出張を入れてしまったことがあ
り、反省を交えて過去予定帳に当日に☆印を入れておいたが
あまり早く☆印を入れたため、後にその☆が何かわからず
また出張を入てしまった。という過ちを繰り返したため、現在は
大きく明確に「誕生日」等表記。その後失敗はない。記念日で
失敗を繰り返している男性諸氏にこの方法は超お勧めである。
  
しかし大方の女性はパートナーが彼氏時代(新婚含む)
には後者のタイプの方が「あらこの人いつも私のことを考えて
くれているんだわぁ」などと勘違いすることが多い。というのも
こういう起用で右脳が発達している手合いは何事にも情緒的
で熱心ゆえ、記念日に花束を「他の女性」にも渡している可能
性が大きかろう。
 
世の不器用な亭主たちに乾杯bar
  

| | コメント (0)

2009年9月 9日 (水)

大人の言い訳

今週末はやっとお休みできそう級にこのところ頑張りました。
週末もデータ作ったり、突然アイデアが浮かんで
夜中にメモろうと起きだしたり
そしたら目が冴えて眠れなくなったりして。
だって仕事にはベスト尽くしたいし。
ううっえらいぞ私。
  
ということで以前より欲しかった阪神タイガースのグッズ
ネットで大人買いしました。
頑張ったご褒美ゴホウビ。
  
決して大人買いの言い訳ではありません。ホントホント。
 

| | コメント (0)

2009年9月 8日 (火)

ぼちぼちでんなぁ

えっと、私、バイリンガルです。関西弁と標準語の。
   
DNAが虎模様の完全関西人である私が普段仕事では完璧
且つ流暢な標準語を操り、「関西弁喋るとは全然想像できな
い」と思っておいでの方が、ふふ、多い今日この頃。日頃関
西弁と標準語をごっちゃにして喋らない作戦が見事労を効し
たようだ。
  
しかし普段そんなつもりじゃないのだけど、標準語に変換して
表現すると大きな反応が返ってきたりして少々キビシイ口調に
なっていまうことがある。いわゆる関西にしか住んだ事がない
外国人なのに関西弁しかしゃべれないイーデスハンソン状態
(古いしちょっと違う気がする)である。
  
一方、お互い「こいつ関西人や」と旧知の人の顔に会うと見た
だけでお互い不思議とコテコテの関西弁に豹変。ナチュラルに
ボケ突っ込みの応酬が始まるのであるが、しかしお互い関西弁
しか喋ったことがないので関西人の友人はお互い標準語を喋る
姿が想像できない。絶対標準語なんて話せないだろうと言い切
り合うし、万が一標準語を喋っている所を見かけたら絶対に
相手に文句を言う「気色悪ぅ(気持悪いこと)」。
 
まぁどれだけ私が本当ははんなりしたお上品な関西弁を話す
のか、まだ知らない人が多いのよね、と思いつつ、ちょっとは
北海道弁も操ることができるので、もしかしたら私ったらトリリ
ンガルなのかしらと悦に入る個人事業主なのでした。
へぇおおきに、したっけ。
 
 

| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

嗚呼私はプロファイラー

色んなところで様々な起業相談を受けることが多い個人事業主
ではあるが、その時まず伺うのがその人の今までの歴史。どんな
経験をされてどんなご家族でどんな環境で育って・・・と、その人が
その事業をしようとした価値観などがおおよそこちらが予測してい
たことと合うことが多い。んで、実は一番参考になるのが家族とか
お連れ合いとの関係。特に連れ合いとの歴史を伺うと、その方の
性格が如実に現れるので大変参考になったりする。
 
というのも「ビジネスと恋愛」とは似ている、というのが私の持論だ
からなんだけど、恋愛の際に熱しやすく冷めやすかったりとか、精
力的に押すタイプとか、見た目と違って結構まじめだったりとかが
判明したりすると今の仕事についてのプロセスとマッチするから
不思議。そして一番良くわかるのが別れた理由。その人の価値観
が一番はっきりするから超参考に。
 
そんなこともあって、起業の相談を受けていてある程度親しくなっ方
とか、それに加えてこれから一緒にプロジェクトを進めて行くとなった
人には、最初の飲み会でその方の恋愛についてやんわりと聞くことが
多い。ということで、私に「ねぇ今恋してる?」などと聞かれたアナタ。
私がマジでご相談に乗ろうとしているか、これから一緒にマジで仕事
しようとしている証です。いえ決して興味本位ではありませんので誤解
なさらないように、ホントだって。
  

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

むかしむかし

ある南国に住むお姫様がおりました。お姫様は今の暮らしは
別段ふじゅうはなかったのですが暑いのがちょっと苦手。どこか
涼しい国に子供たちと一緒に移り住めたらなぁと思案していました。
 
すると、とある涼しくて景色が美しい国の大統領から、どうぞ私
たちの国に是非移り住んでください。家もありますしお子さんたち
が来てくださればわが国の小学校が閉校せずに済みます。私た
ちは貴女たちを歓迎します、と知らせが届きました。お姫様は
喜んでその国に住むことにしました。
 
しかしどうでしょう。その国の大統領は本当はお姫様の持参金
が目当て。しかもその国の住民たちはよそ者が来ることについて
全く知らされていませんでしたし、できれば昔から良く知っている
今の仲間たちと変わらず安心して平和に暮らしたいと思って
いるのでした。
 
現実を知ったお姫様は悩みました。「おいで」と言ってくれた
から移り住んできたのに、どうして周囲の住人は私を好奇な
目で見るのかしら。お姫様はやっと気づきました、持参金だけ
が目当ての興し入れだったことに。
 
人を疑わなかったお姫様がいけなかったのか、それとも・・・。
  
明日はそこまで悲しいお話はありませんが
オホーツクに移住した移住者から
かなり「ホンネ」の話が聞けるかもしれません。
興味がある方は北見へGO!
不肖私がパネルディスカッションで司会などをいたします。
 
くらすべかたるべオホーツクイベントご案内

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

オトメのダバダ

日常、皮のソファにオモムロに座り眉間に皺を寄せ熱いコーヒーを
淹れて「ダバダ~」などと落ち着いて書籍などを読む状況になかなか
なれない個人事業主のとって置きの読書タイムは出張の移動中。
なんとか移動中に仕事をこなせんかと毎度経済書とか数字の多い
データなどの資料を一応持っていってみるも、結局面白エッセイなど
を読んでしまう事が多いのだけど。
 
先日もJRの中で遠藤周作さんの孤狸庵先生の方のエッセイを読ん
でおったのだが、その中で女性と男性の夫婦喧嘩について面白い
説が書かれてあった。なんでも女性は結婚して子供が生まれると、
自分の価値観の優先順位が1「母」2「妻」3「女」になるが、男性は
結婚しようが常に1「男」2「父」3「夫」。だから家庭において母である
女性と意見が合わないのはしょうがない。しかし女性だって例えよき
母であっても女性の部分が無意識の中にはあり、よい形でそのスト
レスを発散させたほうがよく、その手段として是非男性が仲間にいる
趣味などを見つけて女性扱いしてもらって発散してくださいよ、と書い
てあった。
 
ふむふむそうか、しかし手を当ててよく考えてみると私の場合、普段
仕事で周り全部男性と言うことが多いし、しかも趣味の仲間ってったら
由緒正しいおっさん中心の阪神の応援。連中の普段の発言などを鑑
みても私をオンナ扱いされているとは到底思い難いが、でも同年代の
母を優先している女性たちとほとんど接点がないし、もしかすると女性
と話するよりは社長とかオヤヂと話する方がラクかもしれない・・・。
 
それがいいのかどうかは判らないけれど、このことを孤狸庵先生の
話にあわせてみると私は今でも普段から「女」の部分を謳歌している
ことに。頑張って男性がいる場を探さないでいい、ということは見る
方向によるときっと「私って違いがわかるオンナ」なのよね。
とスーパーおお ぞらの指定席で神妙な顔でコーヒーなどをダバダ~
と飲んでいたものの、もう一度手をあててよ~く考えてみると、最近
女性社長たちから「貴女と話してると男性と話してるみたい」と連続し
て言われたことを思い出し、微妙なオトメゴコロを車外に見えるどこ
までも青い空と車内販売のおねーさんの優しい笑顔に癒されてしまう
オヤヂ化更に激しい気がする出張中の個人事業主なのでした。
 

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »