« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

シラカバなのです

北海道の花粉症のみなさん、くしゃみしてますかぁ~ということで
桜と共にいよいよやってきました北の大地の花粉症の季節。
今日は特に多いのか、外がかすんでるように見えるぞぉ。
このGWは天気予報を見ると「やや多い」あたりの表示がずらり。
朝の花粉情報では、各局のテレビキャラクターがくしゃみして
おったわい。とほほのほ。
花粉といっても北海道の場合は杉ではなくて白樺。両方持ってる
のは珍しいですねぇと耳鼻科の医師に言われて全然嬉しくないが
ちゃんとお薬飲んで、いよいよ来た自転車のベストシーズン、バリ
バリにアウトドア三昧するぞと気合のGWの自転車乗りなのでした。

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

記憶にございませんオジサン

「誠に申し訳ありませんでしたっ」と毎日のように会社やお役人の
謝罪会見があるこの頃。会長さんあたりが出てきて頭を下げるも
のの、出てくる返事は「調査中です」「・・・と聞いております」とノラリ
クラリ。本気で謝ってません、というのが残念ながら伝わってくるし
哀しいかな多分テレビを見てる子供たちにもカッチョよくないと見え
てるんだろうなぁ。
 
比較するのもなんなのだけど、先日、濃紺のスーツに白いワイシャツ
細見のネクタイで質問者の目をじっと見て自分の言葉を使って一生懸
命答えようとしている草ぎ君の謝罪会見は本当の事を言いますという
思いや、本人の誠実さがにじみ出ていて、心から謝っている気持ちが
伝わってきたように思えた。謝罪会見のお手本だという人もいるけど、
草なぎ君会見に好意的な意見が多いのは、本人の誠実さも去ること
ながら全部本当のことを言ってもいい状況にあったからなのだろう。
  
思い起こせばその昔「日本列島大改造まぁそのぉ」という総理大臣の頃、
毎日国会で「記憶にございません」を連発した大人がいて、子供ながらに
あのオジサン、大きい会社の人でお金持ちなんだろうけど、ウソついてる
よなぁ、あんな大人になりたくないなぁと思っていた事を思い出した。
   
ノラリクラリオヤジたちだって、草なぎ君みたいに全部本当のことを言って
正々堂々とカッチョよく謝罪会見したいハズなんだろうけど、組織の中で生
きて行くには残念ながら仕方のないなんだろう。でもきっと彼らも子供時代、
記憶にございませんオジサンを見て、あんな大人になりたくないと思った
はず。大人になるってキビシイことなのね、とズバッと本音で生きていら
れてよかった心から思う組織とは縁遠いお気楽な個人事業主なのでした。

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

VELOTAXI運行スタート

突然ですが、VELOTAXI(ベロタクシー)ってご存じですか?
 
ベロタクシーとは1997年に近距離交通システムとしてドイツの首都
ベルリンで開発された自転車タクシーのことを言います。(ちなみに
《VELO》とはラテン語で車輪のことらしい。)
 
世界中で800台以上が運行され、2004年アテネオリンピックや2006年
サッカーワールドカップドイツ大会でも運行されたそう。
日本では2002年に京都で運行が開始されて以来、現在までに21都
市で100台以上が運行されていますが、ここ札幌でも昨年から市内
でこのベロタクシーが運行されています。
  
札幌では初年度6ヶ月間で約一万人の市民、観光客に利用されました。
市内で派手な車体を見かけた方もいらっしゃるでしょう!
    
さて!冬季休業期間を経て、今年は4月29日よりお目見えします。
見かけた方は一度是非ご乗車ください。ステキなベロドライバーが
市内を軽快にご案内します。春の札幌の風を満喫してください。
  
主な運行エリアは大通りを中心に3km、料金は初乗り500mまで300円
(大人1人)その後100mごとに50円加算。大体札幌駅から大通まで400円
くらい、でしょうか。時間貸し切りプラン 30分2000円 1時間3000円(1台)
というのもあり。
  
なお、車体スポンサーも募集中!エコで目立つ広告お考えのそこ
の社長さん!是非ご検討ください。
  
VELOTAXIの詳細や予約、または広告ご検討の方は下記まで
自転車最高!
  
 
VELOTAXI SAPPORO Partner
特定非営利活動法人 エコ・モビリティ サッポロ
tel:011-242-2555   fax:011-261-1920
URL :http://velotaxi-sapporo.jp
 
Top_img_read21これがベロタクシー
エコに興味ある方はモチロン
市内を派手に動きたい方にもお勧めです

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

とりあえず食べてみる

景色や道路がすんばらしいと、羨ましがられることも多い北海道の
自転車乗りは大自然の中を疾走して文句なく気ん持ちいい!ので
あるが、ちょっと気にかかるのが「熊」。今朝の新聞でも熊がそろ
そろ冬眠から覚めて山付近の道路で目撃されてるらしい。
 
とはいえ知人で熊を目撃したことがあるのはプロのアウトドア屋くらいで
気軽に熊を目撃することはまぁ普通の札幌市民ではないのであるが、
一応峠も越えちゃう自転車乗りとしては、念のため、熊に遭遇した時の
対処法を書店で調べることに。
 
なんでも熊は逃げるものを追いかける習性があるらしいから絶対走って
逃げるな、そしてもし熊がしつこくこちらを見るようであれば熊よりもこち
らが大きいと見せるようにシートなどをもってたらバサっと広げてみよ、
と書いてある。ふむふむ、じゃ、私たちは自転車掲げて「ほら大きいぞぉ」
とアピールするといいのだな。そして最後に締めくくる。「それでも近づい
てきたら、唐辛子などが噴射される熊撃退用のスプレーを鼻先に吹きか
けましょう。」
 
北海道の熊といえばヒグマ。体長2m体重は500㌔にもなるのも普通らし
い。時速60Kmで走ることも可能だという。足はやっ。実際、登別クマ牧場
で本人たちに会ってきたけど、人間のオリという施設では強化ガラスを挟
んで間近で熊に遭遇できるが、本物のヒグマは冗談みたいに巨大。あん
なんが来たら鼻先に噴射する前にこっちが確実に気絶するわい。
 
熊に会わないためには、自治体などの熊目撃情報を調べておいたり、
アウトドア好きと情報交換も大事。熊の領域に人間がお邪魔してしまって
るのね、という感覚は持っていたいもの。でもやっぱり熊さんには今後も
是非動物園で会いたいなぁと切望する自転車乗りなのでした。
 
あ、ちなみに、アラスカに居るころも熊対策について色々言われていたけ
どアラスカのグリズリーという超巨大兇暴熊は、とりあえず何でも喰って
みてから判断するので、もし会ってしまったら観念したほうがいいぜ、と
言われておりました。オオマイガッ。
  
 

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

昼も夜も

不思議な事で、家族で食べたいものが全く一致することって、
たまにありますよね。
  
昨日は、何故かカレーが食べたくなり、晩ごはんは札幌名物
スープカレー鳥の足一人1本付きの豪華版にしてみた。カレー
粉から自分で炒った奴で玉ねぎをじっくり炒めた本格的だ、
えっへん。
そして帰宅した夫が玄関でカレーのにおいに気づいて一言
「お昼カレーだったんだよね・・・」。
夫は続けて言う。「今夜はカレーのお宅がもしかして多いの
かな、カレー事件の報道があったし」。
  
昨夜の晩ごはん、ウチはカレーだったよ、という方がおられま
したら、念のため教えてください。
日本人はカレー好き。 
  
P505i0020119785
 
愛情込めて
只今カレー煮込み中
コトコトコト

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

今年の蕾

遅い春を待つ北海道でもそろそろ桜の開花の知らせが届いてきた。
去年我が家を楽しませてくれた近所の桜の木も、がんばって咲かな
きゃと思っているのか、蕾がそわそわしているようで、なんだか忙し
そうに見える。
そう言えば、去年の春友人が自宅近郊に引っ越して来て、お手伝い
におしかけた途中に見た桜の木が去年は一番咲くのが早かった。
今年もその桜が一番に咲いてくれるかどうか、確かめに出かけなく
ては。
しかし、友人はついこの間引っ越してきたばっかりのような気がする
けど、もう一年も経ったんだなぁ。最近毎年一年が過ぎる早さが年々
早くなってきてるような気がする。
咲き出しそうな桜を見上げながら、来年の桜も今年のように穏やかな
気持ちで迎えられますようにと、桜の蕾にこっそりと願いをかけてみる
住宅街の昼下がりなのでした。
 
178
5年前元気だったころの
アリちゃんとのお花見
 
桜の花は
楽しかったことを
色々思い出させてくれますね

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

今日の大人買い

昨夜「気がついたら100万円以上使ってました」というバラエティ番組が
あり、タレントさんが大金つぎ込んだ自分の趣味を披露する内容で、自転
車好きが出てくるというので見ることに。
  
超合金ロボットに160万使ったお笑いタレントや、楽器のシンバルに800
万!も使った俳優さんとかの次に、自転車に200万!かけたというサイ
クルジャージを着込んだお笑いタレントが登場。どうやら彼はフルカーボン
豪華仕様のをもっちょるらしい。すごーい。私にはそこまでのグレードは
必要ないけどくれるってったらもらうよなぁ。
   
趣味を持つのは良いこと、とされてるけど、私の身近の男性を見てみると、
知人の社長は希少価値のオーディオを集めてるし、知人には料理好きから
プロ仕様のキッチンを買ったという人もいるし、オフィスのスタッフで車好き
な男性はファミリーカーとは程遠いアメ車を買ってしまったとウキウキしてる
し、どうも男性の趣味、というと大金がつぎ込まれてる感が強い。まぁ自分
のお小遣いと相談して好きにしてもいいんだけど、あまりの大金を使うとな
ると、無趣味家でゴロゴロオヤジとどっちが家族的には《良し》なのか悩ま
しいところですなぁ。
  
と言いながら、仕事をしてるフリしてネットで遊んでたら、おおぉ探してたサイ
クルジャージが30%オフの9,880円で売ってるじゃないのよ。と衝動的に「お
買いものカゴに入れ」大人買いしてしまった。ううぅ週末も自転車グッズ買っ
たばっかしだしなぁ。ちょっと使いすぎかも(海よりも深く反省)。
   
ウィキペディアでは《趣味とは「人間が自由時間に、好んで習慣的に繰り返し
おこなう事柄やその対象のこと。道楽ないしホビー(英:hobby)。 」》とある
けど、その定義に「お金もマジかかる」というのを加えてもいいかもと思い
ながらサイクルジャージ代金を午後一にでも振込みに行こうとイソイソして
反省してたのもすっかり忘れている鳥頭並な自転車ファンなのでした。

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

自転車は準備OK

こんないい天気に自転車漕がないわけには行くまい!とご陽気な自転車
乗りは、新しいチャリアイテムなどのチェックも兼ねてウキウキと市内の
自転車屋を巡ることに。新学期のこの頃は、通学用に新車買ってやるぞと
言われてたぶん昨日あたりからコーフンしていただろう鼻息も荒い少年と
その家族でどこの自転車屋もごった返している。外ではアンパンマン三輪
車を嬉しそうに乗りまわす小さな子供もニコニコ顔。どうよ自転車って楽し
いだろぉ。
 
さてスポーツ自転車派の我々は、今年は新しいウェア買っちゃろかいとか、
こののパーツをランクアップしてとかブツブツいいながら高級自転車コーナー
でウナっているのが定番。まだ寒いのひピッチピチのウェアを着込んだにー
ちゃんもちらほら、いやぁお互い好きでんなぁ。
  
などと言いつつ数箇所の自転車屋を回遊。ついでにあそこでランチしてとか
市内をウロウロしてたら走行距離は30Kmくらいに。自宅に戻り、新しくつい
買ってしまったロングツーリング用のアイテムを愛車に装着しながら、今年
はどこの峠を越えちゃろかいと地図を開きながら今シーズンの展望が広が
りまくる、嗚呼自転車は楽しいなぁ。
  
そして今朝起きたら、ううっ体がばきばきだ。30Km程度でこのばきばきだっ
たらどこにもいけないじゃないかぁ!ふと愛車を見ると昨日調子に乗って他
に持ってるアイテムをフル活用してロングツーリング仕様にしたままだ。自転
車だけは2泊3日300Kmくらいバリバリ走りそうな装備。さぁ早く走るぞと言い
出さんばかりの愛車をなでなでしながら、腹筋の回数を今夜から増やそうと
決意する春の自転車乗りなのでした。

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

TelenTekuder

パリのとある庭園でジュリアンソレルが片思いに苦悶していると、好色な
伯爵が恋の手ほどきを享受し始める。恋をしている女性の親しい友達を
まずは口説きなさい、そして熱いラブレターを書きなさい。そして返事を
もらってそれを意中の女性が読むように仕組むんです、と。
 
忠実に実行したジュリアンはラ・モル侯爵家令嬢のマチルドをまんまと手
に入れる・・・。これは1830年に書かれたスタンダールの「赤と黒」の一節。
こういうのを「手練手管」というのだろうなぁ。と30歳の国立大学卒に話を
振ると一言。「テレンテクダ」って何ですか?初めて聞きましたぁ。
 
うむむ最近の子は全く!と知人の天下の某国立大学出身者40歳独身
にこぼすと、「それって《シュレンシュカン》って読むんじゃないんだぁ。だと。
全く!最近の日本人の国語力はどうなっちょるんだ!と憤慨してみたも
のの日常「手練手管」という言葉を言われてみると目にする機会はなーい。
そして最近「草食系」と言われてる男子がジュリアンソレルのような「手練
手管」を使ってまで情熱的に女性を口説く、というシチュエーションも今の
日本では残念ながら展望が薄い。「手練手管」は完全に過去のモノに
なったんだろうか。
    
と知人の社長に愚痴をこぼすしていたら、その社長がオヨヨと嘆き出した。
「ウチの30歳の社員にも手練手管話をしてみたら、それは英語ですか?と
聞き返されたよ・・・。もしかすると日本の辞書から「手練手管」が消えたり
とかする日がいつか来るかもしれないですなぁ。

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

どしどしと

こういうのに載りました。
ご講演の依頼、お待ちしております。
 
 
インターネットで便利ですなぁ~

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

なんなら私が

うららかな日曜の朝、機嫌よく朝食を済ませほっこりコーヒーを飲んで毎週
なんだか見てるのが日本テレビ系列の「目がテン」。毎回本題に入る前の
小コントのダジャレが超お楽しみ。コントを見てさぁ今日は自転車でどこに
行ったろかいと意気込むのだけど、とある日の「目がテン」のテーマは「演説
を科学する」とのこと。今年度もプレゼンとかマーケティングのお話を頂戴
する個人事業主としては張り切って見なければなるまい。
   
「目がテン」では、演説上手なオバマ大統領演説についての研究をしていた。
例えば:
《目線》所信表明演説では、オバマ大統領は一度も下を向かなかったとの
こと。ちなみに麻生総理は10分間の演説中90%下を向いて原稿を読み
前を向いたのはちらっと3回。そりゃオバマ演説の方が聞きたい気分になる
ってもんですな。
《声質》一般的に低い声は同じことを言っても信頼感を持つというデータが
あるそうで、オバマ大統領の声質は200Hzで、一般男性240Hzよりも低い
とのこと。人を信用させたい時は低~い声が有効だそうですぞ。
《繰り返し》オバマ大統領は演説中12分で13回「Yes We Can」と言い、これは
無意識に伝たり、記憶させたりする効果があるらしい。ぐだぐだ言わずに解り
易く短いキーワードも必要ですな。
  
演説の旨さで大統領になった感じのオバマさんだけど、きっと演説について
は凄いプロがついているんだろが、しかし我が国の麻生総理と比較してみる
と演説はむむむの状態。最近は日本でもファッションに関してはプロがコーデ
ィネートしてる人もいるらしいと聞くが、見た目も大事だけど、政治家はやっぱ
り信頼できる人が一番。日本もそろそろ演説、というかプレゼンについても
プロつけたらいいのに、と思いながらヘルメット片手に北の大地に漕ぎ出す
自転車乗りなのでした。

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

春の独り言

新年度になり、新しい事業が新しいチームでスタート。外はすっかり
春めいて、なんだかやったるわい、と言う気分満々で意気込んで、
その件だったらあのお役人に聞いたら話が早い、と連絡したら
「異動しました」とな。軽くショックを受けつつ自宅に帰ると、そのお
役人から「異動しました」葉書が届いていた。
  
この転勤異動の季節。気心が知れお互い話がストレートに通じて
イイ感じに事業が進みアテにできる担当者がいなくなるのは少々
キツイ。とはいえ仕方ない事なのだけれど、次の担当者とまたはじめ
から人間関係を構築していくのはまったく骨が折れる。そして何故だ
か「デキル」担当者の後には「どうしましたか」という人が担当者になる
確率が高いのはどうしてなのだろうか、と春の少々埃っぽい青空を
見上げる個人事業主なのでした。

Dscf0138
 
次はどなたが
 担当者ですかな。

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

たまにはピュアに

専ら殺人事件とか宇宙人が地球を征服に来るあたり大仰非現実映画を
好むバイオレンスな私ではありますが、昔から観たいなぁと思っていた
「シェルブールの雨傘」のリマスター版をやっと映画館で観ることが出来た。
 
映画でも絵画でも「名作」と言われているものは「ええもん見せてもろぉた」
という気分で満足するものだけど、シェルブールは期待通り。有名な主題歌
をはじめ映画全体に流れる曲(シェルブールはミュージカルなのです)がどれ
もステキ。今見てもめちゃめちゃカワイイ服や髪型がキュートな主役のカトリ
ーヌドヌーブはあくまでも可憐で美しく、そして特筆すべきは色彩。今でも超
カッチョいいカラーリングが、儚い初恋に文字通り色を添える。
  
そして名作だなぁと感激したのが「そんなアホな」ということが全くない脚本
や構成。登場人物には誰も悪い奴がおらず、淡々とした日常の中で繰り広
げられるお互いを思いやるピュアな心や、わかっちゃぁいるけど実らなかった
初恋に、こっちもピュアに没頭できて、はらはら、と泣けること受け合い。
しばらく「素直」「純粋」とか「美しい恋」あたりの感覚にご無沙汰なビジネス
マンの皆さんにピュアにオススメでございます。

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

春一番がぁ

春になりウチのオフィスではスタッフがが1名増えることもあり、突如
午後から前触れもなく、机移動などが始まっております。
本人は誠に不本意ながら、何故だかお片付け能力には長けている
とは決して言えないスタッフが揃っているため、机を10cm移動する
だけで大騒ぎ。山積みになった書類がなだれ、謎の落下物などを
はじめ、ああここにあったのかとか、見てはいけなかった書類など、
不穏なものを発見してはパワーダウンしているお互いを鼓舞しあい
ながら、現在オフィスはなんだか埃っぽくなっております。
一度弊社にお越しになった方は是非どこが変わったか探してみてく
ださい。何も出ませんが愛想よい微笑でよろしければスタッフ一同心
心を込めてお返し申し上げます。
  
Dscf0227  
おお少し変りましたねぇ

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

宣伝

ありがたい事に今年も創業やコミュニティビジネスやプレゼンなどの
講師のお話を色々と頂戴している。起業を志す主婦やシニア層から
中小企業の社長さん相手など、お話させていただく相手は様々。
今年も色んな方に会えるなぁと楽しみにしてるのだけど、いかんせん
まずは集客のために取り急ぎ告知作業に取り掛かるために、ぶっちゃ
けどんな方が来るか《未定》のまま講義の内容をある程度詰めていか
なくてはいけない。《現場主義》を心がけ、来てくださった方の会社が
1円でも多く儲けていただいきたいをモットーにしている私としては
誠に歯がゆいことではある。
ふたを開けてみると、結局は主催者のご苦労もあり当日はやる気の
ある方に囲まれてこちらも奮起することになるのだけど、どんな方が
来てもテーマについて一歩進んでいただけるように、常に3パターン
くらいのパワーポイントや5種類くらいの講義内容は用意することに。
結構大変だけど、お客様が満足していただいてなんぼ、でっせ。
  
と、言うことで、私の講義は直前にドラマチックに内容が変更することも
ありますが、来てくださった方には絶対損はさせませんので、どうそどし
どしお越しください(ホンマかいな)。

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

札幌春の自転車事情

例年よりも早い雪解けにあやかり、今年は3月末から自転車を解禁。
そしてこの土日はタイヤも細くカッチョいい愛車「TOKYOBIKE」号を
投入。イソイソとポタリングに出かけることに。いやいや早春の札幌
の走行はとてもサワヤカ。やっぱり自転車は気持ちいいなぁと快調に
走っていたら、「今年買いました」と書いてあるようなピッカピかの自転
車も目立つ。なんでもこの頃は第2次自転車ブームだそうで、自転車の
売れ行きがUPしてるらしく自転車派が増えていいことじゃぁないかっ。 
 
とご陽気に車道を走っていたら、嗚呼今年もやっぱり車に幅寄せされる
し、あきらかにこちらが優先なのにクラクションならされたぁ。バスだって
プシプシブレーキ鳴らして迷惑だなぁと言ってるように思える。昨年突然
施行された感のある「自転車は車道行きなさい」条例だけど、札幌の道
路だけで言えば、車道は幅なども含め自転車が走るように出来てないし、
その前に、自転車の走行について道路交通法が車のドライバーも含め
一般市民に浸透してるとは思い難い。この状況で「イキナリ車道走れ」と
言うのは、魚だったら海を泳げといわれた金魚、鳥だったら飛べと言わ
れたペンギンの気持ちだ。
 
更に自転車乗りにとって危惧してるのがマスコミでも必ず揶揄してるのが
自転車乗りのマナー。歩行者を蹴散らして疾走してる様子を「ほらこんなに
自転車がヒドイっ」と悪者に描かれてる?と思ってしまう報道が多いけど、
そういう道交法無用自転車野郎と、楽しく自転車を乗りたい私たち自転車
派を一緒に論じるのは、あまりにも大雑把じゃlないだろうか。それも含めて
有料の理由がまるでわからん駐輪場とか、バスや交通量が多いのに車道
を走れと言ったりと、せっかくの自転車ブームだっちゅうのに、札幌市はもし
かしたら自転車乗りをいぢめてるんじゃないかとも思ってしまう自転車はじ
めの春なのでした。

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

食べたかったら

バナナがスーパーか消えたことがあったバナナダイエットブーム。
なんとそのテレビ企画はまだ続行されているらしい。そしてその番組
ではバナナ以外にも、オリーブオイル飲むだけダイエットとかに他の
タレントさんが挑戦してるらしい。しかもその番組だけでなくて、タレント
さんがグレープフルーツとかキャベツとか、とある食材を一つ日常の
食事に加えるだけで、ムリな運動や食事制限をしなくても簡単に痩
せられます的な内容の番組が最近目白押し。
    
うむむはっきり言おう。
そんなに食べただけで簡単に痩せる、なんてないって。
運動して痩せなはれ。
 P505i0011665534_3 
 
 
喰っちゃ寝ばっかりで 
運動をしなかった一例
(愛知県アリちゃん猫3歳)
 
  
  

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »