« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

バレテーラ

先日日本で一番東の街から知人が札幌に出張してくるというので強引
に我が家にご招待。その勢いで私の知人に声をかけ、結構大勢での
ホームパーティを開催することに
 
夕方三々五々我が家に集合。皆気を利かせて手土産を持ってきてくれる
んだけど、全員揃って持ってきてくれたのは、・・・お酒。ビールにワインに
日本酒焼酎梅酒・・・キッチンのカウンターは飲み屋くらいのアルコールの
ラインナップに。私が普段甘いモノが苦手だというアピールが徹底していた
のか、それとも太田は酒飲みだという認識が皆さんにあるのか・・・。うむぅ。
   
P505i0016777405並んだアルコールたちは結局全部空瓶に。
なんやぁ~皆オトナやなぁ~。
翌日のビンカンのゴミ出しは種類も量も重さも
結構インパクトがあったぜ。

| | コメント (2)

2009年1月29日 (木)

にっちもさっちもどうにも

札幌円山動物園で生まれた白熊のツヨシ嬢に是非ウチの嫁に来て
欲しいという全国の動物園からの「婚活」が激しいらしい。ちなみに
その日の夕方の道内のトップニュースは関西の動物園から嫁に来て
くれと署名を持って来たところがあった、とか道内の動物園の幹部が
ツヨシ嬢の扱いについて会議を開催したなどの模様だったし、全国
ニュースでもまた朝の情報番組でも結構上位に報道されていた。
ツヨシちゃん人気者だなぁ。
 
一方今朝はブロック紙である北海道新聞の一面には地元の老舗百貨
店の丸井今井が民事再生法を申請したという記事が。ええぇぇぇぇぇ。
丸井今井百貨店は昨年伊勢丹傘下に入り経営立て直し中であり、また
三越などと協力していわゆる大通周辺の活性化にすごく力が入ってる
なぁという印象があったし、地元札幌の人には「まるいさん」と呼ばれ
親しまれていただけにとても残念に思っている人も多かろう。先日も北
洋銀行に公的資金注入の報道があったばっかりで、北海道の行き先
不安がどんどん拡大していくばかりだなぁ。
   
朝刊を見たのち、丸井今井についてニュースで詳細や新しい情報を知
ろうとテレビをつけて色々チャンネルを変えてみることに。うぬ?全国ニュ
ースでは報道がなし、引き続き情報番組を見始めるもフォーリーブスの
ター坊死去のニュース(悲しい)に続き、朝青龍がモンゴルに帰った(やっ
ぱりか)とか沢尻エリカ嬢のハワイ挙式(へーぇ)とかに続いて、そろそろ
かなと思ってみていてもブラピの映画の話とかインフルエンザの話、地方
の怨恨殺人事件・・・丸井今井の話が全然出てこないっ。
     
162_2ツヨシ嬢はあんなに報道してくれたのに、北海道
ヤバい、と言ってもいいくらいなのに、日本的には
ツヨシ嬢の方が北海道の経済よりも興味あるのね・・・。
  
ども、ツヨシです 

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

昨年度略歴等

スタッ~フから会社のHPをリニューアルするので
略歴提出せよ、と言われ、去年の資料を見てみると
 
《2000年札幌BizCafe事務局長、2002年SIZ運営事務局長歴任の後、
北海道農政部アグリビジネスサクセスモデル検討委員長、北海道中
小企業総合支援センター事業可能性評価委員等を歴任。現在「女性
起業塾」及び「コミュニティ・ビジネス起業家講座」「IT&アグリビジネス
セミナー」運営責任者として全道で起業塾を開催。
公職等として、北海道独立行政法人評価委員会委員・北海道過疎地
域を考える懇話会委員・北海道生涯学習審議会委員・北海道建設業
等経営革新補助金新分野進出等事業化計画審査委員会・札幌開発
建設部入札監視委員会委員・日本ベジタブル&フルーツマイスター
協会講師等》
 
・・・・漢字多いなぁ。

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

ピンチョスDE函館

はるばる来たぜ函館~と函館に出張して参りましたぁ。地方への出張
はもちろんお仕事はとっても大事なんだけど、お仕事くらい大事にした
いのが食事(とお酒)。広い北海道の各地元で採れる海や山の幸を
旬の時期に(地元のお酒で)いただけるのは至極。特に函館は海育ち
の私にとって景色とともに楽しめる素敵な町なんですが、函館には日本
でも有名なスペインのバスク地方の料理のお店があり。今回は市街地
のレストランではなく、元町のバル(Barですな)のラ・コンチャに函館在
住の大酒仲間と飲み明かすことに。
  
ピンチョスという小皿料理やパエリアをいただきながら、おらおらとワ
インを並べて上機嫌でバスク料理を堪能していたらオーナーシェフの
深谷さんが登場!バスク料理の本とか料理雑誌でしかお見かけした
ことないので、こちらは少々緊張するも、飲み仲間がこの店の常連だっ
たので柔らかい笑顔で寄ってきてくださりご挨拶できることに。ラッキー。
深谷さんは小皿料理でちょっと一杯飲んで別の店でも飲んで何軒も回る
P505i0016580802というスペイン風飲み方を函館で文化にしようと提唱さ
れていて、「函館バル街」のイベントを地域の飲食店を
巻き込んで開催されている仕掛け人でもあり。毎回年を
追うごとに盛況だし、そのイベントを札幌が函館
イベントを受けて開催するという現象もあり。
ダンディ深谷シェフとご機嫌な酔っ払い
   
北海道のイベントはお祭りして何人来場した、というのを大事にする傾向
があるけど、人を集めて喜んでお金を払ってくれるのはやっぱり楽しくて
美味しいものだよなぁ。ということでその深谷さんがまた函館で食のイベント
《2009 世界料理学会 in HAKODATE》というのを企んでおられるとのこと。
海外も含め国内から美味しそうなシェフが集まる模様。詳細はこれから
とのことですが、考えただけでおナカが空いてきますな。嗚呼行きたい!
イカばっかり食ってるんじゃないっすよ、函館は。
http://www.ryori-hakodate.net/ 
 
P505i0016646340翌朝の迎え酒は朝市の定食屋で。イカのゴロやら肝やら
魚の煮付けやら惣菜の小皿が並び(サービスなので無料!)
朝からサッポロビールがウマいってなんのって。
そういえば、こちらもピンチョスですな。
ああこりゃこりゃ。
日本のピンチョスじゃ

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

それは私です

近所の時代小説をたくさん扱うしぶ~い古本屋さんで、
どれどれと本を選んでいたら、新堂冬樹さんの「忘れ雪」を
見かけた。そういえば今ちょうど宝塚で上演してる作品。
お店の外に目をやると、とても綺麗な雪がふってきたこともあり
ここで会ったもご縁と早速l購入。
  
午後から函館に出張で、JRの中で読む本としてエッセイや推理小説と
一緒に、一番先に読む候補として荷物の中に入れてきた。
どうも私には最も苦手な純愛小説らしいが
帯の感想には「心の奥底から泣けた」とある。
もし今日の午後、函館に向うスーパー北斗の2号車付近で、ハードカバー
読んで号泣してるスーツ姿の女性がいたら、多分それは私です。
 
嗚呼序盤だけ読んでも泣けてくるぜ。
 
*************
 
新堂冬樹 「忘れ雪」 より
 
冬の忘れもの 春に届けにきたように 君は再び僕の前に現れた
 
遠い日の思い出が僕の眠り覚ます あの日誓った約束のこと
君はずっと待っていたんだね あの頃と変わらずそのままで・・・・
 
なのに僕はそれに気づかずに 君を傷つけてしまった
 
この時間が消えぬようにと願う君を 
僕は抱きしめて話さずにいたい こわれそうな君をささえるように
 
僕は忘れ雪に願う この思いが君に届くことを
ほんの少しの思い出が君をささえている 僕らの未来はこれからなのに
必ず君を迎えにいくよ ふたりの時間を重ねるために
 
なのに君は瞳を閉じたまま 思い出から抜け出せない
 
この夢が覚めぬようにと願う君を
僕はそばにいて守ってゆきたい 光が闇を取り払うように・・・・
 
僕は忘れ雪に託す 春に奇跡が降ることを

| | コメント (2)

2009年1月21日 (水)

いつでも帰ってきなさい

P505i0013500600先日仲良しの友達が突然彼氏を連れてきた。
はじめまして~と優しく微笑みながらスルドク彼氏解析が開始。
仕事は?真面目か?家族構成は?相性は?優しそうか?
むむっ?ご両人とはほとんど同年代にも関わらず、
なんか、完全《父親目線》になってる気がする・・・。
姐御肌までは自覚があったのになぁ。
絶対彼女大事にしてくださいよ、泣かせたら、私が黙ってませんよぉ
などと、やんわりプレッシャーをかけつつ、目を細めて二人を見守りながら
オヤジ化が進んだに違いないススキ ノの夜は今宵も嗚呼更けてゆく。

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

まだ1000年

源氏物語が書かれて1000年ということもあり去年は関連企画や
出版があり。最近、その中でも源氏物語の最終章「宇治十帖」の
新解釈版を読んだ。宇治十帖は稀代のプレイボーイ光源氏の孫、
薫と兄弟分の匂宮の世代の話。
 
じーちゃんとは正反対でマジメな薫が珍しく別邸に住まわせた浮舟
という美少女と、彼女にちょっかいをかけたこれまたプレイボーイの
匂宮との人間模様が書かれている。我が身の罪を憂いた浮舟は最
後は身を投げるものの助けられ結局出家する。うむむ浮舟ちゃんが
美人やったばっかりに勝手な男子に振り回されて挙句の果てに若い
ミソラで出家してしまうなんて女子的にはめっちゃ浮舟ちゃんカワイ
ソウやんかぁ。
    
ちなみに光源氏がバリバリ活躍してるあたりの章を見てみると、光源氏
が多分一番好きだった叔母にあたる藤壺さんは、光源氏と密通した子
が世継ぎになったりして、世をはかなんで出家を希望するが叶わなかっ
たとある。今の時代では出家するなんてよっぽどな特殊なことだけれど、
当時その他の(特に身分の高い)女性は何かあったら仏門に入るという
のが上がり、という感覚があったとも読み取れる。現世を断ち切って自分
の犯した罪を償い祈りながら静かに暮らす方が、罪を背負い後悔しなが
ら罪深い同じ環境で暮らすよりは、心の安らかさやからすると、1000年
前も現代もどちらが人にとって平和なのかは比べなくてもわかりやすーい。
    
そう考えると浮舟ちゃんも、その他の男子に振り回された源氏物語の
女性たちも、出家することによってやっと落ち着いた、ああもう大丈夫
と安らかになった、と判断してよいならば、それはそれでよかったの
かな。しかしながら、源氏物語って、その他の章でも男ってさぁちょっと
身勝手なんちゃうん!という話が満載、もしかすると紫式部は「オトコっ
てのはねぇ」ということが言いたかったのかと勝手に解釈すると、世の中
はまだ1000年くらいはこんな感じで続きそうならば、嗚呼世をはかなん
でいっそ出家してしまいたくなる冬の午後なのでした。

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

私は私

北海道の宝塚歌劇ファンの心のヨリドコロといえばCSの宝塚専門
チャンネル「宝塚スカイステージ」。最新の舞台情報から昔の舞台
映像も放映してくれるのでとても嬉し楽しい。
今月は大地真央さんの現役時代のコンサート「I amWhat I am」の
放映があった。懐かしいなぁと見てみると驚愕。だって大地さん
全然変わってない・・・。
コンサートは1984年っていうから今からもう25年経っている。時々時代
を反映して衣装がMCハマー風なのが惜しいが、でも真央ちゃんが着る
と例えMCハマーでもイカしてるし、今出て来てもカッチョいいぞぉ。
そういえば、ちょっと前に大地さんはかなり年下の人気建築士氏とラブ
ラブで結婚したよなぁ。春には恒例の舞台マイフェアレディのイライザ。
もぉすごいスゴ過ぎる。女性の鏡、希望の星、永遠の美の女神と言って
も決して過言ではなかろう。
これからは尊敬する人の欄に「大地真央」と書くかもしれません。

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

くたばれと言わないで

突然ですが、私の夢は専業主婦になることです。と言い続けて早やウン
十年、まさか自分でも独立して仕事してるなんて全然思わなかった個人
事業主は、いつかはヒラヒラなエプロンが似合うステキな専業主婦になる
のぉと思い続けているものの、美容院が苦痛だったり、乾杯から焼酎や
サウナ最高などの日々顕著なオヤジ化に危機を感じていることは否め
なくない。
 
ある日知人にこの私の専業主婦化計画について話をしてみた。彼女は現
在安全な農産物の産直や料理講習会などを手掛けているオトコマエな女性。
普段あまり専業主婦とは交流がない私に、彼女から専業主婦に関して経験
談の提供が。
彼女がいくつかの専業主婦グループに料理講習会をした時のこと。主婦たち
はまず超遅れて到着、やる気がみられないまま、言われないと行動せず、私
洗い物したくなぁい、などの言動が炸裂。嗚呼これ以上はあまりにも悲惨なの
で割愛するが、話を聞いてると、自宅ではどうなってるのか不明ながら、概ね
専業主婦の皆さんは、自分で考えるとか、時間を有効に使うあたりのDNAを
どこかに忘れてきましたぁ状態のよう。(ちなみに同じ講習を現役OL相手に
やったら時間は半分以下で済んだらしい)。じゃあ何故専業主婦たちは講習
に来るのかと聞いてみると「みんながやるから」じゃないかな、とのこと。って
言うかそれで楽しいのかぁ。
   
そういえば、女子高時代の親友に会ったとき。彼女は勉強もスポーツも万能
なカッチョいいリーダー的な存在。その後20歳前半で結婚して出産、3人の
子供を育て上げた専業主婦。そんな彼女に、勉強ができた貴女なら小説でも
書いてみたら勧めてみると「貴女たち働いている女性とは違って、私たち専業
主婦は皆無理だよ」という同調した遠い目を思い出した。あの聡明な彼女で
すら主婦という環境が長いと皆と同じ状況を望む人になるのだろうか。
   
ある研究所が、男女の脳について調査、太古の昔、狩りに出た男性を待つ
ため、女性は群れてお互い一緒のことをする、という能力で生き延びたという
結果が出たらしい。つまりは女性の脳は、身を守るために、皆で手をつないで
トイレに行く的な「同調する」のが安全なことだと判断するものらしいのだ。そう
すると専業主婦たちの、自分の価値観や意思よりも「みんながそうだから」的
思考を優先するというのは女性として最も正しいのだということになるなぁ。
  
現代の女性としてどちらがいいか悪いかは置いておくとして、自分でも意外な
ことに独立なんかしちゃったもんだから、「自分が何をしたいか」「人と違うこと
を」念頭に置いて「効率よく」頑張ってきてしまったが、でももしヒラヒラ専業主婦
を目指すならすんごい逆行してるけど、やっぱり自分のことは自分で責任取れ
る行動をしたいし、今更生き方変えられないよなぁと苦悩する、ヒラヒラもまだ
イケると思いたい個人事業主なのでした。

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

個人事業主からのお願い

本日も自分をだましだまし青色申告だけにブルーになりながら準備を
進めております。今日は特に通帳の収支などをチェックしており、身に
覚えのない支払とかキミは誰だという人からの振込などの奇怪な謎に
挑んだりと、朝から急激に老けてきた感が否めない午後でございます。
   
色んなところで講義などをしている関係で、各方面から源泉徴収票を
貰わないとならず、メーラーを1年間遡らせて講義内容などを確認。
担当者を探し出し「スイマセンが源泉票ください」とメールするのも老
ける作業ながら、担当者が辞めていない、とか転勤したからちょっと
確認しますなどの回答やら、連絡して初めてやっと源泉票出しますと
言い出す私とどちらが事務処理能力がないのか競っているかのよう
な担当者などもおられたりする現実も嗚呼あったりします。
   
謎の領収書などもこねくり回しながらやおら去年のスケジュール帳を
眺めつつ、嗚呼この月はこんなことをしでかしてたなぁと自分の悪行を
悔いたり、エラく派手に使ってるなぁと自分の浪費っぶりに今更ながら
頭痛を覚えるなど、申告と違うところでの苦悩とも戦わねばなりません。
  
従いまして、何か当方に前向きなご依頼、ご相談などがある方はぜひ
来週にしていただければ幸いです。きっと来週は輝く笑顔で対応させて
いただきたいと願う個人事業主なのでした。

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

実家猫アリスの独り言

Neko3

ちゃんとご飯食べてるかにゃー ちゃんと寝てるかにゃー
遠く離れてるけど、いつも心配してるにゃー
健康が一番 たまにはふにゃふにゃするにゃー
次はいつ会えるかにゃー 気長に待ってるにゃー

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

新春クロカン大会

春になったら自転車でどこを旅しようかと地図を見ては妄想している
自転車派の私の冬のトレーニングは専らスポーツジム。しかし景色も
変わらず風もなく、エアロバイクに少々業を煮やした新春のある日、クロ
スカントリーの選手がプロ自転車乗りとして契約したという記事を発見。
 
そうかっ冬のトレーニングはクロカンするという手があるのねと早速クロ
カンできる所を調査。すると札幌市民の憩いの公園中島公園でクロカン
コースと無料道具貸出があるじゃないのよ。スキーに関しては全くの未経
験者ながら普段腹筋背筋鍛えてる自転車乗りの私は結構いい線行ける
はずよ。と調子に乗り早速地下鉄に乗り込み、本日は新春クロカン大会
開催と決定。
 
首尾よく中島公園体育センター前の無料貸し出し所で一式をゲット。勢いよく
1周1キロの初心者コースへ飛び出してみるものの、必死のパッチながらな
んだか進まないしへっぴり腰でなんかカッチョよくないぞ。見たから下手なオ
ヤジに抜かれながら 罰ゲームか八甲田山雪中行軍的な過酷さを耐えつつ
滑っていると2周したあたりから少々コツが掴めてきてスイスイと進んだり小
高いコブからシャーっと滑れるようになってきた。むむ楽しくなってきたぞ。
 
3週目を楽しく滑り気分はもう1周行きたかったのだが、噂どおりクロカンは
全身運動。大汗かいてくるし足も段々張ってくるし不自然なフォームで全身
を必要以上に支えている腕や特に握力がなくなってきたので、3周目で最後
の丘の上から(カッチョよくシュプールを描く予定が)派手に転倒しつつフィニ
ッシュ。(雪だから転んでも痛くな~いのは魅力的)。しかし流石北海道、この
公園はススキノの次の駅で、自宅からは地下鉄4つ。ちょっとスキーやりたい
なと思えばスグに行けるスキー場がいくつもある、しかもパウダースノー。こ
んないい環境にいるのにウィンタースポーツを楽しまない手はないよなぁ。
  
翌日、流石自転車乗りの私は下半身の筋肉痛にはならず、御自慢の腹筋
もエエ感じでご満悦。予想通りいろんな筋肉が痛い二の腕のあたりをさすり
つつ、次はスケート選手が自転車に転向してることもあり、スケートもエエのぉ
と地下鉄圏内に数か所あるスケート場をチェック。週末はスケート大会開催
して屋外スケート場デビューじゃぁ。とすっかりウィンタースポーツを満喫しつ
つあるのだけど、しかし最近増えた冬道スパイクタイヤ付マウンテンバイク
にもかなり色気を感じる冬の自転車族なのでした。

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

北を目指すのだ

映画好きな友人に「見た後《もやもや》する映画が見たい」と言って
勧められていた映画「イントゥザワイルド」をやっと見ることができた。 
 
内容は優秀成績で大学を卒業した主人公が、全てのことを放り投げて
体一つでアラスカを目指すというもの。《孤独》《絆》について深く描かれ
ている作品で、見る人や心の状態によって解釈が分かれそうな映画。
何故アラスカを目指すのかは説明されなかったが、私も、ある日突然
アラスカを目指したくなり単身住んだ「突然アラスカ族」だったりしたので
自分には「アラスカ志向DNA」保持者の自覚があり、観客の中では主
人公寄りの人種なんだろうなとも思っての鑑賞だった。
  
極限の自然の中に身を置いてみるべきだと自分と闘いながら北を目指
す主人公に思いを重ねながら観ていると、懐かしいアラスカの自然や
アラスカで出会った人生を謳歌する旅人達が思い出されてくる。特に思い
出されるのがカナダを経てアラスカ入りしてきた旅人たち。確か彼らが口
を揃えて言うことにはカナダ北部の町の「ホワイトホース」の景色が世界
で一番素晴らしいそうだ。そこは一応道路は通っているけど、冬は人を寄
せ付けない厳冬の地で、夏は野生動物がウロウロしていてかなり根性の
ある旅人か冒険家が訪れる的な極限の所。そこへ行くと本当に人生観が
一変する壮大な景色だそうだ。私も含めオフィス街などで見る住人とは
少し違う旅人たちの屈託ない笑顔を今思いだすと、社会的な地位や名誉
を否定するわけではないけれど、本当の極限を経験した人には人としての
色んな「本当」や「大切なもの」が見えているのかもしれないなぁ。
   
そういえば、自転車仲間でアラスカから南米まで縦断すると言って去年
の夏にアラスカを目指して札幌を旅立ったショウタロウ君というのがいる。
彼は今どこで何をしてどんな人にお世話になっているのだろう。主人公も
ショウタロウ君もきっとあのホワイトホースの景色を見たんだろうなと思う
と、かなり羨ましいのと、嗚呼私も旅に出たいよぉという思いが沸々と湧
いてくる。ショウタロウ君の道中の無事を祈りつつ、アラスカ志向がうず
いて違う意味で《もやもや》する映画鑑賞Dayなのでした。

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

オトナの日記

青色申告に向け気合を入れてコーヒーを淹れ直している所に実家
から宅配便が届いた。この時期、母から送られてくる荷物には大体
想像がつく。まずはお歳暮でもらいました的乾燥麺類やら出汁の素
やらの「現物系」。そして福袋を買ってみたものの自分はちょっとカワ
イイから娘に回そうという企みが手に取れるセーター等の「衣類系」。
今回も想像通り、ディズニー版人魚姫Tシャツなどの「私もいらんがな」
的荷物の脇に紙の束が。それは小学校の頃の写真や通信簿などの
束、それと小学校6年生の夏休みの絵日記。
   
幼いころから「コツコツ」という能力が欠落してると自覚があった私に
とって宿題の中で最難関なのが夏休みの絵日記。日記というと、私よ
りも確実にコツコツ能力が乏しい兄と、31日にお互いを鼓舞しあいな
がら茶の間で薄れゆく記憶の糸をたどりつつ青色申告状態で書き上
げたあの暑かった夏の記憶が蘇ってくる(遠い目)。
  
どれどれとコーヒーを傍らに置いてジャポニカ日記帳「6年4組」をおもむろ
に開くとおぉ結構ちゃんと夏休みしているではないか。親戚の盆踊りや家
族との海水浴や旅行、市民プールに行ったなどの夏らしいイベントも盛り
だくさんだし、自宅の30歩先が小学校だったこともあり解放してるプール
に結構通っている。文章も6年生にしてはしっかりしてるし絵だってカラフル
で我ながら上手いじゃなーぃ。また一週間に1回程度は「先生どう思います
か?」と疑問形で逃げて回答スペースを確保してあるところはたぶんトピ
ックスに困ったのだろうがそれなりにまとまって見えるところが我ながら
天晴じゃ。
  
先生の「しっかりと文章も絵も書けていますね」コメントなどを見ながら、
当時から切羽詰まってもそれらしく見せるという能力(自称)はこのころ
からあったのだなぁと感心しながら、一緒に送られてきた通信簿を見て
みると「掃除の時間をしっかりと」と書かれてある。整理整頓能力が乏
しいのは今に始まったことじゃないのねと、青色申告って個人事業主に
とっては宿題の絵日記に近いかものかもと濃いコーヒーが胸に染みる
冬の午後なのでした。

| | コメント (0)

2009年1月 6日 (火)

1月にブルー

シンクタンク業界的には稼ぎ時の年度末、毎年なら必死のパッチで
最後の追い込みにはいる時期なんだけど、今年は2月末から1ヶ月
程度、個人的に大きなプロジェクトに挑戦することを決意したので、
従って通常業務は2月中旬までに取り急ぎ終了することにしました。
一緒に仕事をしていただいてる各方面にはこの忙しい時にぃと迷惑
をかけることになり大変申し訳なく、日程などを調整いただいて2月中
旬まで参加させてくださいとワガママを聞いていただいてたりしてます。
しかしプロジェクトに没頭するには一つ重要な問題が。それは・・・嗚呼
確定申告ぅぅぅ・・・嗚呼ああぁぁぁ。
   
商社の経理部時代に全ての経理能力を使いつくしてしまったワタシに
とってこの確定申告は人生で避けて通りたいものベスト3に入る(本心)。
わかっちゃぁいるけど毎年2月に入ってお尻に火がついてきて燃えだ
したくらいから気合で気が遠くなりそうになりながらなんとか乗り越えて
行っていたのだけど、毎度申告の管理をしてくだってる方から「今年は
来週中旬にはまとめてくださいね」とのやんわりプレッシャーがっ。
ということでさっきから領収書ぺたぺた作業に取りかからるべく、裏紙と
スティックのりを用意したものの、深いため息と共に濃いコーヒーとか
おやつに逃げているところでございます。しかしワタシがやらねば誰が
やる。確定申告を無事やり遂げられるよう午後から頑張るぞとコーヒー
を更に濃く淹れ直してみたものの、なんせ青色申告だけに、気分は少し
ブルーだわ(基本)。

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

仕事はじめのオンナゴコロ

仕事はじめ、皆さんお仕事はじめてますかぁ~。このビルのお隣が行
政機関がぎゅっと詰まってるビルということもあり、ダークスーツを着た、
いかにも「挨拶まわりです」というオヤジチームがウロウロ。ご苦労さん
ですなぁ。 
  
本州の実家はやっぱり暖かかった、という声も多い仕事はじめ。私も
含め道外出身者は帰省時に飛行機を利用することになるけど、年末
年始などの繁忙期は割引がなかったり混雑したりと予約が取りにくくて
超高い!と先日本州実家組で航空券代についてのぼやき大会を開催
したことがあり。
  
この不景気では千円でも安ければありがたいのだけど、女子で意見が
一致したのが、CA(最近はスッチーではなくキャビンアテンダントっちゅ
うんですな)の存在。お茶も新聞も機内販売もステキな笑顔もいらんので、
CAサービスありませんほっときます席というのを設けてくれて千円安か
ったら絶対そっちに座る説。そもそもCAさんの仕事は脱出とか危機の時
にこそ役にたってもらいたいと思うので、真面目な話、か細い女子よりも
屈強な男子の方がいいんじゃないのではないだろうかっ。
    
世の中よく見まわしてみると、男子が利用しやすいような仕組みになって
いることが多い。一番顕著なのがビジネスホテルのアメニティに必ず髭剃
りがあったり有料セクスィDVDがあったり女子には全然必要のないものが
標準装備されること多し。(コレいらんから100円値引きしてくれと思う嗚呼
悲しい関西人)。
 
ビジネスでも女子の利用が増えている昨今、観光業界も是非オンナゴコロ
をくすぐるサービスの採用を検討していただけないもんだろうか。例えば、
飛行機でもCAが女子ではなくて韓流スターばりの美男子がニッコリ笑顔で
サービスしてくれるんだったら、もう千円払いますというご婦人も結構いるん
じゃないだろうか。などと思いながら、それでも私なら「ほっときます席」をチョ
イスするなぁとスタッフの其々の故郷のお土産のお菓子をほうばる仕事はじ
めの個人事業主なのでした。

| | コメント (0)

2009年1月 3日 (土)

謹賀新年2009!

P505i0015990980 あけましておめでとうございます
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
  
本年は去年より一層、一日一日
大切に、過ごして行きたいと思っています。
 
でもでも、牛年だし
何事にも、何度も租借して、
急がずにゆっくり消化して。
去年よりはゆっくり目に。
あわてない、あわてない。
  
そんな私ですが
よろしければ今年もどうぞ変わらずお助けください。
 
今年の出会いがぜ~んぶ素敵でHappyheart02な出会いになりますように。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »