« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月25日 (月)

アンタはエライ

たくさん感動させてもらった北京オリンピックが閉幕。アジアでの開催とあって

「マラソンの決勝が夜中の2時からスタートだからゴールは4時」とかのタイムラグ

がなかったこともあり「おかーさん3時に起こして」と家族で夜中にテレビ前によた

りながら集合してアンタも好きやなぁ的楽しみ方はできなかったけれども今回も

結構激しく日本人した2週間でした。

昔ほど「お国を背負って」出てる気合が薄れてきたといえど、「勝って当たり前」

と言われていた競技の選手はそれなりにプレッシャーがあったはず。特にプロを

集めて行った競技は、その業界では必勝が命題だっただろうし、中でも一般に

馴染みの選手が出てる野球は、巷ではいろいろ采配ミスだの選手の選択ミス

だの知ってるだけに色々言われてるようだけど結果が出た後なら何でも言える。

おらんやつの悪口は楽しいかもしれんが、たぶん自分が監督任されたら王さん

でも胃を切ったくらいだから私だったら再起不能くらいになってるような気がする

ぞ。帰国してすぐペナントレースに戻る選手たちが一日も早くいつも通りの元気

でガッツあるプレー姿を見せてくれることを野球ファンとしては祈るばかりなり。

その他にもプロが本気で参戦したのは競輪界。永井選手が見事に銅メダルを

取ってめでたいのだけど、KEIRIN一本に絞っていった賞金王伏見選手が予選

落ちしたのが結構心配。太ももの筋肉とはちがって結構精神的には細いのだ

ろうから、自転車ファンとしては早くバンクに元気な姿を見せてもらって見事な

まくりを見せて欲しいと思います。

メダルなんて全然無理、というマイナーな競技で、50人牛46位とかの結果でも選手

の体つきを見たら腹筋ばきばきに割れてるし体脂肪のなさはスゴイし、多分毎日

毎日狂ったように練習してたのだろうから理屈なしにスゴイ!その競技では間違

いなく日本一上手なんだろうからアンタはエライ!

勝った人もメダルは取れなかった人もみなさん本当にお疲れさまでした。

| | コメント (0)

2008年8月20日 (水)

夢の中へ~

とある件で、確か2ヶ月ほど前に名刺交換した人にメールを打たなきゃいけなく

なった。その人とはそれまでメールのやりとりした事がないのでメーラーには

履歴がないため名刺のみが頼りの綱なんだけれども、社会に出てウン十年。

「名刺整理」という能力が著しく欠けている自覚のある私は、デスク横のケースに

うず高く置かれている名刺の山とやむを得ず格闘しなければならなくなった。

昔は名刺が情報ツールとしては揺るがない地位にあったけれど、最近は仕事

関係で連絡取る場合はまずメールのやり取りが発生してるし、電話番号もすぐに

携帯に記録してあるので、改めて名刺を見て連絡先を確認しなくてよくなったこと

もあり、私が整理しなくなったのも、名刺が昔ほどビジネス上で重要アイテムで

はなくなったというのが大きい(大屁理屈)。

さぁてと久しぶりにこの1年分くらいの名刺をひっくり返してみると、結構色んな

人と色んな場所で名刺交換してるなと改めて思うことに。道内でもかなり先っちょ

のあっちやこっちの遠方の人や農業や漁業とかをはじめ色んな職業の人や、一緒

に苦労を共にしてくれた人が配置換えになった時にくれた名刺を見て頑張った

自分を思い出したり、お世話になった社長の名刺が突然出てきて「ははーっ」と

なったりハタマタこの1年で急逝された方や廃業した会社や個人。それに談○

事件で逮捕された人など、引っ越しで懐かしい写真が出てきたときのように名刺

を見ては「ああそうだったのね」と感慨にいちいち浸るので時間がただ夢のよう

に過ぎてゆくばかりなのであーる。

と言いつつ、とりあえず先ほど犯人が居そうな名刺山を懸命に捜索したものの、

肝心の名刺は出てこない。うむむ、しかし、ひとつここは、もっと前向きに考え

ようじゃないか。探し物は「夢の中に行ってみたいと思いませんかぁふふっふーっ」

と踊りだすと出てくると井上揚水さんも言ってるようなので、濃い目のコーヒーでも

淹れていっちょ踊ってみようかと己の名刺整理能力のなさから現実逃避しかけて

いるご陽気な個人事業主なのでした。

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

オリンピックと私

毎日我が国の若者たちがオリンピックですんごく頑張ってくれているので、せっ

かくの良いお天気の休日でも、午前中に若者たちが活躍してしまいそうで、つい

おぉそろそろ北島が泳ぐらしい、とか、もうすぐ浜口京子ちゃんだ、となって外出

する機会を逸してしまってあらもうお昼だわなどの私のような人もおられるかと。

若者たちが頑張ってくれるので、フェンシングとか重量挙げとか初めてちゃんと

見られた競技もあって改めてスポーツって面白いなぁと感心することも多し。

気合を入れてテレビ前で観戦を楽しみにする競技もあるけれど、中でも結果が

気になったのは自転車。競輪(KEIRINっていうのね)では日本勢は未だメダルが

なくて、バンクの長さや角度が違ったり、徒党を組んではならん(競輪では出身

地域によって連携して戦うスタイルが通常)などという訳のわからんルールが

あって我が国はなかなか勝てなかったんだけど今回初めて銅メダルを奪取。

永井選手エライ永井オトコマエ!!KEIRINは開始直後から先導車というのが

ひっぱるけど、なんでも最初は時速30Kmから始まり最終2周目で離れるときは

50Kmにまでになってるとか。とするとゴールあたりだと70Km近い時速が出て

るらしい。時速30Kmからっていうけど、急な下り坂道で私が恐怖におののきな

がら一瞬最高に出した時速は38Km。自力で平地でまず30Km出すなんてあり

えなーい。どんだけスゴイか、比較対象としてちょっとタバコ買いに出た的ママチャ

リオヤジを一緒に走らせてみたいもんです。

と応援ばっかりしてたらなんだか体が動かしたくなり、レッツスポーツとばかりに

北島君を見てからジムで水泳をしていると、隣のレーンでプール全体に大波を

立ててオヤジがおぼれかけてる。と思いきや、どうやらオヤジはオリンピックに

触発されたかどうかわからないが、バタフライらしきものにチャレンジしてるらし

いが進んでいない、どう見てもトドの最期やぞ、と呑気に平泳ぎしてたらオヤジの

大波のおかげで鼻から水がぐわっと入って鼻痛ーいオリンピックな私なのでした。

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

私はコーヒーです

8月第一週から今年もオフィスにインターンがやってきた。今年はカロリーナという

ウズベキスタン生まれドイツ在住で北海道の大学に留学に来ているブロンドブルー

アイの才女。見た目は普通のかわいいお嬢さんなのに、英語とドイツ語と自国語

(たぶんロシア語)とほんのちょっとだけ日本語を話せるスーパーウーマン!

女性起業家の調査を課題にしているので、北海道の私の知人で人柄もステキで

且つちゃんと経営ばっちりの女性社長数人にインタビューのアポ取りなどをお

手伝いしております。

しかしカロリーナとの会話は英語。英語っていえばアラスカ時代に喋ってたちゃぁ

喋ってたがそれも10年以上前のことで、今はすっかり忘却の彼方。「ジャストルッ

キング」程度の旅行に行っても困らない位の英語なら今でもイケるんだけど、ビジ

ネス英語と来ると超難航。翻訳サイト「英辞朗」などを駆使しながら多分40%

くらいは伝わったと思いたい的に頑張って説明しているものの、説明しようとする

とすると混乱を極め、簡単な単語でも検索してしまう始末。「会議って・・・ああ

ミーティングだよなぁ」とか「続いてって・・・コンティニューじゃないのよ」と自分

の語学力と応用できないさまを嘆くばかりなり。

とそういえばアラスカ時代、「英会話学校で練習してきたから喋りたい」というやる

気満々のOL嬢に現地で喋らせてみたものの、生の外人を前にすると「あの~

えっと~」と単語しかでなくなった事が多く、たくさん練習してきたというレストラン

でのオーダーでも「I am a Coffee」。おーまいがっ。

など思いだしながら、ランチタイムなどで会話するときに、やめときゃいいのに

なんでもオチをつけたくて話しだすも英語で説明しても面白くなかったりして

結局カロリーナに首をかしげられてしまう、関西の血が恨めしい個人事業主なの

でした。しかし今日の午後はインタビューに行く女性社長のプロフィールを解説

せねばならんなぁ、英辞朗頼んだぞ。とほほ。

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

いつもニコニコ現金払い

能天気、というのは脳がこういう天気なのだろうと思わせるこのころの北海道。

自転車乗りとしてはだまっちゃぁいられるわけもなく、いっそ遠くへと札幌から

留萌~旭川~富良野と遠征することに。やっほー。

早朝に札幌を経ちしばらく気合を入れて進むとオナカも気合入れてすいてくる。

丘陵の麦畑が延々と続く道を北上して月形町のラーメン屋で早めのランチに。

全国区になってる有名ラーメンの本店の味噌ラーメンで腹ごしらえを終えて支払

になったら連れ合いが一言。「手元にあと3,000円しかないからどこかATMで

下ろすから」なぬっ、現金を持ってないだと?!。「たぶん留萌まで北○銀行ない

と思うけど」。「うっそぉ、じゃ今夜の宿や食事はカードだな」なぬっっっカードが全国

津津浦浦で通用すると思ってるのか?!基本地方では現金が命なのだぞっ。

途中、浦臼町で豆腐アイス、北竜町でひまわり畑などで地域の景色や味覚を満喫

するも、留萌までの150キロの間、国道275号線でATMを目撃したのは数件の

郵便局と北○○信金2ヵ所くらい。食事をカードで支払いしたいなどというのはか

なり無謀な行為で過去地方に東京あたりから出張して「じゃカードで」と当然のご

とく差し出したものの「ウチは使えません」と返され、途方にくれるビジネスマンを

何人見たことか。その惨劇が嗚呼ここで繰り返されようとしていたのかっ・・・。

無事留萌に着くも、当然ATMは18時までで閉まっていて、トホホと途方に暮れ

ている連れ合いにたたみかける「地方いくなら現金もっておかなきゃよ」。その

夜はもちろん現金を多めに持ち合わせているクールな私のおかげで我々は北

の海の幸やよ~く冷えたビールにありつけるのであった。

札幌に戻り地方出身のスタッフにこの話をしてみるに「だめですよぉ地方いく

なら現金持ってなきぁ。私実家帰るときは札幌でお金おろしていきますよ。」

この夏は北海道を一周して自然を満喫するんだ、など計画中の方。札幌とか旭川

などの知ってる地名の場所以外では、アナタのお持ちのメジャー銀行のカードが

ただのプラスチックと化す事が予想されます。また、じゃコンビニエンスストアで

おろせばいいじゃないか、とお思いの方もおらえるかもしれませんが、その地域

にメジャーコンビニがあるとは限らず、更に24時間オープンしていない場合が多々

ありますので、悪いことは言いません。地方にお出かけの際は現金を握りしめて、

を強くお勧めしたい能天気な個人事業主なのでした。ヨロレイホー。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »