« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

日本チャチャチャ

普段スポーツで見るというとプロ野球がサイコー!だけれども、国がかかった

例えばオリンピックとか国際試合の代表権がかかってるとかというスポーツなら

ジャンル問わずお茶の間熱烈応援する派。オリンピックあたりだと日本選手が

いいところに行きそうとなると夜中でもテレビの前に鎮座して、選手と同じ呼吸で

「んぐっ」とレスリングで踏んばったり重量を上げたり馬と一緒に障害を飛んたり

するもんだから見てるだけでへとへとに疲れることしばし。

そんなガンバレ日本派の私が昨日のハンドボールを見ないでいられようか、いや

いられまい。ガンバって出張から帰宅し自宅に着くも既に前半が結構過ぎて2点差

くらいつけられているではないかっ。これは心してテレビの前から応援の波動を

代々木体育館に向けて送らねばならぬ。ちゃんと洗ったか状態でシャワーを浴び

ちゃんと切ったか状態で晩ごはんのうどんすきの用意を終え、仕事では決して見せ

ない素早さで準備を完了。いつもの熱烈応援体勢に入り、後半から参戦することに。

試合はうどんすきの鍋のヒートアップと比例して熱くなるが、しかし初めてみるハンド

ボール。30分ハーフなのね、とか1ゴールで何点?とか退場もあるのか、とか

ルール知らないこと甚だしいし、どっちがウマいのかもわからないけれどしかしそん

な悠長なことは言っておられぬ。チャンスやピンチの時はぬぉ~~と西に気合波を

送らねばっ。おりゃどりゃっ、と北の大地からエールを送り続けたのだが、試合開始

から私が気合波を送らなかったことと、あまりのうどんすきの旨さに応援の気を緩

めたことで、日本が敗退してしまってとても悔しいが、結構ハンドボールって楽しい

やんかいさ、と多くの日本のお茶の間のおやぢも私と同様の感想を持ったであろう。

今朝はオトコマエエースの宮崎くんが敗戦の悔しさをワイドショーで話ていたけれど

彼の活躍を見てから再度宮崎くんを見ると、あらかなりオトコマエじゃないのよ。

と浮かれていたら、宮崎くんが結婚していたことが判明。がーーん。昨日の敗戦

よりも大きくショックを受けたお茶の間ファンなのでした。

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

個人事業主の憂鬱

今年は元気でがんばるぞぉと張り切っていたのに、ああついに熱を出してダウン。

気合で朝までに熱を下げたものの、その後体調がすぐれずご飯が喉を通らない。

「晩ごはんにプリン」というお子様メニューで零下31℃の北の町の出張に出かけ

たりするもんだから体調は全然回復せず、プリンディナーが数日続いてしまって

います。私レベル(どこの)の個人事業主になると、華麗な私の人脈(非カレー)を

駆使して講師をお連れして当日私がゴージャス(金色を多く着用したり)に司会を

するイベントやら、(早食いなら負けないなどの)才能あふれる私に来てほしいと

懇願(どっちが)されてお受けした講演など、既に広報されている仕事が多く、そう

なると「私」がいかないと何ともならんというスケジュールがこの季節は埋まっている。

急に今朝調子が悪いからとじゃぁ今日の講師は隣のハスキー犬のハット号に一発

「ワン!」と気合一発吠えてもらって、などと誰かピンチヒッターをお願いするわけに

もいかず、アイラインをいつもよりでっか目にいれながら、余裕がないから多分いつ

もよりはちょっと受講生にはキビシイ講義をしております。

こんなとき思い出すのが商社のOLのころ。それなりに責任ある仕事はまかされて

いた(はず)だけど、風邪で2日休んでも代わりのスタッフが対応して会社は問題なく

回ったし、仕事のことを思い出してさらにウナサレルなんてことはなかったよなぁ。

仕事の帰りふと寄った薬局で、ムカムカ気分を解消したくてソル○ックとかキャ○2

あたりを手に悩んでたら奥から薬局の女性が登場。「どうしたの?おなかの調子

悪いの?あら~そりゃ疲れてるんだわ、今夜は早く寝れるの?」と声をかけてきて

くれた。「いや出張が続いてご飯が食べられなくて明日も出張で・・・」と思わず弱音

を吐露しまくり。「温かいもの食べてこれ飲めばよくなるよ」とお薬を処方。その労い

の言葉に、ちょっと高い謎のお薬を買った(買わされた)ことも忘れ、ホロっときて

しまい「だって涙がでちゃう女の子だもん」と、ちょっと弱気な個人事業主なのでした。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

現役最高

船場吉兆が営業再開とのことで今朝ほどはあの囁き女将とも腹話術女将とも

言われている新社長がよく報道されていた。あの女将さんの年齢はなんと70歳。

大勢の報道陣を前に堂々とした対応、すごいなぁ。

そういえば先日1時間のセミナーの講師をお願いした方も立派なシニア。会社を

引退したあとに新会社を立ち上げて多方面にチャレンジしてしっかり利益だして

らっしゃるとか。当日は立つパターンの演台が用意されてたから立っていただく

しかなく申し訳ないとか思ったんだけど、なんのなんのぴしーっと背筋を伸ばして

講演する姿は最近の若手の講師よりもしゃんとしてるかもしれない。しかも帰りの

JRでは意外に混んでいて立つしかなかったが、札幌に着くころにはヘバッてた

若輩者を後目に最後までしゃーんと立っておられる、しかもサワヤカに「お疲れ

様!」と颯爽と帰宅する姿はう~むカッチョいいぞぉ。

女将も社長も考えれば親くらいの年。現役って、若いなぁ、強いなぁ。何か闘って

る人ってやっぱり老けないなぁ。

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

2年の価値

東京都庁からかの夕張市へ職員が2名派遣されてきたらしい。ニュースで見るに

2人ともサワヤカでやる気満々、さぞ歓送会は盛大だったろうなぁ。お二人には

夕張のために、都知事の言葉を借りていうならば、しっちゃかめっちゃか奮闘して

いただきたいところだけれども、気になることが一つ。それは任期が2年だとういう

こと。2年で帰ってしまう人材が果たして活躍できるのだろうか。

というのも先日某行政の担当者が来社。そこで開催するセミナーの講師をありが

たいことに当方に依頼してくれたのだけれども、その担当者からあんまり覇気が

感じられないというかやる気のなさが初手から滲み出てたりしたのだ。まぁ

そう見える人もたまにいるからと気にせず話を進めるに、こちらからいろいろと

セミナー開催について提案を出してみるものの、間髪入れずに「できません」「そん

なことやっても」「さぁ」と否定的な言葉が連発され、さすがの私も呆れてきてし

まったのだ。そして留めの言葉「ホントはやりたくないんですよ、今のところには

任期が2年くらいで異動だから何やってもねぇ」。

この人には何をいってもしょーがないとあきらめたものの、セミナーは税金を

使って開催するもの。参加されるお客さんには私なりに努力して最大限来て

よかったなぁと思ってくれる内容にしようとヒソカに決意。しかしこの同行政機関

の他の職員でも同じ価値観を持った意見を発言した機会にはいくども出会ったこと

があり。危機的財政の割には職員は全然危機的じゃないのね、とカナシイを通り

越して思わず笑ってしまうと同時に、都の職員のお二人ががっつり活躍していただ

いて、2年でも変わる変えることができるのだと、都の考える2年と北海道の考える

2年の差が見たいと思うめちゃめちゃ寒い真冬日なのでした。

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

真赤なネクタイ

不本意ながら人前で話す仕事もあり、特に受講生が女性が多い場合はいつも

着ていくモノで朝は悩ましい。講演の内容によってはカチッと見える形のスーツや

バリっと白を着てみたり、また企画者側でゲストの講演者がいる場合や、シビアな

会議をするときは落ち着いたプレーンな形で濃紺や黒を着たりと気をつかって

結構面倒。バーゲンでも仕事用のスーツばかりに目がいっておかーさんの幼稚園

入園式用みたいなひらひらピンクスーツや保険屋のオネエサマ方が着るような

キンキラゴールドのライン入り裾短めスーツも手元にはなく、あんまりバリエーション

はないけどパターン化してる男性よりは悩ましいこと多し。

さて、このところ、テレビでオバマさんとヒラリーさんの戦いが報道されているけれど、

対岸の火事的なこともあって、気になるのはスピーチとか政策じゃなくて二人の

ファッション。男性のオバマさんはダークスーツに白ワイシャツに水色などの

カラフル且つサワヤカ系のネクタイでいつもきっちり。若さとかやったるぜ的

戦略ではこういうスーツネクタイがいいのね。そして気になるのはヒラリーさん。

アメリカでは見た目はとっても大事ということで専門家がめちゃめちゃ分析して

スーツの色形も戦略化してるということだからきっちり主張もするけど女性にも

受け入れられる骨頂のようなスーツをヒラリーさんは着てるに違いない。これは

参考にせねばなるまいと大いに注目してみてみたのだけど、色も赤からグレー

まで色々だし襟も大きめのからノンカラーや刺繍付や裾が短めとか七分袖など

ホントにいろんなパターンのスーツを着用しているではないか。うむむスーツ

よりもキャラの方が強いということなのか?とヒラリースーツ分析してる所に、ヒラ

リーさんの応援団として、元大統領の旦那クリントン氏が映った。少し年を取った

のか控え目にしてるのかわからないけど大統領選挙で一番効果的と言われてる

真赤なネクタイを一応つけていてるにもかかわらず、しっかり女房の後からどぞ

よろしくと握手してる姿が、なんだかちょっと弱々しく見えたのは私だけよ、と思い

たい今朝のネバダ州なのでした。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

時代を超えてまでも

チラシが見たいばっかりに地元新聞を取っている私であるが、いつも大量に

入っているパチンコ屋やスーパーのチラシに混じって、最近は銀行やら投資

会社の説明会のお知らせやら弁護士などの「士」業のPRなども見かけることが

あり。最近はチラシの種類も変わってきたなぁと思っていたら、今朝は厚生労働

省から結構厚いお知らせが挟まっていた。なんでも過去にフィブリノゲンを投与

していた病院の一覧。過去にこの病院で止血とか手術とかしてませんか?という

モノだった。C型肝炎関連のニュースはテレビで最近毎日のように報道されて

いるものの身近に感染者がいなことからどちらかというと「あんまり関係ない」

ことだったのだけれども、何の気なしに今朝の病院一覧の兵庫県を見てると

なんと!ちょっとした熱冷ましくらいが欲しい時に行っていた薬大好き誤診たく

さん、そのままそこにかかっていたらヒビが入った私の腕の骨が曲がっていた

かもという大藪医者の名を欲しいままにしていた近所でも評判?の××医院の

名前がそこにあるではないかっ。(薬は滅多に出さないが言うこと聞けばピタリと

治る駅前の名医の名前はなかったの)。しかし「私って手術とかした?」と聞いても

「さぁないんちゃう?」という微妙な返事をする高齢の母に聞かなくても、私は今

まで入院やら大きな怪我やらをしたことがありがたいことになく、保健所に肝炎

検査にいかなくてもよさそうだけれども、今朝の新聞を見るに、大病院から町医者

までどこかにはお世話になったことがある人が多いはず。改めて近親者に確認

するとともに、あの藪医者にこの年になっても悩まされるかと、迷惑なやつは時代

を超えて迷惑なのね、としみじみ思う今朝の朝刊のチラシなのでした

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

あれから13年

明日で神戸淡路の震災からちょうど13年になる。家族は当時愛知県に住んで

いたし、親戚では家が半壊したところもあったけれど、友人も含めてけが人が

一人もなかったことは幸いだった。でも、小さい頃から親しんでいた神戸三宮の

アーケードがなくなったり、北海道に移り住んでからも関西に行くと必ず寄った

馴染みの老舗Barが廃業したりと、震災後訪れた故郷の景色が一変した、という

かなくなったショックは言い表せないほどだったし、手元にはやっとのことで入手

して涙ながらに見るはずだった宝塚歌劇の御贔屓のサヨナラ公演の5列目の

チケットが未だにあったりする。

親戚知人たちの安否が確認できたときは本当にうれしかったけれども、当時札幌

で、挨拶のついでに「で、震災は大丈夫だったんですか?」という不躾な質問には

いつも憤慨していた。もし私の両親でも亡くなってたら、そしてそう聞かれた人の

思いや、両親が死んだと答えられたら質問した人はどう感じたんだろうか、と15年

ぶりに怒りとともに思い出してしまった。

実は廃業となったそのBarには震災の2週間前に訪れていて、当時はよく北海道

で地震があったので、マスターが「北海道は地震が多いから気をつけて、いつでも

神戸帰っておいでや」ととても心配してくれたのだけど、しばらくマスターの安否が

確認できずに、ややしばらくあって無事が確認できた時はへなへなと腰がくだけて

安堵したものだ。そしてその時滞在していた定宿にしていた宝塚のレディースホテル

は半壊して閉店。2週間違っていたら私がそこで震災に合っていたことになる。

近年も各地で震災が起こっているけど、決してとても親しくない人には挨拶ついで

に震災のことを聞かないであげてください。

今日も一日何もなかったことに感謝。

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

北口のガラス処

通勤ではいつも札幌駅構内をつっきって、駅北側の東口に抜けるのだけど

その東出口では毎度「何もそこまで」という一団を目撃することができる。それ

らはガラスで完全に仕切られた1畳半ほどの狭いスペースに肩を寄せ合い

皆、白い煙を排出してムセっている。そうそこは喫煙スペース。いつも結構

満員で、ガラスで透けているだけに喫煙者が「見ないで」的情けない顔なのが

なんだかお仕置きを受けて立たされてるようなのも珍妙である。最近はビル

全体が禁煙になったところもあるようだし、札幌の中心部では歩きタバコは

罰金1,000円だそうで、愛煙家にとっては札幌駅北口東側近辺で平和に喫煙

できる場所といったらそこがどうもメッカらしいのだ。

「何もそこまで」軍団は街角のオフィスビルの外の入り口付近でも目撃できる。

吹雪の死ぬほど寒い屋外の一角に喫煙所があって、震えながら、寒くて体を

小躍りさせながら体を屈め、口をとんがらせて一服派も必ず目撃。「んじゃ、

いきますか」と愛煙族同士休憩時間に仲良く吹雪の人となる場合もあるようだ。

北口のガラス処に吸い込まれる愛煙家たちも「あそこ格好悪いよね」と自覚が

あるのに利用するくらいだし税金たくさん払ってると言いながら確実に値上がり

してもたばこを買わずにいられないくらい喫煙というのはやめようとしてもやめ

られないもんなんだろうなぁ。

私はタバコは吸わないので、隣で吸われたら煙いし匂いつくし、どちらかというと

この世からタバコなくなってもいいぞ派なんだけど、喫煙家の健康を考えれば

本数を減らした方がいいいだろう。そこで提案。あのガラス処を利用する場合、

たとえば喫煙所に入るには、ウサギの耳をつけなければならないとか一服吸う

度に一発芸をしないといけないとか規則を決めてみて、カッチョ悪い状態をエス

カレートしていって愛煙家の本数軽減に協力するのはどうかと。ビジネスマンの

バニーちゃんや朝から一発芸を見ながらの通勤もオツじゃわいと思う寒さ厳しい

冬の通勤時間なのでした。

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

心配されているうちが花

お正月休みがあけて早3日。お正月なんてあったっけ状態で新春あけ初日から

目一杯仕事中の方も多いかと思います。ああ御苦労さま。

お正月は家族が久し振りに会える場。普段の仕事を離れて、朝寝できてご飯

ができていてお風呂も湧いていて極楽極楽楽しいウレシイ実家。というイメージ

が先行してるようですが、実は、札幌で勤務してる独身女子のみんなにはかなり

の試練の場。久し振りの実家家族勢ぞろいというのは実は大変だったりする

らしい。実家天国なのは珍しがられてこれ食べなせこれ買ってあげようか攻勢

はせいぜい3日間くらい、4日目くらいから、片付けなさい、仕事はどうなの、で

アナタは結婚はどうなのよ、ちゃんとしてるのか攻撃が容赦なく続くらしいのだ。

今年のお正月休みは長かっただけに、年末から各人作戦を練って、小言を

言われずに済む期間だけ帰省するには、とか、小言を分散させるために、

年末前に一度帰っておく、とか、中には親戚からの辛辣な攻撃を避けるために、

年末年始は帰らない、という作戦を展開するモノも登場。そして帰省日程が短い、

又は帰ってない人のほうがお土産を持たされる、宅急便される量が多くて、そん

なもん札幌でたくさん売ってるから的、お菓子とかカップラーメンとか食べ物系

がぎっしり詰まった段ボールや包みを抱えて帰宅となるらしい。

航空券が高い年末年始は帰省しない派の私にも母からいつ帰ってくるのだ、

元気にやっているか、もっと連絡してこいの小言付きで、帰ってきたらお正月の

福袋でいいもの入っていたからあげるからと押し付けがましい電話があり。

昨年の福袋ではお弁当箱とかハンカチとかあまりアリガタイものは一切入って

いなかったっけか。はいはいと生返事で返したものの、いくつになっても親と

いうのはありがたいもんですな。

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

匂う会社

いろんな会社団体にお邪魔してることがあり、普通よりも多く組織の雰囲気を

知ってる方じゃないかと思うし、そこの数少ない女子スタッフとも結構すぐに

親しくなれるので、その組織の内情も垣間見たり、タマには名物個人の癖

とか男性スタッフのカラオケの十八番あたりまで知ってる場合もあり。女の

ネットワーク侮るべからず。

勘違いであって欲しいんだけども、最近イケてる会社と残念ながらそうでない

会社を見分ける簡単な方法を発見。それはコート掛け場。これまた残念なが

ら男性には35歳を超えるあたりからいわゆる加齢臭というのがでるそうで

悪いことに私はとっても鼻が利く(ムセて頭が痛くなるので、自分に香水がつけ

られないタイプ)。この時期コート掛けに案内されると、イケてない会社はとって

も加齢臭がきつく、とてもそこにコートをかける気にならないのだ。反対にイケ

てそうな会社はコートかけが全然匂わない。単純に若いスタッフが多い職場

は風通しがよく、年配者の割合が多いほどフットワークが重いという理由が

全部に当てはまるわけじゃなくて、年配者が多くても、身だしなみに気を遣う

シルバーグレー族が多いとこれがまた匂わなかったりするし、若いのに匂う奴

がたまにいて匂いに比例して無礼なのが妙でもある。(たまにイタカジに香水と

ポマード(死語)つけすぎの過ぎたるは及ばざる族もいるけど)。世のオヤジ族よ、

お洒落して香水くらいつけよ、などと言う気は全然ないけれど社会人としてある

程度の身だしなみは必要だろうし、身だしなみに気を遣う人は会社にも部下にも

女子スタッフにも、そして取引先にも気の付く人なんだろうし、逆の人はその逆、

だったりするのだろうか。

男性ばかり取り上げられる加齢臭だけど、50歳を超えると男性は減り始め、

女性が出始めるそう。女性でも同様のことが当てはまる気がするので、私が

そのくらいになった時は今以上に身だしなみに気をつかわなきゃだわ。

ちなみに匂わない会社の女子スタッフの方が匂う会社のスタッフより愚痴る数

は少なく愚痴る内容が前向きだし、断然ちゃんとお洒落してるような。女の眼力

(鼻力?)侮るなか~れ。

| | コメント (0)

2008年1月 8日 (火)

カフェはいかが?

今年もいろんな地域で起業塾、特にコミュニティビジネスというか女性というか

身近なニーズでビジネスを始める系の講座の開講が多く、ありがたいことに

弊社にも講師とか企画のオーダーをいただいて、講座で元気な女性陣に会える

機会があったり、イマドキの起業スタイルを実際に見られるはありがたいこと。

私が講師を務めさせてもらった講座では、講座の後に起業したり、既に起業

してた方が事業拡大したりというのがあり、おかげで元気に頑張ってまーすと

その後笑顔で挨拶いただいたりすることが多く、かえってこちらが元気をいた

だくことがウレシイことにたくさんあったりする。

しかし起業塾を企画する時、主催者との打ち合わせの際、「一般の方に広く

起業のきっかけづくりを」あたりのご要望だと、年齢や職業もバラバラ、特に地域

だと女性のモチベーションというか、生活環境が全くバラバラなため、起業塾という

よりは女性の意識喚起あたりの話の方がウケる場合があり、起業からはややも

すると離れる話題に触れることにもなってしまい、楽しいけれども起業とか具体性

に欠ける話になる場合があり、残念なこともなきにしもあらず、だったり。

今度、いつもお世話になっている石狩市さんで、「カフェ経営希望者向け」の講座

というのが開講されることになったそうだ。カフェ経営についてはどこの地域に

伺っても希望者が必ずいる鋭いテーマだと思うし、業種を絞ってというのが

これまたスルドイ。(もうひとつ言うと有料なのがチョー鋭い)。人数は限られ

るけど、具体的な講座になるんだろうなぁと興味津津。ご希望者は是非参加

ください、今日の北海道新聞にも載ってまーす。

っていうか、私もコーヒーの美味しい煎れ方知りたいぞ。

http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/citizen/education/chiiki-k05021.html

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

1,2,3、Victory!

ううっマズイ。ゆ~るゆ~る喰っちゃ寝&大酒飲みの友人呼んで、1月は

正月で酒が飲めるぞぃと自宅宴会を主催して私の注いだ酒が飲めんのかぁ

と昼間っから夜中まで飲んで食べたり、今夜は女性が来るからぁチーズケーキ

なんて焼いちゃおう、などの気の抜けまくった年末年始を満喫していたら・・・

ゆるゆるだったあのスカートがキツイ、ブーツはいたら血が止まる。。。ふむむ

なんとかしなければっ・・・。

ダイエットの基本は食べ過ぎない、且つ、運動。筋肉UPじゃっ!ということで

今週からフィットネスクラブ通い復活、1時間のエアロバイクなんてへっちゃらさ。

元来アマノジャクで、はやってるものはキョーミありましぇーんの私もそろそろ

いいだろうということで、昨夜からビリー隊長に入隊。噂どおりで今朝は色んな

ところが筋肉痛、特に階段を降りるのがつらいぜ。一ヶ月後位には腹筋がビュー

テホーに6つに割れて、腹筋触って触ってと男子の手をもって腹筋を触らせる

という逆セクハラをまたできるくらいになるんだい、と仕事ではあまり見せない

根性を発揮しようと意気揚揚の今年の仕事始めなり。

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

謹賀新年!

P505i0003211415

あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

なお太田明子ビジネス工房の仕事始めは7日(月)を

予定しておりますが、年末からお正月にかけてあまりにも

ゆる~ゆる~しておりましたため、7日の週は難しい判断が必要な案件とか

スマートな行動が求められるご要望にはお応えしかねる場合がございます。

もしそのようなことがございましても、どうぞ長~~~い目と優し~~~いお心で

本年もご贔屓くださいますよう心よりお願い申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »