« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

蒼天駆ける日輪の

さぁっ待ちに待ったプロ野球セリーグが開幕っ!。今年も色々とトレードや

海外プレー組とかがいて去年とは戦力が各チームとも変動があって、先に

開幕したパリーグを見てると「おっ?キミはこのチームにいたのか」と思うことも。

冷静に戦力分析をしてみると、某チームは投手が揃って「キミがローテーション

で3番目なのか?」状態で、我が贔屓チームのダントツ優勝は正直ガンバらな

いと・・・なんですが、でもガンバルのきっと勝ってくれるの、とスタートダッシュを

かけたいところ。ともかく熱い試合を楽しみにしてます。

しかし某チームの人気低迷はちょっと気の毒、開幕戦なのに地上波で放送

がない。ちょっと前までは数字が取れるプログラムだったのに。

北海道とか博多のチームの人気は↑で、プロ野球全体も人気UPしてる感あり。

唯一人気が落ちてるのは某チームだけなのに、「プロ野球人気の低迷・危機」

なんて偏ってる報道はそろそろやめて欲しいなぁ。

さぁて、今夕はフリーなのを良いことに、開幕時間の18時にはすっかり帰宅し、

シャワーも浴び、部屋着に着替え、テレビ前に構えたテーブルの上には、ジャン

キーなおつまみと共に、よ~く冷えたグラスとよ~く冷えているビール(サッポロ

クラシック、ビンが好ましい)がセッティングしてある予定であります。

ということで今日15時以降、私に難しい内容の話や、即断しなければいけない

大事なお話を振られても、たぶん答えられない可能性ありにて、ひとつよろしく

おねげーいたしますだ。

| | コメント (7)

2007年3月29日 (木)

若さゆえのハマトラ

今年流行りそうなモードはどうやら今年は、胸のところでしぼってある

ヒラヒラスケスケの生地でできたトップを着て、ボトムにスパッツかスキニー

タイプ(ほっそーいヤツですな)のジーンズというのらしい。

かなり背丈があって、顔が小さくて、足が細くて長くて、まぁエビちゃんあたりが

着ないと可愛くないかも、といってもいいスタイルだろう。さっきもそういう格好し

てる女性がいたけど、お世辞にもヨイ、とは思わなかったぞ。どう考えても我々

がマネして着てたら「オメデタですか?」と妊婦に間違えられるスタイル。そう言え

ばあ、あれね、とわかる男性もいるかな。(オフィスに妊婦っぽいヒラヒラな格好

の子いませんか?)。

どこのオヤジが今年の流行りを決めるか知らないけど、もうちょっと現実的で

日本人の女性がカッチョよくカワイク見える恰好を流行らせて欲しいなぁ。

そのオヤジたちだって、昔は長髪でベルボトムのジーンズにこっぽり風サンダル

にチューリップハットかぶってた世代で、うわぁハズカシーぞぉと思ってるはずだっ。

「あの頃なんであんな格好してたか理解できな~い」調ファッションにおけるカナ

シイ歴史は、もう終わらしたいとは思いませんか?アナタ(誰?)。

かく言う私もイルカや船がついてる巻きスカートとポロシャツに光る水色のアイシャ

ドーをこってり塗って聖子ちゃんカットしてたという若さゆえの過去をできれば消去

してしまいたいと切望する春物がカロヤカに見える季節はじめなのでした。

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

春の大物

仕事を終えて、自宅が同じ方向の男性にたまたま車で来てるから

ということで送ってもらうことに。書類とか重くて助かりぃ。

自宅はその場所から地下鉄でも2つなので、車でもすぐ。

ありがとうございました、と短い乗車で降りようとしたときに

・・・イヤリングが落ちた、・・・助手席に。とても小さいやつが。

焦りまくって「あのぉイヤリング落ちたみたいなんです・・・・・」

すると反応は意外に落ち着いてて

「あっそう、今見つからなかったら、探しときましょうか?」

この男性はなんと清い人生を歩いて来たのだろうか、と感嘆しつつ

私が夫の助手席から知らぬイヤリングが発見されたらあらぬ疑いを絶対に

かけるだろう。そしてイヤリングを出汁にご馳走食べたいとか、春物のトレンチ

コートが欲しいなどと、フル活用するに違いない、かなり確実に。

なんとしてもイヤリングを探さないとぉぉぉぉ。

「お気に入りなんですか?探しときますよ」と運転席の男性は笑顔で

落ち着き払っている、むむ、こいつ大物かぁ?

ややしばらくして、助手席のシートの奥に金属感あり、おおぉぉめでたく発見!

「よかったですね、ではお疲れさま」。「お疲れさまでしたぁ(^^:)」。

助手席に片方のイヤリングを落として・・・って昔、歌があって、確か最後の

デートでわざと真珠のピアスを片方助手席の下に落とした・・とか過激な内容

だったような。助手席にイヤリングというのはアクシデントのランクとしては

不動の上位の座にあると思ってたんだけどなぁ。

助手席にイヤリング落としても今では全然ドキドキしなかったことが余韻に

残る春の宵の乙女心なのでした。

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

炎天下のおもひで

知事選市長選が始まり、町中は選挙カーのケタタマしい「お願い」が続いて

ますなぁ。候補者の演説もまぁあんまり熱心に聞いてる人もおらず、よぉやる

なぁと思ってたら、はて待てよ、と昔のイタい思い出が走馬灯のように・・・。

あれは10年前くらいの真夏でした。私は北海道に移住を進めるNPOの当時

事務局長、機嫌良く仕事してたある日北海道選出の国会議員さんから突如電話

があり、北海道の農業の大切さを東京でPRするので北海道の魅力UPのため

にぜひお手伝いくださらんかと。そして集合場所は自民党本部!何するか知らず

に物々しい警備の中行きましたわよ。そしてそうよ、当日は富良野のラベンダー

風景Tシャツに麦わら帽子をかぶらされ、つなぎを着た酪農家とその議員せんせー

と3人で「北海道には農業が必要なのであります!」とか言って、日曜の真昼間、

新宿をはじめ池袋や渋谷のど真ん中でマイクを持って選挙カー上から熱く訴えろと

言うのさ。まさかこんなことになろうと思わなかったので選挙カーの壇上でしばらく

拉致された宇宙人状態だったのが次第にヤケクソになり、持ち時間訴えまくり、

道行く人に笑顔を振りまき、しまいにゃ炎天下も手伝いトランス状態さ。

自民党のスタッフさんに「これは一番いい選挙カーだから、ニュースで総理とか

が演説してるときはこれだよ」とか、「選挙カーで大勢の前で演説できたら心臓

に間違いなく毛が生えるよ」とか、せんせーから、「建設業だったらいつでも就職

世話するよ」とものすごいフォローがあった等の思い出が、選挙カーを見ると

(思いだしたくないのに)思いだされるのであります。オーマイガッ。

ということは、選挙に出てる人ってたくさん演説してるから間違いなく心臓にぼわっ

と毛が生えてる、ということになりますな。うぅむ、あんまりうらやましくないぞぉ。

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

スキヤキソング

思い立って久しぶりに映画館で映画を見た。普段から宇宙人が攻めてくるか、

殺人事件がおるかあたりでないと食指が動かないのであるが、今回は昔から

シュープリームスが好きとあって、噂のドリームガールスを見に。

話の筋は置いておいても登場人物がみんな歌が上手い(そりゃそうだ。)大音量

で黒人のソウルフルな歌を聴けただけで満足!

そういえば、アラスカ在住のころ、当時カラオケがやっとアメリカで進出しはじめ

で、アラスカでもボックスタイプではなく、クラブあたりでカラオケするのが一番

カッチョいい時代があった。ある日クラブでお世辞にも上手いとは言えないな歌が

続いた後、黒人のグループがオールディーズを歌わんとステージに立った。おお

黒人の人ならば、さぞや上手いリズムばりばりに歌を歌ってくれるんだろうなと、

待ってましたと耳をそばだてたら・・・あれあれあれ????その次に出てきた

黒人グループだってあれあれ?はっきり言ってバリバリの音痴でリズム感なーし。

ハジのにーちゃんなんか完全に手拍子遅れてて腰引けてるし・・・。

それまでメディアを通して見ていた黒人は歌手かダンサー。一流の。そりゃ歌が

めちゃ上手くて踊りがめちゃ上手いにきまってるんだけど、おかげで黒人の人は

全員もれなく歌手でダンサーでジャズが得意だと決めてたよなぁ。そうよ黒人の

人だって音痴はいるのだ。

といいながら、自分はステージでは「上を向いて歩こう」をこぶしを回して歌って

手拍子を要求し、アラスカに来てまで目立とうとする関西人の血が騒ぐ自分が

結構好きだったアラスカの青春時代なのでした。

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

混んでる店は苦手だが

丸井今井がしかけてる「北キッチン」という北海道産の物産を扱ったお店が

えらく盛況。広いとは言えない店内は混んでるしレジは長蛇の列だ。

なんとか北海道のおいしいものを売ろうと提案しても、どさんこからら、北海道

の人には北海道産のものに対して興味ないし美味しくないと思ってるから売れ

ない、と相手にされなかったが、時代も少々変わったということか。

「ここでしか絶対買えない逸品!」という目玉商品は見つからなかったが、道内

でこれだけの道産品が並ぶのは確かに珍しいし、こういう店がなかったことが

不思議だったと言えるかも。

よく考えれば、ホクレンが秋に玉ねぎや新じゃがいもなどで催事するときには、

三越の催事場は大賑わいだし道内外の知人友人に北海道の畑からの幸を

送ろうとどさんこは一生懸命、北海道産のものは喜ばれるというのを道内の人

は知っているからだ。ただ、北キッチンでの奥さんたちの買い方を見ていると、

初めて見たようなブランドでも抵抗なくカゴに入れている。もしかすると、どこ

どこの何、というようなこだわりがあるのではなくて、なんか美味しそうだわね。と

何でもいいから買ってるような気もする。それはそれでふむむ、なんだけど、今

無名なモノでもホンモノを扱ってくれてるんなら、そこから新ヒット商品が生まれて

北海道人お墨付き、という商品になればいいことかと。ひとつ心配するならばこの

お店の人気も飽きっぽいといわれる北海道人の一過性的でなければいいなぁと。

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

シャンとして焼酎

以前起業塾で呼んでくださった富良野の会場で陶芸家さんがおられ、その方が

札幌で個展を開くというのでイソイソ(イソイソしてばっかりやなぁ)出かけてきま

した。富良野の廃校をアトリエとして備前焼きの作家をしておられる方、作家さん

らしくお洒落な雰囲気とお若いながらプライドとかポリシーとかしっかりしおられ

いつも背筋が伸びててとてもカッチョいい。だからかどうかわからないが彼の作品

はとってもシャンとしてるような気がします。せっかくだから何か一つ買わせていた

だこうと相談したら備前焼きは使い込んでるうちに染みてきて各々独特の風合い

がでるから色の浅い赤いほうなんかいかがですか。とのこと。んじゃとひとつ湯呑

(焼酎用だけどさ)をわけていただきました。

作品を見ていて、たぶんだけど、芸術作品だけではなくて何か作り上げる、例え

ば私のスタンスで言いかえればセミナーをする、事業をする、報告書を書く・・・

というのは、良くも悪くもその人のこだわりやポリシーが出るような気がする。

予算が・・上司が・・前例が・・・とか言って大義名分で仕事したりクライアントの

ご機嫌を中心に仕事したりすると心に響かない全然シャンとしてないモノになる

んだろうし、そんなことばっかりしてたら、いつしかヘンなモノが染みて人として

ヘンな風合いになったりするんだろうなぁ。ふむむそれはイヤだぞぉ。

さっそく夕食時に(予定通り)焼酎を注いでみると、おお手に馴染んでよい感じ。

背筋を伸ばして仕事に取り組みたいのぉと思いつつ、これからいろいろ(主に

お酒が)染みて素敵な湯呑になるんだろなとお酒がススむ初春の宵なのでした。

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

イソイソ族

今年は雪が少なかったから「もしかしたらこのまま春になるんじゃないか」という

毎年の淡い期待よりも濃い期待をするこのころ。アウトドア派としてみたら

「雪解け=アウトドア三昧=楽しい」

となるわけで、そろそろアウトドアグッズをごそごそと取り出してイソイソと

磨いたりする季節となりました。札幌市内のアウトドア屋もそんなイソイソ族

が新モデルの下見したり、グッズを新調したりして、あっちもイソイソこっちも

イソイソと更にイソイソ度UPしております。とかくいう私もちょっとカッチョいい

自転車用のメッセンジャーバックをついつい購入。これで通勤はばっちしさ。

しかし今年は冬道を走行してる冬でも自転車族をよく目撃しました。マウンテン

バイクが多かったけど、普通の自転車、いわゆるジジチャリ(ママチャリより

でかくて爺感たっぷりで、でも配達に使うタイプじゃないよく見るやつ)で疾走して

る人を見かけましたが、ついに週末はロードバイクぴたぴたウェア男性を発見。

(一度秋に残雪の中を太いタイヤの自転車で市内走ったことがありましたが

凍ってるところは当然滑って死ぬかと思いました)。早いぞ。と突っ込みながら

でも気持ちはわかるぞ、と雪解けの春を待ちわびる自転車族なのでした。

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

大地真央はエライ

来週は自分の誕生日。とはいえケーキに「お誕生日おめでとう」とかチョコに

書かれてあって、ローソク立てて祝って欲しいとか、プレゼントをサプライズ風

にもらったりするのは気恥ずかしい半面、誰も気づかないのもちょっとサミシイ

というフクザツな乙女心もありーの、近い人にはそれとなく「あっ来週誕生日

だったんだよね~」とかアピールしたりしております。ああ、私ってカワイイ。

オトナになると年齢と体重とか血圧の数は減ったほうが嬉しいモン。子どもの

ころに想像してた20歳とか30歳とか40歳とかってとてもオトナだったけど、自分

がいざその年になると、まだまだ幼稚で惑うことばかりでございます。

しかし!オーバー50歳で12歳年下と婚約した大地真央はエライ!我々(どこの)

にも一筋の光が差し込んで来たといっても過言ではないでしょー。

いくつになってもキラキラのオンナでいつづけるのってきっと大変だろうなと思い

ながら最近,乾杯から焼酎やお燗がやたら心地よく、また男性に飲み勝ってしまっ

たりしてオヤジ化が止まらない自覚ありの送別会シーズンなのでした。

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

どちらかと言えば

春の嵐の中、欠航遅延胴体着陸などを搔い潜り、1週間ぶりに北海道に帰って

参りました。千歳に着いて、本州の身に浸みる寒さと違い、冷凍庫の中にいる

ようなカッキーンとした寒さと、澄んだ空気を吸った途端、息がしやすい、鼻が

通る、そうよそう、花粉が飛んでないのよっ。

本州では天気予報での「非常に多い」という非常に悲しい花粉情報対策として

豪華マスクに普段はかけてないメガネを着用していたんですが、外を見ただ

けで空気が霞んでて「飛んでる」状況。それでも外出せねばならず、猛吹雪で

外出する時以上の覚悟が必要でした。寒さは「ああ寒かった」と温めれば回復

しますが、花粉はそれからが大変。早く花が咲いて花粉がひと段落すればいい

のになぁと桜の開花を待ちわびる気持ちが膨らむというもんです。

「来てる?」「うん、来てる、確実に」とまるで霊感がある人かっのような会話

をしていた1週間。千歳からの帰り道、カッキーンと澄んだ夜空を舞う雪を見な

がら、飛行機が少々遅れても、やっぱり舞うのは雪の方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

そんなやつおらんで

この週末、梅田の百貨店の催事にいそいそでかけたら、まだ開幕前だと言う

のに、梅田地下街には、「今岡誠」「猛虎」「阪神優勝」などを全身にまとった

全力で阪神ファンだと分かる格好をした人を目撃。うっかりしてましたが、週末は

甲子園で読売とオープン戦があったんですのよ。

そういえば北海道からあまり外へ出たことがないというコテコテ(とは言わんか)の

道産子と関西出張で関西空港へ向かう機内でも彼はなんだか緊張気味、どうやら

関西出張でも夜はあまり出歩かない方がいいとか、道を歩いてても目を合わしたら

いちゃモンつけられるから下を向いて歩いた方がいいとか、恐怖を植え付けらえて

機上の人となったらしい。そして関空に着いて一言、「誰もタイガースのハッピを

着て歩いてない・・・」。

・・・あのね、でも関西に対する北海道の人の印象ってこういうモンらしい。反対に

本州の人には、北海道の人はラベンダーの咲く所で生活をしていて、毎日カニを

食べて時々熊を目撃してるらしい、と思われるのとまぁ似たもんだ。しかし彼が

たまたま今回大阪出張してたら、「やっぱり関西人って毎日阪神応援する格好で

生活してるんだ」と思ったんだろうなぁ。まぁそれもそれでエエか、オモロイから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

ホントの清水の舞台

先週から花粉まみれで本州出張しております。はーっくしょい。

で、花粉が飛んでるというのに、梅がどうやら満開だ、と聞きつけ、日曜日の

京都に行ってきました。関西に住んでいたころは、ぶら~っと京都散歩などに

よく出かけて、いつかオトナになったら、私も彼氏と鴨川べりに均等座り(ナゼか

等間隔でカップルが座ってるですわな)するんだぃと思ったもんでした。(オトナ

になりましたが、誰か一緒に座って・・・)。

大好きなスポットは数あれど、特に好きな清水寺に行ってみたくて、バスに乗って

見参。いや~混んでましたよ。いろんな地方の方言に混じり、英語以外の外国語

も聞こえてきて、オーインタナショナル!参道で舞妓さん発見!と喜んで見たら

「私は舞子さんの格好をしてる観光客でーす」とバレバレの太さといい顔のでかさ

といい、見た目といい(私が言うな、スイマセン)延髄切りモンながら、人前で怖じ気

ることなどなくはしゃぐ舞子さん化粧と同じくらいに厚い彼女達の根性にブラボー!

清水寺の参拝料が300円、ボロ儲けやな、と突っ込みながら、今まで幾度も

仕事で清水の舞台から飛びおらされたことを思い出しつつ、幼い頃から見ている

風景はなんだか心が落ち着くなぁと、おたべをほおばる花冷えの京都なのでした。

P505i0015728781 京都御所の梅です。

 残念ながら散り始めてましたが梅の向こうには御所が。。。

 OH!KYOTO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

きてます。

本州の天気予報って、花粉の予報もしてくれるんですなぁ。ちなみに明日は

「非常に多い」らしい・・・。真冬に北海道で雪かき情報を天気予報のときに

してくれて、ONちゃんとかもんすけとかテレビキャラクターが、ママさんダンプ

持って渋い顔して雪かきしてるのと同様、地元テレビキャラがマスクして

悲しそうな顔してくしゃみしてるイラストは・・・キツイ。明日は風も強く、花粉が

めちゃめちゃ飛びまくるらしい、ああ北海道に帰りたいよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

根室の金さん

今週は根室の納沙布岬近くの、歯舞漁業さんで、「起業・ものづくり」を

テーマに講師をしてきました。歯舞といえば、昆布醤油というヒット商品

があるし、何と言っても、漁協というのは初めて。わおっ。当日は半分が

昆布商品を作っている女性部のおかーさんたち、半分は漁協のいろんな

部所の作業着の男性陣約50名。女性部のかーさんたちは、売れる商品

作りたいからウナズきながら聞いてくださいましたが、方や男性陣は基本的に

商品作るというとこからは遠いお仕事。普段は起業塾の受講生などで起業に

ついて熱心に聞いてくださるスタンスの方がお客さんだけど、起業には興味ない

かもよ、という男性の作業着軍団への講義は初めて。ちょっと(多分聞いてる

方も)ツラカッタ。ガンバッタ。なんとか90分やりぬいて、最後に漁協の組合長

にご挨拶に伺うと、ぬぁんと組合長はめっちゃ見たまま漁師さんで、肌の色は

海焼けのチョコレート色、どんな重い網なんてへっちゃらさのような頑丈な体つ

きねじり鉢巻きさせたら日本一のパンチパーマに輝く笑顔。事務所で話してる

のにバックに兄弟船の曲が聞こえ、大漁旗と波シブキと見えたのは私だけで

あっただろうか。あまりにカッチョよかったので、素直に「組合長カッコいいです」

と言ってしまいました。後日、歯舞漁協商品詰められるだけ詰めましたっ段ボール

が自宅に到着。オフィスの女子たちに昆布商品を振舞うと共に、組合長はじめ

根室の男衆を例えるなら「気前がよ~くて二枚目でちょいとヤ○ザな」遠山の金

さんかも~と思いながら昆布おやつをかみしめる午後のひと時なのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

さすがにゴーグルまでは

今週末からおよそ2週間、出張などが重なり、花粉の吹き荒れる真っ最中本州

に居なくちゃならない、という大ピンチを迎えようとしてます。OL時代の20代から

発症して、春になると、目や鼻を取り出して洗いたいし、目は腫れて顔がぼこぼこ

になるし、鼻水は止まらないし、美人台無し(・・・自分で言うか)。

予防が大事と、耳鼻科に行ったものの、悪質なドクハラとの戦い(ワシの言う

こと聞かないと薬やらんぞ、とぬかしおった)でくたくたになりながら、何とか

やさしい内科医を探し出し、もし発症してもこれを飲めば塗れば噴霧すれば、

というありとあらゆる薬を本日ゲット。もぉこれで大丈夫だっ!しかし、本州の

友達から、マスクしてきた方がいいよメールなども届き、できれば杉花粉のない

沖縄出張あたりに行先が変更にならないかな、ならないよなと、ひとりつっこみ

しつつ、薬局に豪華なマスクを買いにいく予定の春の出張前なのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »