« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

夜の羽田発札幌行き

先日羽田空港で時間があったので、ANAの3Fのテラスに座って人のウォッチング

をして楽しんでいました。カウンターにかけこむバカンスに行くの格好のカップルや

スチュワーデスって言わないかえっと、キャビンアテンダント(どっちでもええやん)

と何か食ってかかってるかのようなニギヤカで何色もの原色の服を着てショルダー

バック斜めかけのきっと関西のオバサマ集団とか。大勢の人が右往左往。

最近一番服装が変わったなと思ったのがビジネスマン。ノータイが増えました。

クールビズ初年度はネクタイがないとどうも落ち着かないのよねオヤジが

多かったようですが、サマになってる人が増えてきていい傾向ですなぁ。

各々雲上の人となるべく乗り込んでロビーはだんだん寂しくなり、人が少なく

なった空港は結構ステキで、恋愛ドラマの台本でも書いてみたくなる雰囲気

でした、書けないけど。

しかし、毎回思いますが、客室乗務員さんっているんでしょうかね。ホントに

スッチーもあんなカッコイイ制服着なくていいから、飴もジュースいらないし

(いつも寝てるからもらえないし)、ジュース配るときエプロンしなくていいし、

機内販売でカバンなんて買わないし、そもそも札幌行くだけで12人も乗らなくて

いいと思うし、気流が悪いから指示で着席いたしますって働かないし。

外人乗ってないやろ、と思うのに英語でアナウンスうるさいし。

緊急脱出の際に補助お願いしますって勝手に決めるし。

スッチャデスさん要らないエリアとか決めて航空券販売してくれて2,000円引き

でもしてくれたら私はそっちの席買います。きっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

実家の猫も虎猫

日ハムリーグ一位決定おめでとうございます。札幌市内の百貨店はこぞって

優勝バーゲンが始まったようで。女性陣は嗚呼忙しい。参じねばなりませぬ。

そう言えばちょっと前。全然関係ないのに、読売チームが優勝したりすると

そごう(今はないですが)と地元の丸井今井百貨店が「優勝ありがとうセール」

とかワケのわからないことをやっていて、店員がヘンなウサギのサンバイザー

とか被って店頭に立っていたので、セールが終わるまでその百貨店には近寄ら

なかったことがありました。そりゃ、自分が広島にいてカープの優勝バーゲンを

福屋とかでやられたら納得、というもんですが、フランチャイズでもない東京の

チームをなんで応援するのかとても不思議、地元新聞があるっちゅうのに、何で

よその新聞社の応援をするのだと。というか。人気があるから乗っかるという

節操のなさに地方の情けなさを嘆いたことがありました。そごうも丸井も偶然

かもしれないけど、なくなったり、経営が譲渡されたりするのは、その経営理念

の薄さが起因してたのかもしれません。

(昨日の日ハムのビール掛けのビールは当然サッポロなのが嬉しかったり。)

さて、日ハムさんにはガンバってもらって、日本シリーズを札幌ドームで開催

して欲しいです!札幌で阪神の日本シリーズが見られるのはウレシイじゃ

P505i0013107332あーりませんか。そうそう、セリーグは阪神が優勝しますので、

待っててください、わっはっはっは。

頑張れ阪神タイガースだにゃー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

おトヨタさん

名古屋に出張で滞在してます。名古屋は学生時代から大人になるまで約10年

住んでいたこともあり、ランチに赤ミソの味噌汁が出てこようと、トンカツに

赤ミソがかかってようと、またそれが歯にしみるほど甘かったとしても

コーヒーにおつまみがついてこようと、駅前に大名古屋ビルヂングがあろうとも、

予測範囲内なので余裕ではありますが、ここ数年間の名古屋の変わりようには

未来博の前後くらいからでしょうか、特にインフラには驚かされるものがあります。

で、今回めちゃビックリしたのが、名古屋駅前にそびえ立つ建設中のビル

何階建てかは知りませんが、数年前に建った高島屋が入ってるツインタワー

なんか遥か越して、なんでもそのビルの20階くらいから40階くらいまでは

トヨタ本社の国際部が入居するとのこと。口をあけて見上げてしまったもの。

また名古屋から快速で30分くらいの沿線の駅周辺では、その社員たちが

すむべく高層マンション建設もみられるようで、町の様相もトヨタ次第のようです。

新参者が新しく商売してもらおうと思っても時間がかかると言われる名古屋商売。

最近は昔みたいな嫁入り道具もいらなくなったと聞きますが、駅前の老舗名鉄

百貨店もリニューアルして松坂屋や高島屋と勝負に出て町も活気にあふれた

名古屋の町と人。北海道の「いいんでないかい」経営者が名古屋の商売人と

P505i0013172876ビジネスしてもらうのには、ちょーっと時間と努力が

いるように思うがや。

ナナちゃんもおるでよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

うっぷす

その昔、アラスカに長期滞在する前、私は全然英語が喋れなかった、全然。

行って生活すればきっとなんとかなるさっと思ってはいたが、でも心に決め

ていたことがあった、いくら喋れるようになっても「オーマイガッ」とか「ア~ハ~」

とかアメリカかぶれな言葉だけは喋らないようにしようと。日本でたまにかぶれた

いかにも軽いヤツが「ウップス」とか言っててさぶいぼが出たことがあった

からだ。ちょっとだけ関西にいたことがあるのに「なんでやねん」とか発音が

まるでヘンな関西弁を使うやつより許せなかった・・・。

ああそれなのに、それなのに・・・。

昨日英語圏の人からの電話がかかった。嗚呼また「ア~ハ~」と連呼して

しまった。英語圏の人と話をするときにわからないときには両手を広げて

「オゥーノー」の格好をしてしまう。しかも間違えたときは「ウップス」と。。。

そんな自分に「オーマイガッ」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月20日 (水)

石狩で石狩鍋越え

夕張で夕張メロンに継ぐご当地訪問ご当地名物頂戴企画第2弾!それは

「石狩で石狩鍋」!。行って来ました石狩市の石狩さけまつり。北海道の秋の

味覚を賞味すべく、鮭の遡上が確認されたという知らせを聞いて、一路石狩へ。

お祭り当日は「演歌歌手オンステージ」「石狩人芸能大会」などのイベントも開催

されていましたが、私のお目当てはいくら丼と石狩鍋。何軒かの仮設屋台が

呼び込みをしていましたが、メインステージ横の漁協のおかーさんたちのを

いただくことにしました。じゃがいもは入らないとか、白菜は水っぽくなるから

キャベツなのよとか、おかーさんたちの薀蓄も調味料となって、秋晴れの空の

下の大盛りのいくら丼と石狩鍋は、嗚呼北海道なのね、とうなる美味しさでした。

その後石狩川河岸で、地引網があるというので行ってみました。ネジリハチマキ

の色黒の漁師さん(魚のプロ中のプロですな)が勇ましく網を仕掛けて巻き上げ

手際よく鮭と川魚(鮭ばりにでっかい鯉とか)を分けて、それを北大の行動知能

研究してる教授と学生さん(連休なのにご苦労さまですな)が鮭に標識をつけて

再度放流するという一連の流れを見せてもらいました。石狩川は色んな川の

入り口なので、鮭たちは、なんでか自分でもわからないけど「じゃ俺千歳川」

「俺は豊平川だ」とか鮭たちがケナゲに遡ってるのねと思うとなんだか応援

したくなるってもんよ。

初めての地引網拝見でしたが、結構感動。北海道に移り住んで12年になりますが、

まだ知らなかった北海道らしいことってたくさんあるんだろうなぁと思いました。

さぁ来週は何をして北の大地の秋を満喫しようか、ニセコのジャガイモとかも

おいしそうだし、次は富良野でペンション泊まるかぁ、余市でニッカはやったしなぁ、

夕張で夕張メロン石狩で石狩鍋を越えるモノを検討中の秋の北海道であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

ニッカオジサンゴール

第20回「ツールド北海道」の最終ステージのクリテリウム(短距離をぐるぐる回る)

が昨日札幌の大通り公園で開催されました。晴天の日曜のモエレ沼ゴールでは

観客も「自転車やってます!」と体脂肪なさそうな焼けた体にピチピチ派手派手の

サイクルウェアに細~いタイヤのロード系バイクの人が多くて自転車率高し。

(私もご自慢のT-mobileのドピンクのウェアで観戦、ちょっと恥ずかしかったの)

うって変わって昨日は生憎の雨。でも大通りゴールは関係者の念願だっただろうし、

大粒の雨にもかかわらず大勢の観客があり、自転車のスピード感を体感してくれ

たんじゃないかと思います。

加えて昨日はゴール前のいい場所で観戦できたので、ポイント奪取のスプリント

を目の前で見られたりしたので、寒さを忘れてコーフンして応援しました。

レース前に近くのコンビニで暖と補給食を食べてたところ、隣の席にはピンクの

ジャージの日本大学の3選手が軽食中。耳を立てて聞くに「ツールドフランス

みたいにみんなで手を繋いでゴールしたいよね」と言ってて、学生チームは

たぶんプロチームについていくだけで精一杯、よくやったエライぞ!と応援して

しまうのですが、本番ではその科白を言ってた子が周回遅れでリタイア、ああ

一緒にゴールするんじゃなかったのかっ。

またレース終盤に「ダーッ」「ツァーッ」とか意味不明のことを絶叫する人がいた

ので「日本語になってないぞ」と振り向くと、それはタイヤ持って檄を飛ばす

チームイランのコーチだったり。

自転車はマイナーな競技なんだろうけど、真っ直ぐな道路で世界のツールレース

ばりの緑の雄大な景色を見ながら疾走できるのは、日本でも北海道だけのこと。

こんなに自転車が似合うとこってここしかないと思うんですよ。いつか、札幌駅か

ススキノのニッカのオジサンゴールとかのツールド北海道が見たいなぁと思う

北海道の自転車ファンであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

まだあきらめえてへんでぇ

最近の日ハムの人気は赤〇急上昇中で、今夜の札幌ドームでも先日の

西武戦くらいの3万人超の来場が期待されるそう、いや~スゴイですな。

思い起こせば日ハムが札幌に本拠地を移転してきた初年度の西武との

開幕戦、相手投手が松坂にもかかわらずあんまりお客さんいなかったよなぁ。

初年度は集客のために北海道新聞販売所の招待券も申し込んだらほとんど

当たって行けてたし、確か相手チームの応援団も少なくて、ヘタなラッパが

球場にコダマするように響いてたり、オリックスのとき確か応援団もオジサンが

3人でホイッスルだけでケナゲにリードしてて涙出そうになったり、ビールだって

お客少ないからなかなか売りにきてくれなかったよなぁ。試合で前半でボコボコ

に点入れられて8点差くらいあったのに、B★Bが内外野まわって愛想振りまい

てて、その状態でトラッキーが甲子園回ったらハリツケされるやろなぁと思いな

がら、いつになったらお客さんでイッパイになるのかなと心配してしまったことも

ありましたなぁ。去年くらいまでは、外野のフェンス際に陣取って、外野手に

野次とばしたりメガホンでフェンスたたいてたんですが、今年はフェンス際に

座れるのは開場時に走らないとダメなんでしょうなぁ。

しかし、混んでるパリーグ、というのがどうしても慣れん、ロッテ×日ハムだっ

たら昔なら応援団10人くらいで、お客も外野広い範囲貸切状態だったよなぁ。

ということで、札幌市民としては日ハムの応援は一応しておりますが、

今夜の我が家の食卓は、手羽先と味噌カツを大量に用意して、名古屋に

向けて縦じまの念力を送り続けねばならない状況となります。3連戦3連勝

するのだ!札幌ドームで日本シリーズしたげてもエエよん。活!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

アグリセミナー今年も

来週からアグリビジネスセミナー&コンサルが始まります!昨年度までは

道庁さんで行った事業http://www.pref.hokkaido.jp/nousei/ns-rtsak/agri/index2.html

ですが今年度は北海道総合通信局さんの事業で、当別・石狩・帯広の3箇所で

開催させていただくことになりました。各地域ともステキな地域リーダーや、頼も

しい自治体の担当者がおられてこの事業を一緒になって汗かいてくださってる

おかげで開催できることになりました。ありがたい。

講師の皆さんもホントに忙しくてホントはもっと謝金お支払いしないといけない

方々なんですが、お願いに伺ったところ、「いいよっ」と快く二つ返事で今回の

仕事も請け負ってくださいました。皆さん北海道のことが好きで北海道の

「人」をなんとか動かしたいと思っているビジネスマンたち。

セミナーで実際にビジネス化を目指す前向きな農家の方に出会えるのも

本当に楽しみなのですが、嫌なことがあったり、トラブルが勃発したり、泣い

たりして、もう嫌だ~ということがあっても、私が起業塾とかを地域でやらせて

いただくのが辞められなくなってるのは、現場で頼もしい人たちと一緒になって

シビアに仕事ができるのが快感になってしまってるのかもしれませんし、そういう

方々と知り合いになれて私はホントに幸せモノだとつくづく思っています。

持論ですが、セミナーとかコンサルって、何人来場したか、とかの数じゃなくて

先生と呼ばれる人が人生訓をたれる場じゃなくて、実際に売上げを伸ばすとか

経営が良くなるとか、皆で一緒に汗かいて泣いて笑ってという現場であるべきと

思っています。今回のセミナー&コンサルも儲かる農家を作る一助になれば

と思っています、さぁ始まるぞぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

つぶつぶ星人

自分のオヤヂ化現象で最近自覚があるのが「サウナが好き」ということ。

週一回は大きい温泉銭湯に出かける、というのが習慣になってきました。

大抵自転車で遠出をした後に行くことが多いので、汗腺が開いているのか

毛穴という毛穴からぶぁ~っと汗が噴き出して、全身つぶつぶ星人のように

なるのが快感になってきています。どこのお風呂も洗い場は空いていても

サウナだけは混んでることが多く、サウナ内には大抵妙齢の人生の先輩たち

が我がモノ顔で陣取っておられるので、すいませ~んとか言いながら場所を確保

するのがちょい難儀ですが、皆さんが汗を工夫してかいてる姿はいじらしいことも。

例えば、必ずいるのが、ビニールシートをオナカに巻いて部分やせを促進

してる「サランラップおばさん」、顔痩せを狙って顔になんかかぶってる

「サウナ仮面おばさん」、サウナ内を仕切って指示もだす「サウナ牢名主

おばさん」、そして水風呂に長~くつかってる「土左衛門おばさん」。

皆さん「痩せないのよぉ」と言ってるので、痩せることが大きな目的のよう

ですが、サウナで出るのは水分であって体脂肪ではない、ホントに痩せたい

ならサランラップまいたり仮面かぶったりして我慢するよりは、ちょっと運動

するくせつけた方がいいですよぉとつっこみたくなることもしばしば。

しかしサウナ内には若い人がいない、サウナの良さがわかったら私も立派

なオトナってことかしら。

お風呂上がりに、腰に手を当てながら飲む牛乳というのはまた格別。あぁ

明日も元気で仕事するぞぉと、気合いが入るお風呂ってステキ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月12日 (火)

なんでもないようなことが~

引越しにあたってめちゃめちゃ捨てまくっていますが、整理しだすと

「誰がこんなものをっ」などの身に覚えのない品々の発見の他に、アラスカ時代

に集めてたアイスホッケーのトレーディングカードとかに加え、「アラレちゃん

眼鏡(古)をかけた証明用の写真」や「男女に友情って成り立つの?」級に

恥ずかしい言葉がちりばめられた「青春時代の日記」や、しまいにゃ

「ラブレターの下書き」など人生から消してしまいたーいモノの発掘などがあり、

大掃除するだけで、気力を振り絞っているのに、気力が失せてしまう品々との

再会からのダメージなどがあったり、整理に時間がかかって仕方がありません。

Bigdscf0110_1 一方、自宅周りの見慣れた風景ももうスグ思い出になると思う

ハスキーのありちゃんとよく遊んだ公園も思い出がイッパイ

で感慨深くなってしまったり。自転車での快適な朝の通勤で、

豊平川を渡って中島公園をサワヤカに抜けて、ほとぼりが

冷め切っていないススキノを通って行くときに、よく見かける

酔っ払って行き倒れてるホストとか、まだ騒ぎたらなさそうなキャバ嬢集団とか

ススキノならではの景色も、来月からは見ないんだ、と思うとちょっと思うとこが。

引越しすると言ってもそんな遠方に行くわけじゃないし、自宅から見える藻岩山の

夕焼けが好きだったと言いつつ、次の自宅からの方が藻岩山近いじゃないよ、と

ひとりボケひとり突っ込みなどをしながら、なんでもない風景がやたら胸に来る

ちょっとおセンチ(古)な豊平区民でおます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

お部屋もダイエット

約10ぶりに自宅の引越しをすることが決まった。今のところは隣りに住んでる

大家さんにも家庭菜園のトマトとかもらったりしたり、スゴクよくしてもらってるし、

近所皆さんには犬の散歩を好きでしてたお礼に煮物とか季節の果物とか

もらったり子供たちと遊んだりしてるうちに、とても仲良くしてもらってるので、

ついつい居座ってしまっていた。10年になる前にぼちぼち引越しもなぁと

ぼんやり思ってたところに、よいご縁で思う物件と出会い、急遽引っ越すことに。

Dscf0167_1でも、大家さんに、引っ越すなんてとても言えない。

ハスキーんちのおばさんにもとても悲しくて言えない。

とりあえずハスキーのハッチには言ったんだけど

今生の別れになるでもないのに、泣けてきた。

・・・でも、引越し準備は進めなければならぬ。引越しには引越し

ハッチです 引っ越すのか? 業者にまず見てもらわないといかんが、10年近く住ん

でると、いろんな物が蓄積・培養されてて、「おおこんなものがっ」と家主も知らない

物体なども発見されるだろうし、この際、週末は捨て星人にへんし~んして、

自宅の一斉閉店赤字覚悟最終大蔵ざらえを開催しなければならぬ。

「NETでお気軽引越しお見積もり」したばっかりに4社から見積もりしますいつ

にしますかどうなりましたかメールが届きだし、オフィスの机の上の積み重なった

書類たちを見て、つくづく「整理整頓」という言葉が重くのしかかるお尻に

火がついた週末なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

伝統の一戦だったの

仕事を早く切り上げてがんばって帰宅してすばやくシャワー浴びておつまみと

冷えたビールを用意して、とアフター5のウィークデーのお楽しみといえば、

そう、プロ野球!(完全にオヤジです、スイマセン)。でも最近は読売との試合

のときはCS放映がないとか延長してくれないとか、色々事態が変化あり。

でついに、昨日、阪神×読売の試合が地上波での放映なかったのです・・・。

そして今夜も。唯一パイビジョンで放映してくれたので(G+は見ないの)なんとか

観戦できましたが、読売系で放映されてたのは、昨日は船越栄一郎さんの

「愛の絆シリーズ」とかいうドラマ、そして今日は「サルヂエ」とかのバラエティ。

伝統の一戦のほうが視聴率が取れない、ということなんでしょうか。。。。。

国民的人気があった全日プロレスが土曜の月9から撤退になったときは

プロレス人気全体が低迷したようですが、今回はただひとつのチームが人気

なくなっただけのこと。今までの偏った放送自体がヘンだったのかも知れません。

読売ファンのオヤジは「もう野球興味ない」とか信じられないことを言ってますが

しかし、読売以外のファンが逆境の中で応援するのは慣れたこと。テレビがなきゃ

雑音すごいラジオで観戦した時代を思い出すと、テレビ放映なくっても、しっかり

応援はできるのだ。かっとばせぇ赤星!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

甘い戦い

みなさんはオヤツ、どうしてますか?

ランチ、いつもよりたくさん食べたハズなのに、16時くらいになるとオナカが

すいてくる、17時過ぎるとかなりツライ状況になってくる。

最近はメタボリックとか言って中高年の肥満に対して世間も神経質になって

きていて、特保の大ヒット商品の「ヘルシア」をはじめ、太っちゃだめという

商品が氾濫してきているし、コンビニの商品、特にオニギリやサンドイッチには

ほとんどカロリー表示がしてある。(カロリー見ると手が止まる商品あり)。

せっかくお昼にサンドイッチと牛乳をつけて、健康を考えまくって400カロリー

くらいに必死にして、飲むと体にいいというから、ミネラルウォーターも購入して

飲んでるのに、でもオナカがすいて目が回ってきた。

デスクの引き出しの中のヒミツのお菓子箱のチョコとかオカキを食べると

一気に100カロリーは即オーバーになるぅ。

体も使ってないのに、脳がカロリー消費したからとか疲れが取れるからと

言って甘いものを食べてもいいのか!!、でもここで頭を回復させないと

仕事にならないし、チョコは脳の活性化とポリフェノールが含まれてて

体にいいから、まぁチョットだけならいいかっ、という夕方の戦いに

今日も負けて、せめてカカオ70%のチョコをほうばる月曜の夕方なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

ワタシは泣かない

昨夜今月開催するアグリセミナーの事前ヒヤリングに札幌のベットタウン化して

いる郊外にJRの普通列車に揺られて出かけた。鈍行で40分しかかからないの

に、そこは緑の匂いが濃く、深呼吸で心も癒されながら、帰りのJRに乗り込んだ。

時間も21時辺りになると列車も札幌へ向かう人は数えるほどで、乗客の大半も

誰もが無口で、私もその中に溶け込むように、ipodでも聞いて一人の世界に、と

思った、と、その時、突然、離れた斜め前に座っていた高校生らしきカップルが

大喧嘩を始めたのだ。大喧嘩、というよりは、女子の一方的な大声での罵倒。

「アンタ私を馬鹿にしてるのか」「どう思ってるのよっ」ディーゼル列車だから車内

はかなりウルサイはずなのに、女の子は叫び続ける。おおぉこれは聞いてない

ふりをしてあげねばとスバヤクipodを取り出し聴きはじめて、目を閉じたりしては

みたものの、音楽を裂くように女子は叫び続ける。そして男子は黙り続ける。

「ワタシと友達とどっちが大事なのよっ」(比べられんだろーが)

「どうして何もしゃべらないのよっ」(今何言ってもムダだろうが)

「なんとかいいなさいよっ」(ああ困ったなぁ)

途中一人男性が乗り込んできたので、あ、終わるかな、と思ったのは甘かった。

彼女は叫び続け、乗り込んで来た男性もipodを聞き目を閉じだした。おお同志。

札幌の2つくらい前の駅でカップルは下車して行き、車内は平安を取り戻し

た。今日はあの二人仲直りしてるかなぁ。

女性が一方的に感情のままオタケビ続けて男性は黙り続ける、というのは

喧嘩の王道みたいに思うが、ひとつだけ違ったのは、彼女は決して泣かなかった。

女性が強くなったのか、もしかしたら男子が泣いてた、かもしれない。ふむふむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »