« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

よきライバル

オフィスに新しいセクションが増えたり人が増えたりで、4月中には移動するように

と厳命されてた机の引越し作業が佳境をむかえております。年度末までは絶対に

取って置くようにと言い渡されていた書類たちをおりゃっと捨てたりシュレッター

したり、同じく引越ししてるスタッフとお互いを時には牽制、ときには鼓舞しあい

ながら、雪山で遭難したかの如く「がんばれ」「もう少しだ」「寝ちゃだめだ」と

声を掛け合いながら気合を入れての作業になっています。新しい机が今使って

るのと違う形なので、引き出しごととっかえることができず一旦全部出して、

という作業に遠のく意識を覚えてるところでして。

思わず懐かしい書類が出てたり、謎のCDが出てきて再生してみたらこりゃまた

懐かしいデータだったりして「そうよこの頃はねぇ」とコーヒーを容れ直したり

同じく引越ししてるスタッフとおやつタイムに入り込んだり、いつもははかどらない

のに現実逃避が功を奏したのか、突然企画書がはかどってPCに集中したり

するものですから、全く作業効率の悪いったらありゃしない状態に陥っています。

さて、私は中の書類たちを一旦全部移動させてとりあえずは先ほど机を明け

渡すことに成功。明け渡された机に移る予定のスタッフは今までの机と新しい机

の2つに書類やハンコがちりばめられていて魔法使いでも「たららら~ん」と魔法

をかけてくれない限り今世紀中は引越しできないだろうなぁ状態に。

スタッフ全員が平和にGWを迎えられるように祈るばかりであります。、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

オンナの敵は?(2)

昨日、大手広告代理店さんとIT系企業さんのランチミーティングに同席する機会が

あり、待ち合わせである某老舗ホテルの和食処に出かけました。

そこは社用族御用達ムード満点で、ダブルスーツに白髪オールバック役員風の

オジサンか、昼間っから和服のオバサマが似合いそうな所でしたが、私だって

一応代表だし、張り切って時間に遅れまいと入り口に到着しました。

するとそこには仁王立ちになった仲居さんが「アンタ何しに来たの」と言わん

ばかりにこちらをニラムのです。で、とりあえず待ち合わせ相手の会社名を

言ったとたん掌がばさーっと返り「いらっしゃいませ」だと。なによっ、ここの

ホテルのサービス。っていうか、仲居さんはオンナの敵かっ。

その後セミナーに参加し、今年度のお仕事でご縁のありそうな会社さんがブースを

設けていたので、商品の説明を伺おうと質問したのですが、経営者らしきオヤジ

さんがあまりにも説明したくない気満々で話しを早く終わらせようとするのです。

なによっオンナは関係ないって思ってるの?団塊の世代はオンナの敵かっ。

オンナなんて相手にしないさ、という経営者なんてもう話をしないわ、とか、

サービスの悪いホテルやレストランなんて金輪際利用しないわと思ったり

すると話する経営者がいなくなったり行けるレストランがなくなってしまいそうな

北海道ですが、それでも好きでここで仕事しているのだから、私のキャリアで

お役にたてそうなことがあったらと、チャンスを伺ってたりしています。

と思いつつ、昨日はちょっと頭にきたので、気分転換にふらっとウインド

ショッピング。うららかな春に似合いそうな靴を衝動買いしてしまいました。

物を購入してしまう女性の心理、男性にはわからんだろうなぁ。

物を売りたかったら女性の心、ちょっとはマーケティングしてみませんか。

そこのシャチョーさん。

P505i0010027255 春っぽいサンダル、きゃー買っちゃった。

 白いお洋服に似合いそう。でも仕事では履かないもんね~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

ゆるくま

自営業だから、税金とか色々、天引きじゃなくて財布から払うから「痛い」

ということを書きましたが、そう、今日は「年金」をお隣の郵便局から現金で

一括払いをしてきました。いくら払ったと思いますぅ、大卒の初任給くらいは

払ったわよ、。しかし高いなぁ。

繰り返すようですが、サラリーマンの皆さん!天引きという誰が考えたか

知らねど天才的なシステムで、アナタが血の汗を流して働いた報酬を

気がつかないように搾取されてますぞ、年末調整で「あーお金返って来た

ラッキー」などと喜んでる場合じゃないのですよ。たくさん取られてめっちゃ

アンラッキーなのですよ。

そういえば昨夜TVチャン〇オンで、ゆるキャラNo.1というのを決めていて

例えば札幌のテレビ父さんとか、全国から選ばれた着ぐるみのキャラクターたち

が徒競走とかお相撲とかやってて大爆笑してたのですが、全国からエントリー

されてるので多かったのが、たとえば「投票に行きましょう」とか「〇〇道路を

通りましょう」とか「〇〇県PRキャラ」とか公共のPRキャラが多かったみたい。

ゆるキャラ、というのは、全然いけてないくて見たら「なんじゃこりゃ」と思える

ところにポイントが高く、「なくてよし」というキャラクターのことかと。

テレビ父さんは「プロのゆるさ」があって是非グッズが欲しいと思うんですが、

昨日見た公共のものに限っていうと作成するために、デザイン代とか製作代とか

いって、公共のお金が使われてるってこと?と思うと、怒れてくる、というよりは、

あきれて、ゆるゆるになってるというか。

ということで、みなさんもゆるんでるクマでも見てよりゆるんでください。

Today_1 登別熊牧場で、おやつも欲しいが眠いというクマくん

 寝ながら「マイケル」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

甘~い

最近色んなものに健康保険が適用されることになったそうで。よくCMやってる

「薄毛」。それもどうよ、と思ってたら、今度は「禁煙したい」というのも保険の

適用がきくらしい。そうか、喫煙者は病気だったんだ。

でも、やっぱし、喫煙って病気じゃなくて、依存症、というか、辞めたいのに

辞められないのは、ただその人の意思が弱いだけに思うんだけど。

最近はビル全体が禁煙になっていたり、JR北海道の特急車両が全部禁煙に

なったりして愛煙家には肩身の狭い時代になったようですが、昔の映画

ハンフリーボガードあたりの昔のアメリカ映画では、トレンチにタバコをくゆらせて

美女をくどいたり、かっちょよく別れの科白を言ったり、という時の小道具には

欠かせないアイテムだったけど、そういう時代も「昔」になってしまったようですな。

話戻って、「タバコ辞められなかったのに辞めました」の人を増やすのは賛成

だけどどうしてそれが保険適用になるのかがわからない。私たち自営業者は

自分の財布から税金やら年金やら払ってるからホントにメチャメチャ痛いし、

(サラリーマンの皆さん!めちゃ搾取されてるよ、騙されてるぞ!)支払う中でも

「健康保険」代が「家賃」と同列にメチャ高くてどんだけキツイか。

今年も健康保険代払うために働かなきゃ、と思うくらい高額なのです。

そんなチョー高額なお金を「辞められないですわ」という暢気な人のために

使うのはマジどうかと思います。それとも、最近は情けないオトナが増えてきた

ことをいいことに、お国はみんなを病気にしたいんだろうか?ほっておけば

近いうちにダイエットだって水虫だって、もしかしたら子育てや仕事すること自体

が保険適用になる時代がくるのかもしれない。ホントに病気の一部の人を除いて、

意思の弱さを「病気」と言い換えて甘えてるオトナに私はなりたくないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

春を呼ぶカエル

この土曜日はウララカな春の陽気に誘われて、雪解けを待っていたアウトドア

グッズをやおら復活させた方も多かったのでないでしょか。私もイソイソと

車庫からクロスバイクを取り出して、ポタリング(街乗り)じゃ!ということで

春になったら行きたいなと思っていた気になるカフェに行ったり、自転車屋さんや

アウトドアショップのハシゴをしました。

自転車屋さんでは、お子さん用にマウンテンバイクもどきのカゴ付きのカッチョ

よさげな自転車を買うおとーさんとか(バイク購入の付き添いは母ではなく父の

場合が多いですな)、ご本人が健康診断で「運動しなさい」と言われただろう男性

が(勝手に「へルシ〇族」と呼んでます)「私が乗ります」と言って店主にあれこれ

と自転車の基本的な説明を受けてるころをたくさん目撃。たぶん通勤とか、週末

マウンテンおやぢになるのでしょうが、風を受けて自力で疾走したあとのビールは

格別。きっかけは何であれ自転車に乗のが楽しい人が増えるといいですな。

新型のロードバイクやちょっと気になるシクロクロス(競技用バイク)を、カッチョいい

(けど高い!)と、指をくわえながら、ああ春なのね、と改めて思ったり。

さて、私のバイクはクロスバイクという一応街乗り用なんですが、タイヤがめちゃ

めちゃ細く、重量が10Kg弱なので、ほとんど乗り心地はロードバイク。フレーム

もクロモリという軽いアルミなので見た目は「細~い」。なので調整が重要!

ということでいつも(パンクで)お世話になってる近所の自転車屋さんに一週間

入院をさせました。週末までには、ピカピカのタイヤを履いていろんなところ

がばっちしのマシンになって帰ってくる予定です。さぁ自転車の季節が始まるぞ!

で、あとは天気だけど・・・天気予報では午後、雪だるまがいたような。。ふむふむ。

Dscf0141_1 

Dscf0142_1

春になったら行こうと思ってた気になるカフェ

店内もカエルカエルしてました。

カエルファンの方、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

捨ての神ご降臨

オフィスに新しいセクションが増えることになり、私も席替えすることになりました。

うう、結構大変。というのも、私のデスクを見たことがある人は察してくださるかも

しれませんが・・・3月までの資料やら報告書やらで、通常でも嵐のようなデスクが

この時期は大嵐になってるから、なのです。

片付けなきゃとはいつもいつも思ってるんですが、溜まるんですよね、書類。

どちらかというと捨て派なので、自宅の模様替えの時なんかに、まとめて

服や靴やカバンをビニール2、3個とか、何か捨てる神様が降りてきたかの

如く捨てる人に変身するんですが、書類だけは年度が終わらないと捨てちゃ

いけなかったものもあったりすのでなかなか捨てられない、ですよね。

元々整理整頓が上手な方ではないので、たま~にウチにお客さんが来ると

なると大騒ぎになること間違いなく。畳替えを命じられた播州赤穂藩状態で

取り掛かり、やれば短時間でキレイになるじゃないの、とか思ったりしますが・・。

ということで、今週は書類などおりゃっと捨てています、取り付かれたように。

捨ての神が降臨したみたいです。皆さんの中でも捨てられない病に悩んで

いる方(書類の森に暮らしてる方や書類でデスクが要塞化してる方など)

おられたらどうぞお声かけください。全部捨てて差し上げます。

また、私の仕事ぶりが見たい方は来週くらいに来てください、すっきりして

整理上手な私が美しいデスクで微笑んでいるはずです(予定)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

憧れの先輩

この時期、新入社員くんたちが現場デビューしてるのを目撃する機会が多い

ですね。立ち寄ったド〇ールでも、おぼつかない手でミラノサンドAを作ってくれた

新人さんがいて、普通ならモタモタされるとイライラするところ、一生懸命作って

くれるケナゲさで、思わず微笑んで待ってられました。新人ちゃんも作り終えて

一瞬こっちを見たんですが、私が微笑んでたから、ほっとした顔してくれて。

なんかいいことした気分になりました。ホテルでもレストランでも新人くんと

新人研修担当者がひっついて待機してるので、通常より気がついてくれるので

こちらとしては助かるんですが、一番大きな差は、新人についてる

先輩くんが「いいところをみせなければ」といつもより張り切ってサービスして

くれるところがあるんじゃないかと。北海道ってこんなにサービス徹底してたっけ

と錯覚起こすような春の恒例珍事ですが。研修終わってもそのくらいいつも気が

ついてくれるように今後、先輩陣も頑張って欲しいところではあります。

そんな意味では、全イニング出場世界記録の金本という偉大な先輩がいる

阪神の後輩たちって恵まれてるかと。プロ野球に所属するだけでも野球の天才

じゃないと入れない思いますが、世界記録を作った今でもリーグ優勝したチーム

の不動の4番。日頃の練習する姿だけ見ていても「スゴイ」と思うことが多いかと。

一方、大企業に入るのは大変ですが、その後何もしなくても(何もしないほうが)

出世ができるところが多いように思いますが、そんな先輩を見てても「あんな風

にはなりたくない」と思うことばかりで会社内での夢や希望を持つことは無理

なことが多いと思います。その分野球のように実力の世界で活躍する先輩って

絶対「カッチョイイ~」と思うし、憧れたり目標にしたりできるかと。身近に目標に

できる人材がいる環境って大事だし今の社会では稀有なんでしょうね。

金本スゴイ!金本カッチョイイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

○○才の新入社員

近所の短大が入学式のようで、着慣れないスーツの若僧たちがテレながら

歩いてる姿を見かけました。昨日はきっと新入社員だろうという集団も見かけたし、

北海道は桜はまだだけど、ああ春なのね、と感じずにはいられないですな。

そう言えば、私もこの4月から新しいところに所属になり、出勤しておりまして

財団法人北海道中小企業総合支援センターhttp://www.hsc.or.jp/index.cgi

内にバイオネットワーク北海道というのが組織されてて、北海道の商材の

中でもバイオという切り口で、北海道の企業さんと一緒にがんばって本州に

売りに行って儲けようじゃないか、という仕事のお手伝いをすることになりました。

この事業は昨年から継続してるものなので、私は新参なんですが、今まで

アグリビジネスコンサルとか地域の女性起業塾とかで実際によい商品商材

を持っている経営者や農家さんとたくさんお目にかかっていますし、それに

元々関西の商売人の娘ということもあり、北海道の商品が本州でどう見られて

いて、どう売ったらいい感じか、あたり元々持っていることもあるので、

今回の事業には結構ご協力できるんじゃないか、と(ちょっと)思ったりしています。

ということで、支援センターさんにデスクを用意していただいたのですが

新しく始めるにあたって、新しい事務用品もらったり、コピーの取り方教えて

もらったり、コーヒーの場所教えてもらったり、ちょっと新鮮な気分。

これで自宅と研究員としてお世話になって長いHVC戦略研究所さんと、

支援センターさんに机を置かせていただくことになり、さぁてがんばるぞと

兜の緒を引き締めて気分だけはフレッシュな年度初めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

たこの殿堂

明石の天文台に子供のころよく行ったということで思い出したことがひとつ。

それは「たこ釣り」。明石の名物のひとつに「たこ」がありますよね、そのたこを

釣らせてくれる室内釣堀が明石にあったのですよ、いやホント。

よくある室内釣堀場みたいな、それほど大きくないコンクリート状の水槽に

たこが張り付いていて、それを竹とか木の簡素な貸し釣竿で、たこが移動する

瞬間を狙って、えいっと引っ掛けるのですね。たこが水槽に引っ付いているときは

吸盤でがっしり張り付いているので、ひっかけても糸が切れてしまうのですよ。

釣り上手な父と兄のどちらかが1匹釣ったら、たこをビニールか、用意して持って

いってたクーラーボックスに入れて持って帰るのですが、たこは生命力が弱い

のか、はたまたあきらめが早いのか、脱走を試みるものの、自宅に着くまでには

力尽きてることばかりだったように記憶しています。そのたこ釣堀は、確か

10本足とか、異常にでっかいたこのホルマリン漬けとかがあって、オモシロたこ

の殿堂みたいな雰囲気があったような。お客さんも黙々とたこを狙ってたから

レジャー施設なのに神妙なムードが流れてたけど、でも狙ってるのは「たこ」

というギャップがなんとも子供心に響くものがあったように思います。

子供のころの「プラネタリウムとたこ釣り」はセットになってて楽しみだったなぁ。

神戸だけにたこ釣りとは地域色豊かな話題でしょ。

っていうと、実は今まで北海道で信じてくれた人いないんですよぉ。中には

「関西人は冗談がウマイなぁ」とかいう人も結構いるし、頼みの関西の神戸沿線

出身者も「そんな話聞いたことがない」とか言って味方に全然なってくれない。

誰か、明石~神戸間でたこ釣りした人がいたらメールください。

関西人の名誉にもかけて、情報お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

星に願いを

3月の「ステキに暮らすぞ」月間が花粉症のおかげでオシャカになったので

4月はオフは優雅且つ自分のために時間使うぞと決めている私でして、で

早速行ってきました。プラネタリウム。生まれ育ったところが明石の天文台が

近かったこともあって昔からプラネタリウムには大好きでよく通っていたのです。

そして次々と星座をさし示すあの矢印の懐中電灯の操作の人に憧れたっけ。

真っ暗な空間で満点の星の下で星の話に浸かってみると、新年度に向けて

気分をリセットするのにはバッチシかも、と新札幌の青少年科学館

http://www.ssc.slp.or.jp/まで出かけました。

春休み真っ只中で、予想以上に子供たちが湧いてうじゃうじゃうじゃでしたが

プラネタの入りは半数ほどで、騒がしかった子供たちも始まると静かに。

いつものように矢印灯でいつものようにオリオン座から説明がはじまり

「それは無理じゃないか」「それが何で獅子の右足なんだ?」と思わせる星座を

見て、古代の人は想像力が逞しいなぁと思ったり、よし今夜こそは夜空を眺める

ぞ!と決意も新たにして楽しい時間をすごしました。でも忘れるんですね、夜空を

見上げるの。子供の頃はプラネタに行ったら必ず夜は自宅のベランダから

鑑賞会をして、星座を勝手に作ったり、それこそ流れ星に願いをかけたりして

たっけか。札幌の夜空ではたぶん昔のようには星は見えなくなってきてるだろう

けれど、それ以上に星を見る、ということを忘れて暮らしているように思います。

毎晩、星を見上げて色々と想像する時間や気持ちってなかなか持てない

この頃ですが、ステキ生活目指すには、ここらあたりから始めなくてはですね。

さて、次のステキ生活は「映画鑑賞」か「図書館めぐり」あたりにしたいところ

ですが今のとこの予定では今週末の「日ハム戦観戦」になりそう。いや

道新のチケットプレゼントが当たったので。う~んステキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »